« 10月と鉄道 | トップページ | 本棚:「楡家の人びと」北杜夫 »

2012/10/22

季節外れの旭山動物園

家族揃って旭山動物園までドライブした。

Dscn1287私は1999年から2003年にかけて旭川市民だったことがある。今でこそ説明の必要もないほど全国的に有名になった旭山動物園であるが、その当時は正直言ってかなりショボくお金を払って行くような場所ではないと思っていた。

ちょうどその頃、旭山動物園では「行動展示」を軸にした、展示形態の見直しが始まっていた。2000年の「ぺんぎん館」、2002年の「ほっきょくぐま館」をはじめとする施設の整備も進み、2004年に「あざらし館」の特異な展示スタイルがテレビなどで紹介されるようになると、旭山動物園人気は一気に爆発した。ここ数年はやや落ち着いたようであるが、それでも国内はもとより世界からもたくさんのツアー客が訪れている。

その後何度か私も子供を連れて旭山動物園に足を運んだが、いつもオンシーズンの休日。夏休み期間などはその最たるもので、数十分並んで見学施設に入っても、
後ろが詰まってまーす!立ち止まらないでくださーい!
と追い立てられるように出なければならない。動物を見に来たのか人間を見に来たのか分からなくなるようなところがある。

Dscn1293旅行シーズンを外れたこの時期、今日の天気予報は雨予想。しかし晴れ間ものぞく空模様なので、予定どおり強行。高速道路で2時間半ほどかけて旭山動物園へ。
幸い雨には当たらなかったが、肌寒いせいもあってか客は少ない。オンシーズンならラッシュアワーの様相を呈するぺんぎん館の水中トンネルもこのとおり。

Dscn1295よってそれぞれの施設でも、立ち止まって心ゆくまでじっくりと動物たちを眺めることができる。これは初めての体験である。
下の坊主は特に動物をじっくり眺めるのがお気に入りらしく、日中10度そこそこまでしか上がらない寒さにもかかわらず、柵の前にべったり張り付いて離れようとしない。

Dscn1303あざらし館では、ゴマフアザラシが垂直に立った水中トンネルの中を上下に行ったり来たりするのが名物になっているが、最近注目されることに慣れてきたのか、それとも珍現象なのか、トンネルの中にとどまって観客に愛想をふりまいたりしている。写真で見ると坊主がガラスごしにゴマフアザラシと対話しているようにも見える。

Dscn1319チンパンジーの森」では、チンパンジー2頭の喧嘩に坊主の目は釘付け。一番のチビが2番目に小さい奴にちょっかいを出し、怒った2番目がチビを攻撃、そのうち大人のチンパンジーにたしなめられるが、しばらくするとまたリピート。これは我が息子たちの生態の再現である。これを10分近くにわたって眺め続けていても許されるのは、オフシーズンならではである。

Img_0399私にとってもほぼ4年ぶりの旭山動物園だったが、下の坊主は物心ついてからは初めての動物園だった。彼は家に帰って来るなり、ものの数十分でこんな絵を描きあげた。上手いか下手かは別として、気持ちは伝わる。よほど楽しかったのだろう。このくらいまで堪能してもらえれば、連れて行った甲斐もあるというものである。

もうひとり、「旭山動物園に行きたい」の言い出しっぺの上の坊主であるが、言葉とは裏腹に動物を真剣に見ていたようには思えない。特に後半の1時間は「腹減った」を連発し、嫁にどやしあげられていた。
帰路に食べたラーメンは無事口に合ったようで、なによりである。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ

|

« 10月と鉄道 | トップページ | 本棚:「楡家の人びと」北杜夫 »

北海道の旅人」カテゴリの記事

コメント

(^_^)/おはよーございます
家族団らん、良い休日を過ごせましたね
旭山動物園にも、オフシーズンがあるんですね
ずーっと人がいっぱいだと思ってました
私も行きたいと思ってるんですが、なんせ飛行機がダメで、乗っても二時間がリミットなんです(^^ゞ
今は、どこでもの流れでしょうが、京都の動物園も、動物の生態に出来るだけ合った環境を作ろうとしています
完全には無理でも、少しでも動物さんが活き活き出来ればイイなと思います
それにしても、弟さんお上手です㋧
すごく感動したんでしょうね、絵がイキイキしてて思いが溢れてくるようですよ
本当に心を動かされて描かれた絵には、私の心も暖かくして貰えますm(__)m
モニターを通してこれですから、実物はもっと素敵なんでしょうね
お兄ちゃんの心にもきっと、想いはたくさん残ってると思いますよ

投稿: tutatyan | 2012/10/22 06:35

長時間かけて連れて行った甲斐がありましたね~
お子ちゃまは、動物園大好きですよね
と~まんちも、随分上野動物園のお世話になりました。
子供なりにお気に入りもできるんですよね~
長男はきりん
次男はしまうま
3男は…いけない、物心ついてから連れて行ってないわ~
しまったしまった

投稿: と~まの夢 | 2012/10/22 20:48

なぜか旭山動物園には、行ってないのよね

投稿: 姉さん | 2012/10/22 22:11

>tutatyanさん
いつもありがとうございます。

ここ数年こそ多少落ち着きましたが、旭山動物園は本当にフルにオンシーズンだった時期もあったようですね。
夏休みは地元住民+旅行・帰省客。それ以外は中国や韓国などからのツアー客。本来オフシーズンだったはずの冬も、ペンギンの散歩で一躍オンシーズンになりました。
「行動展示」という手法が、その後全国の動物園のお手本となって言ったというところが、旭山動物園の本来誇るべきところでしょうか。
ただ、難しさもいろいろあるようで、7月に脱走したフラミンゴは未だに捕獲されていません(笑)。

今朝上の坊主に確認したところ、うわごとのように
「ペンギンの背中が黒いのは空から見たら海と見分けがつかないように。ペンギンのおなかが白いのは海の底から見たら空と区別がつかないように」
とのたまっておりました。ペンギン館の紹介掲示はちゃんと読んでいたようです(笑)

ぜひ一度見に来てくださいね。
飛行機だけでなく「トワイライトエクスプレス」という手段もありますよ。

投稿: いかさま | 2012/10/22 23:58

>と~まの夢さん
いつもありがとうございます。

動物と接するということは、子供の人格形成の上で、けっこう貴重な体験なのではないかな、と思います。

その割にこのお父さんは昔から動物というやつがあまり得意ではなくて(笑)、動物園にはあまり興味を示さなかった記憶があります。

その昔、家族で東京のおじの家へ遊びに行った時、おふくろと妹が上野動物園でパンダ見物をしている時、僕は嫌がるおやじを連れて上野駅で電車見物をしていましたからね(笑)

上の坊主もひょっとしたらお父さん譲りなのかもしれません。

投稿: いかさま | 2012/10/23 00:01

>姉さんさん
コメントありがとうございます。

旭山動物園「には」ということは、北海道、あるいは旭川近辺に足を運ばれたことはあるのでしょうか?
僕自身、旭川在住時にはカネを払って行こうなどと思ったことはありませんし、たまたま子供が動物に興味を示すタイミングと、旭山動物園が有名になるタイミングが一致しなかったら、行かずじまいで終わったかもしれません。

ぜひ次の機会には動物園を訪れてみてください。おいしいラーメンも、旭川の魅力ですよ。

投稿: いかさま | 2012/10/23 00:06

高速道路で2時間半ってやっぱり北海道はでっかいどう

札幌、小樽、登別、函館等、道南の一部しか知らない
私にとっては、富良野、美瑛、旭川は憧れです

仕事リタイアしたらゆっくりまわりたいです
(いつのことやら)

投稿: buzzっち | 2012/10/24 12:48

オチビちゃんの描いた絵!
ペンギンすごく上手!かわいい!

むっちはさっき、
真駒内から留萌まで2時間一人ドライブでした♪

投稿: むっち | 2012/10/24 15:54

北海道には、5回ほど行っています。利尻、礼文ツアーのときは、旭川空港、発着でした・・・動物園は、ツアーに含まれていませんでした

投稿: 姉さん | 2012/10/24 22:08

>buzzっちさん
コメントありがとうございます。

そうですよね。僕自身ももともと北海道民ではありませんから、北海道の広さはひしひしと感じています。
札幌から一歩踏み出すと、本当にいろいろなものがあるのですが、なにしろ札幌起点でも網走・釧路まで350kmと、東京-名古屋に匹敵する距離があるので、出掛けるのも一大決心ですね(笑)
遊びに来てください。おもてなししますよ。

投稿: いかさま | 2012/10/24 23:54

>むっち
コメントありがとう。
たくさん描かれた動物、どれが何だか全部わかるかな?
全部わかったらなんか商品進呈するよ(笑)

投稿: いかさま | 2012/10/24 23:55

>姉さんさん
そうだったのですね。それは残念です。
ただ、利尻・礼文は実は僕自身一度も行ったことがないので、正直うらやましいです。

投稿: いかさま | 2012/10/24 23:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 季節外れの旭山動物園:

« 10月と鉄道 | トップページ | 本棚:「楡家の人びと」北杜夫 »