« 船旅ざんまい【5】太平洋フェリー「いしかり」(3) | トップページ | 一応住宅街の真ん中なんですが。 »

2013/01/21

船旅ざんまい【6】船旅のお値段

ここしばらく船旅の話を続けていて、友人を始めたくさんの方から、
「で、フェリーの料金っていくらくらいかかったの?」
という質問をいただいた。せっかくの機会なのでまとめておこうと思う。

ただし、昨今はどの交通機関でも利用時期や形態によって料金にかなりの幅がある。よって、かなりざっくりとした話になることをご了承いただきたい。

まず、最も皆さんの興味を引いた、帰路に家族で利用した太平洋フェリー
利用時期によって3段階の料金に分かれており、年末年始はちょうど真ん中のB期間になる。この時期の1等料金は、3~4人用和洋室利用の場合、大人24,000円、子供12,000円。幼児は無料なので、わが家4人では60,000円となる。
実際にはこの他に乗用車1台の航送料金が+26,000円。各料金はインターネット割引で5%安くなる。2等船室やA・B寝台で我慢できればさらに安く済む。

私が行きに利用した、苫小牧東~新潟間の新日本海フェリー
こちらを家族4人でステートB(1等船室相当)を利用したとする。こちらはオフシーズン料金のA期間で、大人12,600円、子供6,300円で、計31,500円、プラス乗用車5m未満1台14,600円と相当安い。ただし太平洋フェリーとは客室設備において天地の差があり、新潟-名古屋間を自力で移動しなければならない労力と別料金を伴う。

飛行機の場合、「先得割引」などを利用しても年末年始は運賃が高いのが定説であるが、幸いなことにわが家で帰省する場合、年末の本州行き、年始の北海道行き、と、通常混雑する方向とは真逆の流動になる。
このため、安い運賃も用意されていて、仮に1月6日の昼前後の便で帰って来たとして、わが家の場合、ひとり15,500円である。幼児でも3歳以上は運賃が必要となるから、4人分で、計62,000円案外安い。逆方向の流動となると、家族4人での旅費合計は10万円を超える。しかも所要時間はわずか2時間で、前後のアクセスを含めても4時間あれば十分である。

これが私の大好きな鉄道を利用するとどうなるか。
最速パターンの、名古屋→(のぞみ)→東京→(はやぶさ)新青森→(スーパー白鳥)→函館→(スーパー北斗)→札幌、と乗り継ぐとする。年末年始は指定席が繁忙期料金となり、大人31,380円、子供15,670円、78,430円。所要11時間。いかに私が鉄道好きであっても、家族揃っての帰省手段にはちょっとなりにくい

こうして比較してみると、わが家の帰省に関する限り、飛行機のコストパフォーマンスが最も優れていると言えそうだが、1等船室利用で、ホテルに2泊したと考えれば、フェリーも皆さんのイメージほど高くないのではないかと思う。
ただし、所要時間が長く、外界から隔離される船旅においては、途中で複数回の食事を必ず挟まなければならない。すべての食事を陸上で買った弁当やカップラーメンで済ませるというなら別だが、船中での飲食にかかる費用もそれなりになる、ということを事前に計算に入れておかないと、後で財務大臣たる嫁と揉めるもとになる

ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 船旅ざんまい【5】太平洋フェリー「いしかり」(3) | トップページ | 一応住宅街の真ん中なんですが。 »

船の旅人」カテゴリの記事

コメント

少々揺れようが
少々高くても
私は飛行機を選びます 

投稿: buzzっち | 2013/01/23 21:54

ううむぅ、どう選んでもと~まんちだとすんごい出費になっちゃうなぁ
やっぱこれは、いかさまさんのブログを読んで行った気になっておくことにしようっと

投稿: と~まの夢 | 2013/01/24 00:05

>buzzっちさん
いつもありがとうございます。
値段の比較をするまでもなく、飛行機。
とても正常な感覚だと思います(笑)
移動の間も含めて旅を満喫しようと欲張るのは、悟りを開いた人か、私たちのような根っからの変人くらいでしょうね(苦笑)。

投稿: いかさま | 2013/01/24 22:38

>と~まの夢さん
いつもありがとうございます。
と~まさん家の家族構成を考えると、いざ旅となるとかなりの出費になりそうですね。
でもいつかは、清水の舞台から飛び降りたつもりで、いかがですか?
それまでは何とか頑張って、ここでと~まさんに楽しんでいけるよう努力します(笑)

投稿: いかさま | 2013/01/24 22:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 船旅ざんまい【6】船旅のお値段:

« 船旅ざんまい【5】太平洋フェリー「いしかり」(3) | トップページ | 一応住宅街の真ん中なんですが。 »