« 北関東の未乗路線乗り歩き【その4】烏山線から真岡鐵道へ | トップページ | 北関東の未乗路線乗り歩き【その6】筑波山ケーブル始末記(1) »

2012/08/30

北関東の未乗路線乗り歩き【その5】関東鉄道 ふたつの顔

Dscn0953下館は、JR水戸線の上下、真岡鐵道、それに関東鉄道常総線が顔を合わせる一大ジャンクションである。
ここから関東鉄道常総線で守谷を経て取手へ向かう。運賃は取手まで通しで買うと1,460円だが、土曜・休日限定の1日フリーきっぷが1,500円で売られているので、そちらを購入する。

Dscn0955守谷行きの普通電車は、5000形と呼ばれるすっきりした面構えの新しい電車。単行運転を行う3ドアロングシートの車内には、10数人の乗客が座っている。そのうち半分くらいは、発車直前に到着した水戸線の電車からの乗り継ぎ客である。


沿線はこれまた水田地帯である。いずこも同じ光景でやや食傷気味になるが、騰波ノ江あたりでは水田に交じって果樹園もちらほら見かけるようになる。梨の栽培が盛んらしい。
日中でも30~40分間隔で列車が運転されており、単線非電化の路線としてはかなりの高頻度である。そのため行き違いが多い。北海道人として何やら親近感を覚える水海道からは複線となり、運転本数もさらに増える。

Dscn0956電車終点の守谷は、つくばエクスプレス(TX)の接続駅。電車から降りた乗客のほとんどは、TX乗り場に向かう。私はそのまま取手行きの単行電車に乗り継ぐ。
常総線の運行形態は、ほとんどの列車が水海道または守谷で分断されている。もともと運行上の拠点である水海道は別として、守谷折り返しの列車が増えたのは、TXの開業で、取手への一極集中だった旅客の流動が、かなりの比率で守谷にシフトしたことによるものらしい。

Dscn0961取手から常磐線で佐貫へ移動し、関東鉄道のもうひとつの路線、竜ヶ崎線に乗る。
常磐線改札を出て、JR駅に隣接する雑居ビルに同居している小さな改札口を入る。PASMOにも対応している。常総線1日フリーきっぷはここでは使用できないため、私もSuicaで入場する。

Dscn0960_3 Dscn0958_2
車両は2000形と呼ばれる単行車両である。乗車してみると、進行方向に向かって右側に運転席がある。日本の鉄道ではかなり珍しい。何気なく後方を振り返ると、反対側の運転席は向かって左側にある。前後の運転席がいずれも竜ヶ崎に向かって右側に設置されていることになる。

Photo_2その理由は全線乗車してみるとわかるが、全長4.5km、中間わずか1駅の竜ヶ崎線では、列車の行き違いを行う必要が全くない。そのため佐貫、入地、竜ヶ崎と、竜ヶ崎線全3駅はすべて1面1線、竜ヶ崎方に向かって右側にホームがある
ワンマン運転を行うには、運転席がホーム側にある方が、安全確認や料金収受をしやすくて便利だから、このように前後の運転席を片側に寄せているのだろう。このような事例は、私の知る限り他に聞いたことがない。

もっとも、それならば竜ヶ崎に向かって左側の旅客用のドアは全く不要に思えるが、それはそれでちゃんと設置されている。理由は不明である。

Dscn0959それにしても、われわれが車を運転するとき、日頃右ハンドル車に慣れていると、左ハンドル車に乗った時ものすごい違和感を感じるが、往復するたびに右運転席と左運転席を行ったり来たりする竜ヶ崎線の運転士は、感覚がおかしくならないのだろうか、と気になる。


にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ

|

« 北関東の未乗路線乗り歩き【その4】烏山線から真岡鐵道へ | トップページ | 北関東の未乗路線乗り歩き【その6】筑波山ケーブル始末記(1) »

鉄道の旅人」カテゴリの記事

コメント

電車のことは読んでもほとんど理解不能なのですが、
今回はちょっと興味を引かれました。
なぜなら、と~まの両親は今守谷の近くの小絹というところに住んでいるからです。おや、この車両は!なのでした。そんな風につかがっていることも実は知りませんでしたが、つくばEXが出来ても左程便利になってないので、バスを使うことが多く、電車はスルーしちゃってました。
それにしても、細かくお詳しい…

投稿: と~まの夢 | 2012/08/31 23:08

おはようございます。
電車の乗り歩き5ですね^^
1日1500円でフリーとはお得ですね~♪
途中使えないところもあったようですが、それでも1日満喫できそうですね。
最後の方の車両の左側のドアは確かに謎ですね。
どこかの駅で使いまわしていたりするのかな?
電車は都会はいくつもの路線があるので、掲示板を見るだけではぁ~~って感じなんですが、乗り慣れたら楽しいものなのですね~^^
ちなみに、このあたりは鹿児島本線と長崎本線が交差してるくらいかな~たぶん^^;

投稿: 華凜 | 2012/09/02 05:56

>と~まの夢さん
いつもありがとうございます。
そうですか。今回はご両親のご近所を通過したわけですね。実は守谷には取引先の会社の工場があったせいで、何度も訪問しているのです。関東鉄道は初めてでしたが(笑)
鉄道乗り歩きの難解さは、地図を挿入すると、多少ご理解いただきやすくなるかもしれませんね。
宅地化が進んでいる地域ですが、郊外ではまだ田畑が残っていて、頭を軽く垂れた稲穂の丈が綺麗に揃っていたのが本当に印象的でした。

投稿: いかさま | 2012/09/02 22:04

>華凛さん
いつもありがとうございます。
片道運賃+40円と言うお得なフリーきっぷは珍しいかもしれませんね。同じ会社なのに、常総線で使えて竜ケ崎線で使えないというのも残念ではありますが、路線自体も直接つながっているわけではないし、仕方ないのかもしれません。
竜ケ崎線の電車の左側ドアはまだ謎のままですが、緊急時の避難用とか、案外その程度なのかもしれませんね。

最後の一文で、華凛さんのお住まいのエリアがなんとなく理解できました(笑)

投稿: いかさま | 2012/09/02 22:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北関東の未乗路線乗り歩き【その5】関東鉄道 ふたつの顔:

« 北関東の未乗路線乗り歩き【その4】烏山線から真岡鐵道へ | トップページ | 北関東の未乗路線乗り歩き【その6】筑波山ケーブル始末記(1) »