« これは危ない。 | トップページ | オレンジカード雑感 »

2012/12/03

いかさまマイカー列伝【その2】家族なしでも「ファミリア」

満身創痍の三菱ミニカを岐阜に返す前提で、私は2台目の車を物色し始めた。
夏のアルバイトで得る予定のバイト料+両親からの借金と、予算は限られている。

私は中古車情報誌で見て何となく気に入った「三菱ミラージュ」を探すため、三菱のディーラー系中古車店を「ミラージュはありませんか?」と訪問した。三菱のディーラーに行けば三菱の中古車がある、と思い込んでいたのである。

その時、そこにはミラージュは置いていなかった。三菱なのにけしからん、と思った私の目に、「お買い得車」とキラキラのモールで飾られた赤いセダンが目に付いた。
マツダ・ファミリア」である。

http://autos.yahoo.co.jp/ncar/catalog/mazda/familia-sedan/F001/
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:Mazda_Familia_Sedan_1991.JPG

男気あふれるこの私に赤い車体は似合わない、と、私は一瞬思ったが、ウィンドウに貼られた「35万円」の値札が、「お前にはこれしかないぞ」と訴えかけてきているかのように思えた。
平成元年式で4年落ち、走行52,000km。MTのFF車だが、軽自動車のようなことにはなるまい。諸費用込みで43万円のこの車は、私の2台目のマイカーとなった。

ちょうど大学生活半ばから社会人1年生にかけて付き合ったこの車が、おそらく歴代のマイカーの中で一番濃密な付き合いをした車だろう。乗った期間は2年半だったが、距離は45,000kmほど乗ったと思う。特段大きな事故もなかった。
一度だけ、交差点で止まっているときに、高校生の暴走自転車が自爆気味に突撃してきて左前方のバンパーが落ちかけた。裏側から針金で応急処置をしたが、結局応急処置のまま私は乗り続けた。

よく走る車であった。冬場の街乗りでも10km/Lを切ることは稀で、ちょっと遠出をすると15km/Lを超えた。大学の卒業間際、札幌-岐阜間を、函館-青森間だけフェリー、あとは自走という暴挙に出た際は、20km/L超えを記録している。

さて、この車は、私が社会人になった年の冬、札幌ナンバーのまま岐阜へ渡った。
当時私の妹が大学に入学したばかりでマイカーを欲しており、「どうせヘタクソなんだからポンコツでいいだろう」とどこかで聞いたような理由で私のファミリアに白羽の矢が立った。
その結果、「お前も社会人なんだからもうちょっといい車を買いなさい」と、いくばくかの資金援助と引き換えに、ファミリアは妹の持ち物となった。

私とは比較的相性の良かったこの車は、どうやら妹とは犬猿の仲だったらしく、それからおよそ半年後、交差点で衝突事故を起こしてあえなく廃車となった。
次に実家に帰省した時、廃車置き場の下から4段目位に無残な姿で積み上げられている赤いひしゃげたファミリアを見て、私は涙を禁じえなかった。

この車の写真も手元には残っていない
けれども私は、まだ健在だったこの車と記念写真を撮った記憶がある。その構図も鮮明に覚えている。
にもかかわらず写真がない理由。
それは、その写真に、この車とともに当時とてつもなく大好きだった人が一緒に写っていたからである。この車を買って約1ヶ月後から、手放す数か月前まで、ずっと助手席に座り続けていた人である。
いつぞやまとめてその人との写真を処分した際、多分一緒に処分したのだろう。

今思えばマイカーの記憶として保存しておけばよかったのだが、それもまた青春のほんのりと苦い思い出である。


ははははは。あーあ。続く。

|

« これは危ない。 | トップページ | オレンジカード雑感 »

日常の旅人」カテゴリの記事

北海道の旅人」カテゴリの記事

コメント

ファミリアといえば、赤の3ドアハッチバックの
イメージしか残ってませんでした(笑)
車とともに当時の彼女の思い出も
スクラップになってしまったのですね

日産一筋の父が姉の乗っていた
「マッチのマーチはあなたの街にマッチする」の
マーチに代わり
「中村雅俊 パズルナ〜イト」の
黄色いパルサーミラノX1を薦めたのですが
結局、赤のマーチへの乗り換えとなり
私が最初に運転した車となったことも
ありましたね

投稿: buzzっち | 2012/12/03 05:32

>buzzっちさん
そうですね。あの7代目ファミリアのイメージといえばまさにそのとおりですね。
セダンの印象はちょっと薄いかもしれません。車がスクラップになってしまったのは残念ですが、思い出はなかなかスクラップにならず、苦しんだ記憶があります(笑)。

「パルサーミラノX1」懐かしいですね。こちらはまさに黄色がぴったりとくるイメージでした。
思えばファミリアもパルサーも、前回のミニカも、それぞれのメーカーを代表する車名だったように思いますが、今はなくなってしまっていますね。これも時代の流れでしょうか。

投稿: いかさま | 2012/12/03 21:38

その大好きだった人は・・・
むっちの知っている人?の、前の人かなぁ?

むっちはよく考えてみたら、過去の人に対して、
『とてつもなく好きだった』記憶がない!
意外とクールなのか、男と女の脳の違いなのか?

車の話をすると、最近フォレスターが気になる。
もともと大型セダンかつ日産好きだけど、
エスクードの運転のし心地がよろしいようで。
ひどい雪道もガツガツいける感じが好き。
あと、海外ドラマ(米)の影響かな♪

先生の新車、どこで購入したのか~
主人が気になっているようです(笑)

投稿: むっち | 2012/12/06 14:11

>むっちさん
いつもありがとうございます。
そういう生々しい質問をこういうところでしてはいけません(笑)。
ノーコメントにしておきます。

フォレスターは最近出たばっかりですね。先日ディーラーで見ました。いい車だと思いますが、僕はちょっと車高の高い車に飽きてきたところなので、それほど興味は湧きませんでした。
車も好き好きですよね。

あ、ちなみに車はちゃんと正しいルートで購入しましたよ(笑)

投稿: いかさま | 2012/12/06 23:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いかさまマイカー列伝【その2】家族なしでも「ファミリア」:

« これは危ない。 | トップページ | オレンジカード雑感 »