« いかさま、トラベラーになる。 | トップページ | 北関東の未乗路線乗り歩き【その1】磐越東線と水郡線 »

2012/08/23

情けない話

今週の月曜日から水曜日まで、仕事と遊びとで、関東・関西へ行っていた。
帰ってきたらその話を書くのを、私自身も楽しみにしていたのだが、それ以前にどうにも気持ちの収まらない出来事があったので、先にそっちを書いておこうと思う。

某空港連絡特急の車内での出来事。
空いた車内で、私の前の席に座った40代半ばから50歳くらいとい思われるビジネスマンらしき男が、発車前からずっと携帯電話で通話をしている。一度切れたかと思いきや、しばらく経つとまた喋り始める。
車内放送は、折に触れて「携帯電話の通話はデッキで」と繰り返しているが、まったく意に介さない。小声でもなく、口元を手で塞ぐでもなく、堂々と電話を続けている。私は腹が立ってきた。咳払いなどを試してみるが、まったく気にする気配もない。

それが5回か6回続いて、着信音が高らかに鳴り響いた瞬間、

「うるせえ! 外でしゃべれ!」

私はついでかい声を出してしまった。

好きで声を荒げたわけではない。できればそんなことはしたくない。何かを注意しただけでいきなり刺される世の中である。好きこのんで命を縮めに行く必要性はまったくない。

にも拘らず大きな声が出てしまったのは、携帯電話でしゃべることになんの問題も感じていない(もしくは感じないふりをしている)状態だったこと、周囲の客もちらちらと気にし始めていたことがある。幸い、男はそれで電話をやめ、逆上することも刃物を持ち出すこともなかった。ただし、謝罪の言葉はなかった

近頃の若い者たちが、イヤホンから音をシャカシャカと漏らして周囲に迷惑をかけているのは今に始まった話ではないが、携帯電話での通話に関しては意外とそうでもない。そもそも若者の場合は通話よりメールが主流だし、「今電車だから後で」と言ってサッと切れるスマートな連中が案外多い。

それよりもどうしようもねえなぁと思うのは、年代にして50代から60代。比較的男女を問わない。車内で訳のわからん着信音を大音量で鳴らし、話し始めたと思えばいつまでも喋っている。小声で口元を覆っているのはまだ良心的な方である。

実際そういう不届きものの比率が年齢・性別でどのようになっているかなどわからないが、傍から見ている者としては、分別ある大人がこの体たらくだから、余計に目立つし腹が立つ
年寄りに座席を譲ったり、通勤時間帯に席を詰めあって座るという基本動作ができないサラリーマンも多い。こういう連中が会社で部長だの課長だの言って尊大にふるまっているのかと思うと虫酸が走る

私は今回の旅行中、他の地域でも車内で携帯電話相手に喋る大人たちをたくさん見た。「近頃の若い者は…」とか言って眉をひそめる前に、私も含めたこの世代の人間が、分別ある大人として責任ある振る舞いをできているか点検する必要があるだろう。これを他山の石としなければならない。

|

« いかさま、トラベラーになる。 | トップページ | 北関東の未乗路線乗り歩き【その1】磐越東線と水郡線 »

日本の旅人」カテゴリの記事

日常の旅人」カテゴリの記事

コメント

そうですね 今時の若い人は・・と言うけど、
まずは 自分を見直すきっかけかもしれません。
私も 昨日同じような ツイートをしました。
女子高校生の通学時での列車内でも態度でした。
でも 今時の若者は。。とは 言えない。。
この 女子高生を育て 教育してるのは
私たち世代の お母さんであること。。

自分の娘も 言葉遣いも お行儀も
車内でいた 女子高生そのものです。

私も 自分の行動を見直して行かなければ なりませんね。

投稿: めるねぇ | 2012/08/23 08:03

とっても不快な思いをされたのですね
でも、ごもっともです
と~まも携帯に関してのマナー違反を見かけるのは
相当年齢の上の方が多いです
でも、他にもマナーってあって、と~まも他のお母さんたちと一緒の時におしゃべりすると周囲にご迷惑な場合があるので、あんまり人の非難もできませんね。
でも、自分も含めて公共の場というのを子供達には何度も何度も繰り返してきました。
そうでない発想の方を見るとやっぱり残念です…

投稿: と~まの夢 | 2012/08/23 19:39

>めるねぇさん
コメントありがとうございます。
twitterの方も見ました。子供たちは親の背中を見て育つと言います。だとすれば、子供たちが将来、このような振る舞いをしてしまうのだとしたら、やはり親たる私たちの責任だということなのでしょうね。
本当にいろいろな意味で考えさせられました。

投稿: いかさま | 2012/08/23 22:28

>と~まの夢さん
いつもありがとうございます。
「公共の場」は親のしつけももちろんですが、学校でもくどいくらいに教わってきていることですよね。それが理解できないのは残念です。しかも、たった今放送が伝えている内容すら理解していないのだから、もう付ける薬がありません。

こういう姿を見かけたときに、注意をすることも大切なことでしょうが、自分はそうならないように、と、我が言動を振り返って反省することはとても大事ですよね。それが大人だと思います。

投稿: いかさま | 2012/08/23 22:32

全く同感、と思いながら読ませてもらいました。

混雑する電車の中で足を広げて2席分占領するのや、足を組むのをよく見かけるようになってしまって、本当に情けない限り。
組んでる足に、かばんや傘を通り過ぎざまぶつけてやったことが何度もあるけれど、不愉快さはおさまりません。
セルフサービスのファストフード店で、食べた後テーブルに置きっ放しになっているなんてことは、以前はあんまりなかったような。

マイカーに乗ったり個室で過ごしたりすることが多くなっていることで、公共の場所での振る舞い方が分からなくなってきているんでしょうかね。

投稿: miyap | 2012/08/24 20:47

(^_^)/おはよーございます
今更ながらで申し訳ありませんが、お疲れ様でした o(_ _)oペコッ
私が学生の頃、常識や世間体といったものに反発していました。マナーや一般的なルールも含めてです。
親が割と厳しかったというのもありますが、誰が作ったか分からないものに従う事が嫌だったのだと思います。
思春期特有の反抗期でもあったのでしょう。
高校生位になって、周りと自分の距離感が取れるようになると、周りの大人達を見て、余りにも自分が幼くて、
そんな自分が格好悪いなぁ、と思うようになります。
今、良くも悪くも子供達の指針になれる大人が少ないですね。
昔にも理不尽な大人はいました。大人だから、という理由だけで自分勝手な事をするような・・・
で、それを見て格好悪いな、と思えたのでしょう、反面教師です。
大人だから、きちんと生きる、大人だから、好きにさせてもらう
どちらも軸は大人にあって、子供はそれを見て自分自身と照らしながら、そして大人になるんだと思うのです。
最近は大人が子供の方へ寄って行っているように感じます。
それも、反抗期位の、決まりを破る事をカッコイイ事だと思っている年代のです。
立ち食い、歩き食べ、ポイ捨て、携帯依存(?)等など・・・子供のしていることを大人が真似をしてしまうと、
子供は判断材料を見つけられなくなります。

殆どの人は、大人のマナーの悪さを言うのです。
なら、一体誰が守っていて、誰が守っていないのでしょうね(笑)
大人のマナー違反は、それこそ想像力が無いから、自分も含めて他人の気持ちに鈍感になっているからだと思います。
だから、私自身も自戒しないと、といつも思っています。

すみませんいつも、長くなってしまって・・・言葉力が無いもので_(._.)_ 


投稿: tutatyan | 2012/08/25 07:41

>miyapさん
コメントありがとうございます。
おっしゃるとおり、公共環境の個室化、密室化が、マナー意識の希薄化につながっている可能性は否定できないですね。
4人向かい合わせのボックスシートが当たり前だった時代には、ちょっと考えにくい話ですよね。環境が変わったからそうなのか、それとも別の何かが変わったから環境を変えざるを得なくなったのか。判断が難しいところです。

投稿: いかさま | 2012/08/25 09:04

>tutatyanさん
いつもありがとうございます。

身勝手な大人は確かにいつの時代もいましたね。
でも、成長とともにtutatyanさんが、そういう大人たちを反面教師として見ることができたのは、親御さんをはじめ、周囲の人々の大勢が、しっかりとした躾をされてきたからなのだろうな、と思います。
社会全体が子供を育てる、というコミュニティ意識の希薄化が、マナーの喪失の要因のひとつになっていると考えるのは乱暴でしょうか。

近所に子供をすぐ叱る頑固爺やごうつく婆がいた頃を、ほんのりと懐かしく思い出します(笑)。

投稿: いかさま | 2012/08/25 09:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 情けない話:

« いかさま、トラベラーになる。 | トップページ | 北関東の未乗路線乗り歩き【その1】磐越東線と水郡線 »