« 2006年12月の旅【その3】これもまた鉄道。 | トップページ | 新年明けましておめでとうございます。 »

2012/12/30

2006年12月の旅【その4】錦川鉄道・錦帯橋・岩徳線

岩国で宿泊した翌日、まだ薄暗い街の中を岩国駅へ向かい、錦川鉄道に乗車した。

2006121801_2 2006121802
錦川鉄道は、旧国鉄岩日線を引き継いで1987年に開業した第三セクター鉄道である。沿線自治体が主な株主であるが、市町村合併の進行に伴い、現在では全線が岩国市内ということになっている。
周囲は薄暗く、まだ景色もはっきりと見えないので、往路はひたすら睡眠に充てる。終点の錦町が近くなって目を覚ますと、岩国を発車した時に総勢10名ほどだった乗客が、ほぼ満席状態になっている。その大半は学生である。終点の錦町駅前には通学用のバスが待機しており、列車から降りた学生のほぼ全てがそのバスに乗り込んでいった。

2006121803帰りの列車は7時59分発で、ようやく外はうっすらと明るくなっており、景色が見える。路線名の由来である錦川は、複雑なカーブを描いて瀬戸内海へ向かって流れていく。大きな石や岩がゴロゴロしている錦川上流の水は、雨のせいでやや増水しているが、穏やかな流れである。線路は時々我慢できなくなったようにトンネルに入ってショートカットするが、ほぼ全線で錦川の河岸段丘を忠実にたどる

山陽新幹線新岩国駅と近接していながら接続駅として認知されていない御庄を過ぎ、錦川鉄道とJR岩徳線の分岐駅である川西で下車。この先は岩徳線を徳山方面へ進む予定になっているが、接続はすこぶる悪く、次の列車までは1時間以上ある。ホーム1面だけで駅舎すらない川西駅の周辺に、時間を潰せそうな店や施設はない。
並行する国道まで出ると、「錦帯橋まで2km」の看板が出ていた。案内に沿って道路を歩くと、錦帯橋の袂までは20分かからずにたどり着いた。

2006121809 2006121807
半円形の連なった優美なフォルムの木造橋の向こうには小高い山がそびえ、山頂には小さく岩国城の姿が見える。橋のたもとでは土木工事のブルドーザーが稼働中で風情を損なっていたが、なかなか味わいのある風景である。
ちなみにこれが、今回の旅における唯一の純粋な観光要素でもある。

2006121814橋のたもとにあるバスターミナルを覗くと、レトロ調のバスが乗客を待っている。確認すると岩国駅行きで、途中、岩徳線の西岩国駅を経由するとのことでちょうどよい。
地元岩国市出身の電気工学者、藤岡市助にちなんで「いちすけ号」と名付けられたレトロバスは、昭和初期まで走った岩国電気軌道の路面電車を模したものだという。西岩国まではわずか4分。早朝のせいか、乗客は少なかった。

2006121816 2006121820_2
西岩国駅は、洋館風の古びた駅舎を持ち、駅構内も広い。ローカル線の中間駅としては破格の貫録だが、旧岩国町の中心地に近く、戦前の一時期ここが「岩国駅」を名乗っていたこと、さらに同時期、岩徳線が山陽本線であったことがその背景である。
西岩国駅の栄光は長く続かず、没落したローカル線となった岩徳線は、単線非電化の線路を、キハ40形のディーゼルカーが1~2両で細々と行き来している。実際に乗ってみると、山間を走る線路の勾配はかなり厳しく、列車の高速化を阻んでいる。複線化に当たっては、距離は長いものの勾配の少ない柳井経由の現山陽本線が選ばれたのも、なんとなく納得がいく。御殿場線や函館本線「山線」(長万部-倶知安-小樽)などと相通ずる、歴史と環境に振り回された鉄道路線の典型である。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ にほんブログ村 鉄道ブログへ

|

« 2006年12月の旅【その3】これもまた鉄道。 | トップページ | 新年明けましておめでとうございます。 »

鉄道の旅人」カテゴリの記事

日本の旅人」カテゴリの記事

コメント

こんにちは
行かれた時期が、6~7年前だからでしょうか、電車も駅もとても風情のある写真ですネ
岩国と云う地名はこの地理が苦手な私でも聞いたことがあって、イメージもいかさまさんの写真のままです
鉄道は、やはり人の生活に深く関わるものですね
だから、面白いのかもしれません
いかさまさんのブログに出会って、今まで見過ごしていたものに少し目がいくようになりました

今年はブログでもいろいろお話もでき、楽しませて頂き有難うございました
来年も宜しくお願いします
良いお年をお迎え下さい o(_ _)oペコッ

投稿: tutatyan | 2012/12/31 09:01

いかさまさん
地図が読めない女代表のと~まとしては
岩国?聞いたことのある地名だじょ?
が、実のところ最後までついてまわりました…
でも、旅行に行けないので、すごく旅した気分で
いかさまさんのブログはお得なんです(メ・ん・)?

いつも、と~まのブログにも来てくださって('-'*)アリガト♪
来年も((ノ(_ _ ノ)ヨロシクオネガイシマス

投稿: と~まの夢 | 2012/12/31 20:21

>tutatyanさん
いつもありがとうございます。

観光鉄道もいいけれど、人々の生活に密着したところの鉄道って、僕の中ではかなり魅力的な存在なのです。
それが都会の通勤電車であっても、ローカル線であっても、人の生活と息遣いを感じられる旅を、これからも続けていきたいですね。

1年間お付き合いいただきまして本当にありがとうございました。
大変マニアックなブログで、読んでいてもお疲れになったかもしれませんが(笑)、来年もがんばっていこうと思います。よろしくお願いいたします。

投稿: いかさま | 2012/12/31 23:41

>と~まの夢さん
いつもありがとうございます。

今回、比較的マイナーなエリアを転々としながら、地図を添付しなかったのは、僕の不徳のいたすところです(汗)申し訳ありませんでした。

これからも、中身はマニアックだけれども、皆さんに安心して読んでいただけるブログを目指したいと思います。ご指導よろしくお願いいたします。

来年もお互いいい年になりますよう。

投稿: いかさま | 2012/12/31 23:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2006年12月の旅【その4】錦川鉄道・錦帯橋・岩徳線:

« 2006年12月の旅【その3】これもまた鉄道。 | トップページ | 新年明けましておめでとうございます。 »