« 船旅ざんまい【6】船旅のお値段 | トップページ | いかさまマイカー列伝【番外】 »

2013/01/24

一応住宅街の真ん中なんですが。

先日の週末の話。

1泊2日の家族スキーから、19時過ぎに自宅へ帰ってくると、30cmほどの雪が自宅前を覆っている。私はスキー道具の後片付けを嫁に任せ、ママさんダンプを駆使して、駐車スペースに積もった雪を、裏の庭に運ぶ作業を黙々と繰り返した。

開始から30分ほど経過したのちのことである。裏の庭に雪を運んで一息つくと、庭の隅で、大量の雪に埋もれた植木がカサカサと音を立てて揺れている

別段風が吹いているわけでもなく、そもそも雪に埋もれているのだから揺れようもないはずなのだが、と一瞬不審に思う間もなく、突如植木が雪山から飛び出した。その瞬間、その植木の下にいた、灰色がかった生き物のつぶらな瞳と目が合ってしまった。

私は間抜けな叫び声を発して、あやうくその場にひっくり返りそうになった。後で考えるに、おそらく、「ほわっ!」というような、世にも情けない叫び声だったと推察される。

私が植木だと思ったのはエゾシカの角だったのである。

私はその瞬間、ママさんダンプを放り出して玄関へ一目散に走り、家の中に逃げ込んだ。刹那、鹿が私の方ではなく、隣家の方へ向ってサッと飛ぶのが見えたが、そんなものの行方を追えるほどの心の余裕は全くない
動物園や、地方の山中の道路でエゾシカを見たことはこれまでに何度もあるのだが、鼻先2mで剥製以外のエゾシカとお見合いしたのは初めてである

私は10分ほど家の中でゼェゼェと荒い息を吐き、落ち着いたところで恐る恐る再び庭に出てみた。ふかふかに積もっていた雪は、鹿がいたあたりだけ激しく散っており、そこから隣家に向かって、わが家の庭を斜めに幅50cmほどの筋が横切っている。おそらく鹿が腹を擦って走って行った痕跡だと思われる。隣家に降りた後の鹿がどこへ走り去って行ったかはわからない。

ほどなく近所から通報があったらしく、周辺をミニパトが巡回し始めた。私は鹿と対面した瞬間のあの恐怖におびえながらも、必要に迫られて、その後30分ほど除雪を続けた

以前のブログにも書いたが、私の住むあたりは、純然たる住宅街でありながら、背後に山を背負っているために野生動物が出没しやすい地域である。そういう意味では出没したのが熊でなかったのは不幸中の幸いではある。エゾシカはどちらかというと臆病で、人に危害を与える危険性は低い。

熊に出会ったら大声を出してはいけない。気付かれないようにそっとその場を去ること。
市の広報ページにはそう書いてある。
けれども、エゾシカ相手ですら絶叫してしまった私のことである。相手が熊だったらその場でジ・エンドだったに違いない。

ちなみに、この話を、後日出張した道東の農村地帯の町で飲んだ際に話したところ、地元出身の方々から、
そんなの当たり前ですよねぇ。うちの畑なんかもよく出るし。」
と一笑に付された。北海道、やはり恐るべしである。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ

|

« 船旅ざんまい【6】船旅のお値段 | トップページ | いかさまマイカー列伝【番外】 »

日常の旅人」カテゴリの記事

札幌の旅人」カテゴリの記事

北海道の旅人」カテゴリの記事

コメント

クマよりまし?なのか?なのか?
そりゃぁ、(@_@;)びっくりしますでしょぉ
植木と立派な角…( ´艸`)ムププ思いもしないものは、見えても自分の身近なものに脳内置換しちゃうのですね~
腰にこなくて幸いだったですね~
北海道、舐めたらあかんぜよぉ

投稿: と~まの夢 | 2013/01/24 23:12

>と~まの夢さん
いつもありがとうございます。
いや、間違いなく熊よりましです。襲ってくることはないそうですから。
先入観って恐ろしいですね。そんなところに鹿が出るなど思いもよりませんから、角ではなく雪山から先っぽが飛び出した庭木だと完全に思い込んでいたのです。
さすがは野生生物の宝庫、北海道です(笑)

投稿: いかさま | 2013/01/24 23:58

「ママさんダンプ」ってコレのことだったんですね
初めて知りました 

昨日の早朝、まだ暗いときにセンサーが感知して
ライトがパッと点灯し、びっくり
いややな へんな人(幽霊をふくむ)が立っていたら
どうしようとおもいつつカーテンを開けると
ちぃっちゃくて茶色いイタチでした
人騒がせな 

投稿: buzzっち | 2013/01/25 00:53

(^・^)こんばんは
鼻先2cm!突然に飛び出してきたら、それは驚きです
その場で腰を抜かさずお家まで走って逃げられた事は凄いなと思いました
それにしても、エゾシカさんは雪に埋もれて何をしていたんでしょうね
寒くなかったのかな{{ (>_<) }}

何はともあれ、クマさんでなくて良かったですね

投稿: tutatyan | 2013/01/25 02:18

・・・それはビックリですよね

私なら、腰が抜けていたと思います(笑)

ご無事でなによりです・・・

投稿: Shimo | 2013/01/25 21:26

>buzzっちさん
いつもありがとうございます。
「ママさんダンプ」は新潟県のメーカーさんの固有商品名なんだそうですね。けれども北海道では当たり前に一般名詞として使われています。

そちらではイタチですか。僕は見たことがありませんので、一度はお目にかかってみたいです。
鹿とか熊とか、大型の奴はもういいです(泣)。

投稿: いかさま | 2013/01/26 00:05

>tutatyanさん
いつもありがとうございます。
いやいや、2cmでなくて鼻先「2m」での邂逅です。
さすがに2cmだったら間違いなく腰を抜かしたと思いますよ(笑)

2m離れていても、一瞬、何が起こったのかまったくわかりませんでした(笑)

投稿: いかさま | 2013/01/26 00:08

>Shimoさん
コメントありがとうございます。
幸い腰を抜かさずに済みました。むしろ、妙な形で腰が引けたせいか、除雪疲れが腰に来なくて、ここ数日快調です(笑)

投稿: いかさま | 2013/01/26 00:11

ペコm(_ _;m)三(m;_ _)mペコ
失礼いたしました
...(*≧▽≦)ノシ))アハハ...あはは..

投稿: tutatyan | 2013/01/26 07:52

すごいなぁ…日々大自然と戯れていらっしゃるねですね…スゴク楽しそうだわァ、何もお金のかかるアトラクションとか要らない…わね(笑)

投稿: poem | 2013/01/26 11:47

>tutatyanさん
ノープロブレムです(笑)
むしろ2cmの方がネタとしての破壊力は高かったのでしょうが(爆)。

投稿: いかさま | 2013/01/26 23:11

>poemさん
コメントありがとうございます。
そうですね。天然サファリパーク状態ですね(笑)
でも正直に言うと、僕はあまり動物が得意でないので、植物園ぐらいで勘弁してほしいです(笑)

投稿: いかさま | 2013/01/26 23:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 一応住宅街の真ん中なんですが。:

« 船旅ざんまい【6】船旅のお値段 | トップページ | いかさまマイカー列伝【番外】 »