« 滝川発釧路行き・2429Dの旅(3) 富良野→帯広 | トップページ | 滝川発釧路行き・2429Dの旅(5) 白糠→釧路→? »

2012/09/12

滝川発釧路行き・2429Dの旅(4) 帯広→白糠

続き物、第4回。

Dscn1099帯広の名物グルメと言えば豚丼。駅高架下のショッピングモールには「ぶたはげ」という聞く人が聞いたら怒りそうな名前の豚丼店が入っており、できたての豚丼をテイクアウトできる。注文から5~6分時間がかかるので、その筋の人の中でも情報に通じた人は、到着と同時に列車を出て、この「ぶたはげ」へまっすぐ向かっていく。

Dscn11052010年12月ダイヤ改正までは、2429Dは帯広で34分の大休止をしており、駅前の有名な豚丼店「ぱんちょう」へ走るその筋の人も後を絶たなかったとか。
観光客の間では、豚丼と言えば「ぱんちょう」と言うイメージが今も強いようだが「ぶたはげ」の方もなかなかの逸品。個人的にはこちらの方が好きだ

Dscn1111帯広でさらに高校生を加え、乗客は50名を超えたが、そのうちの3分の1はすぐ次の札内で下車。稲士別を通過し、幕別で8人下車。行き違い列車の遅れで5分ほど遅れる。利別でも4人が下車し、車内は再び閑散としていく。
窓の外は相変わらず麦や豆の畑が広がる畑作地帯。開け放った窓から、爽やかな風が車内に飛び込んでくる。

Dscn111415時過ぎに池田に到着。駅の右手には町営の「ワイン城」がそびえる。5人ほどの高校生に混じって、滝川から3台のカメラを駆使して沿線の写真を収め続けていた若いお兄ちゃんが下車する。私は、この人は絶対に釧路まで乗りとおす人だと思っていたので、少々驚く。廃線となったふるさと銀河線の跡でも訪れるのだろうか。

Dscn1118池田で6人の乗客を迎えたが、十弗豊頃浦幌と少しずつ乗客が減っていく。浦幌-上厚内間の常豊信号場で貨物列車と行き違い。先方の遅れもあって17分に渡って停車し、7分遅れで発車する。何もない雑木林の中にぽつんと信号場の小さな建物が立っており、ご丁寧に駅名標まで立っている。もとより乗客の乗降はできない。

Dscn1121厚内で帯広からの高校生1人が下車。十勝と釧路の総合振興局界である厚内直別間で、乗客は全区間通して最少の13人となる。厚内を出るとすぐに線路は大きく左へカーブし、右手から太平洋が寄り添ってくる。ものの3分ほどで再び離れ、内陸に入ってしまうのだが、線路と海の間には道道が1本あるだけなので、非常に近い

Dscn1124尺別から音別にかけて、再び海岸線が接近してくるが、その先、線路はみたび内陸へと入り、何もない雑木林の中を走る。板張りのホームがポツンとあるだけの古瀬に停車。上り特急列車の通過を待つ。時刻表を見ると、普通列車でも半数は停車せず、行き違いが生じる際におまけとして客扱いをしているような雰囲気である。

2分遅れで通過していった上り特急列車と入れ替わって発車。さらに次の白糠で、所定5分停車のところを1分縮めて、ダイヤは定刻どおりに戻った。日も少しずつ傾き始め、釧路着まであと1時間を切っている。

-まだつづく-

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ

|

« 滝川発釧路行き・2429Dの旅(3) 富良野→帯広 | トップページ | 滝川発釧路行き・2429Dの旅(5) 白糠→釧路→? »

鉄道の旅人」カテゴリの記事

北海道の旅人」カテゴリの記事

コメント

(^_^)/おはよーございます
さすが、8時間02分の旅(でよかったですよね)、まだ続く、のだ(笑)
写真のはじめの方2枚目、「ぶたはげ」の写真を見て、ホッとしました
ずっと、お昼ご飯食べたんだろうか、と第二回の終わりの方から気になってたもんで・・・
すみません、自分の読み方間違ってるような気がする
それにしても、ひとつの列車の中で、いろいろな景色があるものですね
外の景色の変化も面白いですが、乗客が変わっていく様子も面白いです
次回、また楽しみにしてます㋵

投稿: tutatyan | 2012/09/13 08:21

ぶたはげ!
先生も会ったことがあるNさんの叔父さんがやってるんだよ!
そんなわけで、うちにまだ使えていないぶたはげのお食事券が。
ぶたはげの方が好きだと言ってもらえて、なんだか嬉しい~♪

と言いながら、2年前にまさに写真のお店の前まで行きつつ、
http://photo.mixi.jp/view_photo.pl?photo_id=277389797&owner_id=12780998
まだぶたはげを食べたことのないむっち夫婦。
今年、東南アジアと天売・焼尻以外、あんまり遠出できてないなぁ~

投稿: むっち | 2012/09/13 15:32

>tutatyanさん
いつもありがとうございます。そして、ご心配ありがとうございました(笑)。

地元の特権で、「ぶたはげ」の存在はよく知っていたので、最初から狙っていました。
本当は新得のそばも絶品なんですけどね。ちょっと停車時間が短くて、今回は断念しました。
本当は食べ物にあまりこだわらない方なので、ブログ中に食べ物の話が登場するのはかなり珍しいと思ってください(笑)

旅の楽しさは、美しい景色ももちろんですが、そこで息づく人々を観察するのもそのひとつですね。高校生カップルの会話なんか、思わずきき耳をたててしまいます(笑)

投稿: いかさま | 2012/09/14 00:12

>むっちさん
Nさんって誰だったっけね?(ゴメン)
地元の人たちの間でも、「ぱんちょう」は最近ちょっと評価は下がってる感じだね。いつも混んでるからかな?
「ぶたはげ」は間違いなくうまかったよ。今度食べてみてね。

ちなみに、東南アジアと天売・焼尻行ければ十分だと思うんだけどね(笑)

投稿: いかさま | 2012/09/14 00:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 滝川発釧路行き・2429Dの旅(4) 帯広→白糠:

« 滝川発釧路行き・2429Dの旅(3) 富良野→帯広 | トップページ | 滝川発釧路行き・2429Dの旅(5) 白糠→釧路→? »