« いかさまマイカー列伝【前史】 | トップページ | これは危ない。 »

2012/11/26

いかさまマイカー列伝【その1】「へたくそ」のための入門車

へたくそ」が最初にあてがわれた車、それは「三菱・ミニカ」であった。

http://www.mitsubishi-motors.com/jp/corporate/aboutus/products/1980/j/popup/044_minica.html

記念すべき自分の最初の車なのに、写真を残していないのは返す返すも残念だが、一部で通称「箱ミニ」と呼ばれた車である。当時の軽自動車としては良く売れた方の部類に入ると思われ、後々に至るまでよく見かけたタイプである。

私があてがわれたのは、「ミニカエコノ」と呼ばれる、軽4ナンバーのバン。当時の軽自動車は、まだ550ccであった。テールに「ライラ」と表記されていた記憶があり、データをひも解くと1986年式の特別仕様車であったようである。
FF4速マニュアルエアコンなし、と、北海道で乗るにはいかにも非力な車であったが、自分の自由になる足であることに違いはない。私は有頂天になってこの車を乗り回した。

最初の悲劇は上陸後1週間目にして起こった。
私は、当時通っていた近所の喫茶店へ行くため、北18条駅近くの空き地に車を止めた。今はマンションになっているが、ちょうど当時は北18条通が拡幅工事中で、部分的に空き地が残っていた。
喫茶店でいつものように昼食と食後のコーヒーを味わい、バイトへ行くためにバックで車を出そうとしたその時である。

ドーン」と大きな音が車の後部で響いた。反射的に後ろを振り返ると、リアの窓ガラスのど真ん中にへばりつくようにして、電信柱の姿が見えた。私は焦ってアクセルを軽く踏んだが、ギアはまだバックに入っていたらしく、「メリッ」という音が聞こえた。

幸いスピードが出ていなかったため、ダメ押しの一撃にもかかわらず電信柱は無傷だったが、愛車ミニカのハッチバックは縦一文字に陥没していた。深さは最大で10cmくらいでそれほどひどくもないが、わずかな衝撃でもかなり大きな音がする、ということを、私は教訓として得た。走行に問題はなかったが、翌日、開けたハッチバックが閉まらなくなるという騒ぎに発展し、板金屋の世話になった。

この車はその後も、緩やかな国道の上り坂でスリップして登れなくなったり、真冬にカギ穴が凍結したり、ドアが開かなくなったりと、さまざまな事件を巻き起こした挙句、翌年の2月下旬、バイト先からボーリング場へ向かって夜の道路を走行中、カーブでスリップして時計回りに2回転、雪山に衝突して反時計回りに1回転差し引き1回転するという大失態を演じた。
この時は助手席に同乗者もいたが、ふたりして奇跡的に無傷、しかもフェンダーが派手に歪んだマイカーも自走可であった。一方通行路であったが、他の車が居なかったのは不幸中の幸いであったと思う。

私はこの一連の出来事で、自分は車の運転がそれほどうまくない、ということを思い知らされ、父の先見の明に悔しくも納得することとなったが、その一方で、FF・4速マニュアル・550ccはさすがに北海道の冬にはきつい、と、自分の腕を棚に上げて思うようになっていた。大学3年の7月、私は中古の普通車を親に借金して購入し、「ミニカ」はわずか1年で北海道を後にし、ふたたび実家へと戻った。

それからしばらくのち、実家に帰ると、鼻面の傷痕は、父の知人の整備士さんによって目立たないように修復され、縦一文字に凹んだハッチバックは別の廃車からの発生品に交換されていた。


つづく。

|

« いかさまマイカー列伝【前史】 | トップページ | これは危ない。 »

日常の旅人」カテゴリの記事

北海道の旅人」カテゴリの記事

コメント

懐かしい名前が出てきました
ミニカライラ Lyraやったかな?
自分で買った車の2号車でした
赤い中古ですが(笑)

その前が確かミラクォーレの5万円!
オートマなのになぜかミッションタイプのシフトでした
何度間違って4速をバックに入れてしまい
車が停止したことか 

投稿: buzzっち | 2012/11/27 06:21

>buzzっちさん
毎度ありがとうございます。
そうですそうです! まさにそのLYRAです。
うちのは白でしたが。

すると初代がミラ・クォーレですか。ネットで検索してみましたが、懐かしい!これもよく見かけました。かなり売れ筋だったんでしょうね。2速ATというところに、時代を感じます(笑)

投稿: いかさま | 2012/11/27 23:10

車のことは、免許を持っていながら全く分からないまま今日に至ると~までごじゃるが、
向き不向きで言うならば、これほど運転に向いてない女も他にはおりますまい~
だって、鈴木アルトを免許取ってすぐに姉と折半で購入したんだけど、運転を楽しいと思えたことは1度もなく、怖くて怖くて…。1年で姉に譲渡しました…
免許は身分証明書代わり…と化し、その後レンタルさえ乗ってませんん
自動車学校はお金の浪費だったかも~

投稿: と~まの夢 | 2012/11/28 21:20

>と~まの夢さん
いつもありがとうございます。
運転免許証=高級身分証明書、という話はよく聞きますね~。

うちの嫁が結婚前はそれに近い状態でした。ただ、やっぱり必要に迫られると、それなりに乗るようになるものですね。我が家も今は札幌ですが、それまでは地方を転勤して回っていたので、車は不可欠な存在だったのです。

運転は危険と背中あわせですからね。足が確保できるのであれば、しないに越したことはないのかもしれませんね。

投稿: いかさま | 2012/11/29 01:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いかさまマイカー列伝【その1】「へたくそ」のための入門車:

« いかさまマイカー列伝【前史】 | トップページ | これは危ない。 »