« 江差線廃止に関する考察(2) 松前線との関係 | トップページ | 本棚:「日本のいちばん長い日」 半藤一利 »

2012/08/13

札幌近郊ポケモンクイズラリーの旅

子供が札幌近郊で開催されている「ポケモンクイズラリー」にチャレンジしたいというものだから、お父さんの乗り歩き趣味をかねて出掛けてきた。

同様の企画は毎年、全国各地で行われているが、たいていはスタンプラリー。今回の「クイズラリー」は、「一日散歩きっぷ」などを購入するともらえるシールと台紙を持って、函館線・千歳線・学園都市線の4ブロック各4駅を回り、各駅ごとに決められたポケモンのシールを台紙に貼っていく、というもの。駅ごとのポケモンの種類は、駅頭にクイズ形式で掲示されている。

で、ポケモンに熱中する子供たちはともかくとして、私はそれぞれわずか15分程度しか滞在できない16駅のたたずまいを観察してきた。日頃JRに乗って札幌近郊の駅に乗り降りする機会が少ないから、たまに出掛けるといろいろな発見ができておもしろい。

1.岩見沢駅
Dscn0842札幌駅を8時05分発の普通電車で出発、8時46分岩見沢着。ここは3年ほど前まで住んでいたところで、思い入れがある。4年ほど前に改装成った駅舎の壁を埋めるレンガは、1,500円払って協賛した人達の名前入り。私の上の坊主の名前を彫ったブロックの前で記念写真を撮ってスタートする(下の坊主は当時まだ製造前)。


2.野幌駅
Dscn0846 Dscn0848

岩見沢、江別とポイントをクリアして、最近高架化が完成したばかりの野幌へ。駅前はまだ工事中だが、駅舎やホームは近代的な装い。柱や壁に大胆に赤色を使っている。北海道では、駅名をひらがな縦書きで書いた「ホーロー引き」の看板が多くの駅に残っているが、野幌にも、ホーロー引きのイメージを残した駅名看板が取り付けられていた。しかし、これも赤色で、ちょっと驚く。

3.白石駅
Dscn0849 Dscn0851
こちらも駅舎の橋上化が完成したばかりの真新しい駅舎。以前の野暮ったい駅舎から雰囲気は一転、自由通路を兼ねたコンコースも開放的だが、やや殺風景か。
函館線と千歳線の接続駅で、函館線の快速は停車するが、千歳線の快速「エアポート」は通過。「エアポート」も停車させて、江別方面から新千歳空港への接続を図ってやればいいのに、と思う。

4.小樽駅
Dscn0863 Dscn0866
白石から新札幌・北広島・千歳・新千歳空港とポイントをクリアして、新千歳空港からは快速「エアポート」uシートで一気に小樽へ。駅舎横の行き止まり式の5番ホームに到着する。
古びた鉄骨に支えられたホームの屋根が何とも言えずいい雰囲気である。柱にランプがぶら下げられているのは今回初めて気がついた。夜になるとほんのりと温かみのある光に包まれるのだろう。小樽築港から銭函まで日本海がすぐ下にぴったりと付いてくる風景も、札幌から30分圏内とは思えない眺めである。

5.新琴似駅・あいの里教育大駅
Dscn0873小樽築港・手稲・琴似を経て、桑園からは6月に電化開業したばかりの学園都市線。全列車の7割が電車化されたというが、日中に関して言えば、電車とディーゼルカーの割合は半々くらいのイメージである。
新琴似やあいの里教育大など、学園都市線沿線の主要駅には、液晶式の発車案内が取り付けられている。全国的にも普及が進んでいるようだが、北海道ではまだ珍しい存在で、LEDの発車案内を見慣れた目には新鮮だ。ただ、従来のLED式や反転フラップ式(通称:パタパタ)のイメージを踏襲して横長表示のものが多い中で、このザックリとした表示は、いかにも北海道っぽくてよい。


Dscn0879石狩当別で最後の1駅をクリアし、キハ201系の普通列車で親子3人爆睡しながら札幌駅まで運ばれた。所要時間8時間22分。坊主どもはゴールで賞品をもらってご満悦だが、お父さんは実はもう小樽くらいからかなりグロッキーな状態だったのだぞ。

明日も仕事だし(泣)

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ にほんブログ村 鉄道ブログへ

|

« 江差線廃止に関する考察(2) 松前線との関係 | トップページ | 本棚:「日本のいちばん長い日」 半藤一利 »

鉄道の旅人」カテゴリの記事

札幌の旅人」カテゴリの記事

コメント

(^_^)/おはよーございます(には、早すぎですが)
8時間22分とは、お父さん頑張りましたね
普通の会社の就労時間超えてますよね

でも、此方は、ポケモンシールは貰えないけど、
ちょっとした旅を一緒にさせていただいた気分です
駅もそれぞれに個性があるんですね。

お子さんとの旅は楽しかった様子が感じられて、暖かさを頂きました

投稿: tutatyan | 2012/08/14 00:49

おはようございます。
お父さん、長時間の家族サービス?お疲れ様でした~。
結構かかりましたね。
そりゃ~疲れますわ。
子供さんたちにとっては、思い出に残る1日になったでしょうけどね~。
各駅のことがよくわかりました。
札幌、行きたいなぁ。
あ、レンガ、寄付したんですね~さすがです^^

投稿: 華凜 | 2012/08/14 05:53

そのクイズラリー、むっちに子供がいたら一緒に楽しんでいそう(笑)
液晶式の発車案内はどこかの国でそっくりなものを見たような・・・どこだろう?

8/10-12まで、留萌→札幌駅→真駒内→元町駅→西18丁目→真駒内→手稲→上幌向→留萌、な感じで慌しく動いていたので、特に真駒内駅では先生がいないかキョロキョロしていました♪

投稿: むっち | 2012/08/14 12:51

父ちゃん、ご苦労様でした
10年近く前、と~まも長男次男を引き連れてポケモンラリーやりましたよ。懐かしぃ
でも、確かに終わりの頃にはとってもグロッキーでした
最後、上野駅で参加賞をもらうのですが、時間ぎりぎりで予定のものが終わっちゃて、ポケモンの絵葉書2枚に変更になってたなぁ。二人とも、がっかりしてたわん
なんてことを思い出しました
明日、頑張ってくださいね。きっと、二人の笑顔で元気を取り戻せますよ~

投稿: と~まの夢 | 2012/08/14 23:13

>tutatyanさん
お返事が遅れまして恐縮です(汗)。
平常時の出勤時間よりも早くから行動していましたし、乗ったり降りたり階段を上ったり下ったりと動きもそれなりにありましたので、相当疲れました(笑)。
夏休み時期なので、めったにない子供サービスと心得て1日を過ごしました。

実はこの先、ちょっとした単独行動も控えていますので、その布石ということもあります(笑)。

投稿: いかさま | 2012/08/15 21:54

>華凛さん
いつもありがとうございます。
子供がすこぶる喜んでくれていたのが不幸中の幸いです(笑)。
大きくなってしまえば、逆にこんな風に子供と一緒に走り回ることも少なくなるでしょうから、それなりになんとか時間は作ってやりたいですよね。

岩見沢駅のレンガは、いまから6年ほど前に賛同者を募集していて、申込したものです。うちの坊主は二人とも岩見沢在住時代に生まれた子供ですので、その記念の意味合いもあります。

投稿: いかさま | 2012/08/15 21:57

>むっちさん
ポケモンにはかなり精通しているのですか?
うちの坊主どもは、シールを渡された瞬間に30種類のポケモンの名前を確認し合っていました。凄い記憶力だと思います。お父さんとしてはその力をどこか別のところで活用してほしいと思っていますが(笑)。

8/10~12は、仕事→海水浴→墓参りと、公共の交通機関には近づかない生活をしていました(笑)

投稿: いかさま | 2012/08/15 22:27

>と~まの夢さん
すっかり仕事も無事終わり、再び休みに入ってしまってからの返信で申し訳ありません(汗)
お盆真っ盛りの出勤は、大した仕事もなく、のんびり留守番と身辺整理で終わりました(笑)

ポケモンラリーはかなり長い歴史を持っているのですね。きっとかなり好評の企画なんでしょうね。
それにしてもせっかく長時間かけてクリアしたのに、目的の商品がもらえなかったら、子供もがっかりしますよね。短腹な僕だったらきっと係の人をどやしあげてしまうに違いありません(苦笑)

投稿: いかさま | 2012/08/15 22:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 札幌近郊ポケモンクイズラリーの旅:

« 江差線廃止に関する考察(2) 松前線との関係 | トップページ | 本棚:「日本のいちばん長い日」 半藤一利 »