« 本棚:「これを読んだら連絡をください」前川麻子 | トップページ | 寝台特急の思い出【1】 »

2012/03/16

壊れたカメラの後日談。

Cimg1166_2ちょうど2週間前に私の手からするりと落ちたカメラ。
例の事故ののち、何度電源を入れても「ヴーン」と唸るだけ唸って「ズームエラーです!」の表示を残してOFFに戻る、というカメラ。
先日、オリンパスのサービスセンターに持ち込み、修理代の見積もりをしてもらったところ、12,600円(税込)になるという。

なかなか微妙な金額である。

このカメラは、「SP-550UZ」という、コンパクトデジカメの中ではハイエンド機に属する機種である。購入当時、コンデジとしては破格の光学18倍ズームを誇っており、少なくとも年に2回の子供の運動会では大車輪の活躍を見せてきた。


しかし、世の中の流れは早い。こんないかついサイズのカメラでなくとも、光学20倍ズームという機種はかなり増えてきている。700万という画素数も、いまや時代遅れである。
だいいち、ここのメーカーが好んで使っていた記録媒体はxDカード。ベータのビデオデッキ並みに滅び去ろうとしている。
サービスセンターの社員も、
「微妙な値段ですね~。今このレベルのカメラなら、2万円以下で買えちゃいますからね~」
と臆面もなく答える。


しょうがないから買っちゃいましたよ。


Cimg1167ニコンの「COOLPIX S8200」。1600万画素、光学14倍ズーム搭載。子供の運動会には十分対応可能である。それでいてポケットにも収まるコンパクトサイズ。特に厚みは先代の半分以下である。
昨秋の発売当初の価格は3万円台後半だったが、ちょうど新機種との入れ替え時期らしく、大型家電量販店はどこも在庫限りの処分価格。近所のYダ電機にて、16,500円+P10%にて購入。コストパフォーマンスも悪くないと思われる。
これで当面の仕事にもプライベートにも困ることはなさそうである。

問題は、カメラ本体はともかくとして、使い道を全く失ったxDカードと、予備も含め8本用意しておいた「エネループ」。いまどきのカメラにはxDカードも単3電池も無縁の存在である。

オリンパス社には、自社の損失を隠す前に私の損失もなんとかしてもらえないだろうか。

|

« 本棚:「これを読んだら連絡をください」前川麻子 | トップページ | 寝台特急の思い出【1】 »

日常の旅人」カテゴリの記事

コメント

うちのお父さんもオリンパスだったような。(注:デジタルではない)

むっちはニコンの「COOLPIX P6000」だよ♪
ちょうど四川省やチベットに行く前で、風景撮るのにデジイチにするか悩みまくった。
ということは…買ったのが3年前になるから、、、先生のデジカメの方が高性能だったりして。

xDカード、初めて聞いた。

投稿: むっち | 2012/03/16 13:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 壊れたカメラの後日談。:

« 本棚:「これを読んだら連絡をください」前川麻子 | トップページ | 寝台特急の思い出【1】 »