« 朋遠方より来たりて思う(3) 組織と熱意 | トップページ | 11月の旅の記憶(追録) 房総半島一周 駆け足の旅 »

2012/11/08

11月と鉄道

11月というのも、前月に引き続き鉄道旅行とは縁の薄い月である。
日長や気温など気象条件のせいもある。北海道では雪が降り始める時期である。
仕事は年末が近づいてそれなりにバタバタし始めるし、学校の方は期末試験、中高の3年生になれば受験が目の前に控えている。

だが、手元の資料を見ると、「乗るため」に出掛けたことが、過去1度だけある。

今から22年前、1990年の話である。
当時私は高校3年生、当然ながら大学受験を目前に控え、毎日悶々としながら勉強に明け暮れていた。あまり真面目にやっていた方だとは思わないが、それでもストレスは溜まる。おまけに、勉強以外の部分でも、当時の私は少しく悩みを抱えていた。

ある日曜日、私は「図書館に行く」と行って家を出た。
早朝7時であるそんな時間から図書館が開いているはずなどなく、おそらく親にはばれていたに違いない。だが彼らは何も言わなかった。

Ikoma私は電車に乗って名古屋へ向かい、大阪難波行きの近鉄特急に乗った。曇り空で薄暗い窓の外をぼんやりと眺めながら1時間半ほどを過ごし、大和八木で下車。橿原線の田原本から西田原本へ歩き、近鉄田原本線、生駒線を乗り継いで、生駒にたどり着いた。


Cable生駒までやってきたのはそれ相応の理由があるのだが、それはともかくとして、私は生駒駅から歩いて数分の宝山寺駅から、ケーブルカーを2本乗り継いで生駒山上へ向かった。
生駒山上駅の目の前は遊園地になっており、近くにはスケートリンクもあるらしく、小さいながらもリゾートエリアになっている。
それらを横目に見ながら、南へ向かっててくてくと歩いた。今回、あらためてgoogleマップで確認してみたが、どこを歩いたのかはどうも判然としない。
およそ40分ほども歩くと、国道308号線に出た。大阪と奈良を結ぶ国道だが、山間をくねくねと登る幅の狭い道路で、ところによっては1車線になっている。道路わきの田んぼも、無理やり切り開いたという感じの狭い田んぼである。

Kuragari大阪府と奈良県の境界を走る信貴生駒スカイラインを狭いトンネルでくぐると、「暗峠(くらがりとうげ)」である。石畳の舗装が趣深い。暗峠を挟むこの辺りの国道308号線は「暗越奈良街道」と呼ばれ、日本の道100選 にも指定されている。今は亡き「旅」という雑誌で紹介されていた記憶がある。私がにわかハイキングを愉しむ気になったのも、おそらくこの記事のせいだったように思う。

私は、さらにそこから国道を西へ向けて30分ほど歩き、枚岡神社の境内を抜けて近鉄奈良線の枚岡駅へ出た。近鉄電車を大和西大寺で乗り継いで京都へ向かい、京都からは名神高速バスで名古屋へ。中央線の電車で実家近くの駅へ戻り、自転車をこいで家へ何食わぬ顔をして帰った。この時、時間はすでに20時を過ぎていた

このミニトリップが、精神的圧迫に対するガス抜きになたかどうかはわからない。この2ヵ月後、私はセンター試験に見事失敗しながら、半ばやけっぱちで受験した第一志望校に何かの間違いで合格するという不可解な事象を演出することになる。
そこへ至るのにも紆余曲折とさまざまな葛藤があったのだが、今となってみれば結果オーライどうでもいいことだったように思えてくる。

歳月の流れとは、ときに残酷でありながら、ときにありがたいものである。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ にほんブログ村 鉄道ブログへ

|

« 朋遠方より来たりて思う(3) 組織と熱意 | トップページ | 11月の旅の記憶(追録) 房総半島一周 駆け足の旅 »

鉄道の旅人」カテゴリの記事

日本の旅人」カテゴリの記事

コメント

うちの息子もひとりでフラっと息抜きに
出かけたらええのに
私達はな~んも言わないのにな(笑)

近鉄電車 難波 枚岡
初めて勤めた会社が近鉄沿線やったので
懐かしかったです

投稿: buzzっち | 2012/11/09 09:23

めぐりあわせの妙というか不思議を感じますね~
このミニハイキングは、どういかさまさんの心に作用したのでしょう?すごく深呼吸できたようなイメージでした…

さて、いかさまさんはセンター試験の世代なんだぁ
ふにゃぁ、と~まは共通1次世代で、長男とセンターの話をする時、無意識に共通1次と口にして白い目で見られてます。世代差って悲しい~

投稿: と~まの夢 | 2012/11/09 23:33

>buzzっちさん
いつもありがとうございます。
buzzっちさんの息子さんはおいくつなんですか?
一定以上の年齢になると、そういう独立心が多少あった方が、親としては安心できるのでしょうかね。
うちの小3は、前回お試しさせて見事に失敗しましたが(笑)

生駒へは今年の4月に再訪しました。難波からの近鉄奈良線も、22年ぶりに乗りました。感慨深かったですよ。

投稿: いかさま | 2012/11/10 02:28

>と~まの夢さん
いつもありがとうございます。
そうですね。なにぶん22年も前のことだからはっきりとは覚えていませんが、何か心の中に引っ掛かっているものを断ち切るひとつのきっかけになったのは間違いないと思います。「深呼吸」、そうですね。そんな感じだったかもしれません。

私は第2回センター試験の世代です。共通一次は、僕が高1の時が最後でした。得点修正、いわゆる「嵩上げ」が物議をかもしたのを、よく覚えています。

投稿: いかさま | 2012/11/10 02:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 11月と鉄道:

« 朋遠方より来たりて思う(3) 組織と熱意 | トップページ | 11月の旅の記憶(追録) 房総半島一周 駆け足の旅 »