« 「書く」ということ。 | トップページ | 私のプロ野球遍歴【その1】ドラゴンズ嫌いだった頃 »

2012/09/30

小学3年生のお仕事体験~「ミニさっぽろ」

この週末、札幌市郊外の共進会場で「ミニさっぽろ」が開催されている。
http://www.mini-sapporo.com/

Img_0373市の機関をはじめ、札幌市内の民間企業約50社が出展している。
会場内は小さな町を形成しており、各企業が用意する「職業」を、子供たちが体験する。労働に対する報酬は、バーチャル通貨「ドーレ」で支払われ、会場内での買い物や昼食に使用できる。ちゃんと「税務署」もあって、報酬の一部は税金として持って行かれるらしい。
東京や兵庫にある「キッザニア」ほど本格的ではないが、職業・消費体験を通じて社会の仕組みを学べる教育イベントである。

Img_0375参加できるのは市内の小3・4に限られており、各日1,700名の定員制で抽選。運よく当たったので、上の坊主を行かせてみた。
保護者は原則として会場内には入れないが、会場内を見学するツアーが30分ごとに開催されている。このツアーも、コンダクターは子供たちである。「自分の子供を見つけて夢中になって、団体からはぐれないように」などと、10歳未満児から注意を受ける。

Img_0376会場は屋内だけでなく、屋外にも用意されている。そのうちのひとつが「ミニてつ」。地下鉄東西線の電車を模したミニ電車である。時間帯によってはこれも子供たちが運転士・車掌・駅員などを務める。「ドーレ」を使って乗車することもできる。運賃は200ドーレ、保護者と小さい子供は無料である。

さて、肝心の我が坊主であるが、「ミニてつ」に行ってくれるのかと思えばさにあらず、北海道新聞STV(札幌テレビ放送)で働いてきた。6時間で仕事ふたつかよ、と思ったが、職種によってはかなりの待ち時間があり、昼食や買い物の時間も必要なので、決してさぼっていたわけでもないらしい。
それにしても、坊主がマスコミ志望とは知らなんだ

北海道新聞では、カメラマンと記者に分かれて場内を取材し、新聞をつくる。出来上がった新聞には、坊主の書いた記事が記者の写真入りで載り、1,000ドーレの報酬とともに記念にもらえる。

Img_0374STVでは、アナウンサー・レポーター・お天気キャスター・ディレクター・中継班に分かれて、ニュース番組の収録体験。坊主はディレクターの役割をあてがわれた。外から覗いてみると、ヘッドホンなどつけていかにももっともらしいが、仕事はカンペ出しだったらしい。収録された映像は、DVDになって記念に渡された。

いずれにしても、終了時間になって、それなりにご満悦の様子で戻ってきた坊主。稼いだ報酬でお母さんに花のプレゼントを買ってくるなど、いじらしい一面も見せた一方、お父さんへのプレゼントはなし

いや、別にいいんだ。
働くことの大切さを通じて、お父さんに感謝してくれれば。(←少しブルー)


それと、せっかくだから、願わくば大人になってSTVにでも入ってくれれば。
そこはお父さんが落ちた会社だから。

|

« 「書く」ということ。 | トップページ | 私のプロ野球遍歴【その1】ドラゴンズ嫌いだった頃 »

日常の旅人」カテゴリの記事

札幌の旅人」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
最後のオチ、ウケました(笑)
面白そうな企画に参加されたようですね。
いかさまさんって、なんかお子さんがいるパパのイメージがわかないんですが、ちゃんとパパしてるご様子。
でも、パパへのプレゼントがなかったのはなんででしょうね・・・・普段の行いが・・・(・∀・)
いえ、なんでもありません。

あと、buzzっちさんからのコメントでいかさまさんがブログに来てくださったとのこと。同じページにアクセスすることになるので、私のあほさ加減がばればれになることと思われます。
その折はどうぞ、ご容赦なく突っ込んでください<(_ _)>
では~~★

投稿: 華凜 | 2012/09/30 20:03

>華凛さん
いつもありがとうございます。
こう見えても(見てないか)、2児の父なのですよ。一応。
家庭におけるこういった取組の成果が、「旅」という幾多の単独行動の許可となってあらわれるのでしょう。奥様は大切にしておくものですね(笑)。

そのわりに子供に伝わってないのはなぜでしょう(笑)。
普段の行いが(以下略)。

buzzっちさんとの軽妙なやり取りはいつも楽しませていただいてますよ。高貴な華凛さんのイメージが少しずつ崩れていくのが楽しみで仕方ありません(笑)
時々突っ込みに行きますね。

投稿: いかさま | 2012/09/30 22:55

長男君のからのお土産がなくて、
ちょっぴり(いや、絶対かなり)ブルーないかさまさん
(^w^) ぶぶぶ・・・
小3でお仕事体験とは、教育パパですな~
何か心に残るとよいですね
このころの子供の将来なりたいものはどんどん変化しますから、ずっとマスコミ志望かどうかは別にして、
すんごくいい体験になってるとよいですね

投稿: と~まの夢 | 2012/10/01 18:59

>と~まの夢さん
お返事が遅くなりまして申しわけありません。
それほど期待していなかったので実はそんなにブルーでもないいかさまです(強がり)。

嫁さんが探してきた企画なので、僕がとやかくいうものではないのですが(笑)、いざ連れて行ってみるとなかなかに楽しい企画でしたね。
そのうちキッザニアも体験させてみたいですね。

いずれにしても、子供の頃から最低限の勉強はちゃんとしておいた方が、将来の選択肢は間違いなく広がる、ということを、まず教えてやろうかなと思っています。

投稿: いかさま | 2012/10/02 22:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小学3年生のお仕事体験~「ミニさっぽろ」:

« 「書く」ということ。 | トップページ | 私のプロ野球遍歴【その1】ドラゴンズ嫌いだった頃 »