« 青春18きっぷの話【4】初めてのひとり旅(3) | トップページ | 今週雑感~東京ディズニーランド30周年 »

2013/04/14

青春18きっぷの話【5】初めてのひとり旅(総括)

1988年春、3泊4日の初めてのひとり旅は、総移動距離およそ1,970km、そのうち初めて乗車した鉄道路線は1,418.1kmに及んだ。今の私から見れば取るに足らない小さな旅ではあるが、15歳の私にとってはまさに「大旅行」であった。

この旅は、私に功罪取り混ぜさまざまなものを与えた。そのうちのひとつは、この旅が契機となって、両親が私を旅に出すことにそれほど抵抗感を感じなくなったことだろう。

私は小さい頃から、母の実家にひとりで遊びに行ったり、隣町へピアノのレッスンに通ったりと、「乗り物慣れ」していた。それでも泊りがけの旅となれば、両親は不安であっただろうと思う。
中途で「イベント参加」という集団行動があることも説得材料のひとつだったと思うが、いずれにせよ、4月2日にひとり家を送り出した息子が、事故にも事件にも遭遇することなく、4月5日にやはりひとりで帰ってきた。その事実は大きかったと思う。私自身もこの旅を通じてほんの少し大人になった気分だったが、両親もきっと子供の成長を感じたに違いない。

それから25年、私も親の立場になった。上の坊主は今年で10歳。私が小学校時代に経験したような場数は意外と踏んでいない。初めてひとりで乗せたバスで爆睡して寝過ごすなど、大物の片鱗は見せるものの、ひとりでどこかへ行かせるにはいかにも心許ない。私がひとり旅に出た年齢まであと5年。彼が「ひとり旅に出たい」と言った時、気持ちよく送り出してやれるかどうかは甚だ疑問である。

この旅がもたらした大きなもののもうひとつは、私自身が「旅に出る快感」を覚えたことだろう。これなどはまさに功罪相半ばするものである。

「功」の部分としては、旅に出ることを通じて、周囲の友達が体験できないような、見知らぬ土地の空気や、ふだん見ることのできない風景に触れる時間が増えたことが挙げられる。旅と鉄道を通じて知り合った友人も、貴重な財産になった。
これをきっかけに、私はさまざまな列車に揺られて、さまざまな土地へ出掛けて行くことになる。青春18きっぷを握りしめての日帰り旅行、周遊券を活用しての2~3泊の旅行に始まり、高2の春の2週間の九州旅行、大学時代の30日間日本一周へとつながっていく。

いっぽうで鉄道旅行の魅力に深くはまり込んでしまったことで、私の学生生活には少なからず影響を及ぼした。学校の机の中を時刻表が占めることで必然的に教科書の入る場所がなくなり、私の成績低下をもたらした。これなどは明らかに「罪」の部分である。

また、目的が「旅に出ること」から次第に「乗ること」、果ては「乗りつぶすこと」に変質していき、列車に乗ることそのものが目的という旅が増えていった。元来が完璧主義者の私は、一度手をつけたらとりあえずやらなければ気が済まないから、熱の高い低いはあるにせよ、いまだに鉄道全線制覇を目指して旅を続けている。けれども、東京や大阪の地下鉄電車を乗り歩いているときなど、自分はいったい何をしているんだろう、という喪失感にしばしば駆られたりすることもある。

ともかく、1988年のこの旅は、現在の私の基礎となる部分を確立した、非常に印象深い旅であった。現在に至る「いかさまトラベラー」生誕の瞬間である

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ  鉄道コム 

|

« 青春18きっぷの話【4】初めてのひとり旅(3) | トップページ | 今週雑感~東京ディズニーランド30周年 »

鉄道の旅人」カテゴリの記事

コメント

すごいね。旅人のアツイ感じか伝わってきて良かったですよ。何か自分が手なずけたもの(分野)を持っていれば、そこに行けば常に安心できるし、生理的に行ってしまうしものだし、無駄に人生を悩まなくてすむ。だからそういうもの失わずに大切にするって事は、いきいきと生きていく上で、本当に大事にしなきゃいけないココロの拠り所であり、その人のアイデンティティみたいなものだと私は思います。

投稿: poem | 2013/04/15 00:14

>poemさん
素敵なコメントをいつもありがとうございます。
今この歳になって思うのは、趣味を仕事にしなくてよかった、ということです。だからこそここまでのめりこみ、ある意味辛い状況下でも安心してよりかかれるのかもしれません。
若いころはやはり鉄道マンになりたいと憧れたものですが、何かの弾みに仕事への興味と趣味とを同時に失っていたかもしれない、と考えると、ゾッとすることがあります。

投稿: いかさま | 2013/04/15 21:53

薄々感じてはいたのですが
「元来が完璧主義者の私」
やっぱりそうでしたか!

鉄道全線制覇...
その先に何が待っているか
楽しみでもあり
その反動がちょっと怖いかも(笑)

投稿: buzzっち | 2013/04/16 08:52

「可愛い子には旅をさせろ」と昔から言いますが
中々本当の一人旅をさせる気持ちにはなれないもんですよね…ε=(・д・`*)ハァ…
大学生ともなると、もう手を出せませんが、
小学生や中学生は、なるべく手の届く範囲にいて欲しいですもんね
ただ、いかさまさんがそれによって、心の拠り所を作ることができたのは本当に大切な経験だったんだなぁって思います。

投稿: と~まの夢 | 2013/04/17 13:15

>buzzっちさん
いつもありがとうございます。お返事が遅くなりました。

そうなんです。気分は完璧主義者なのですが、その割に凡ミスや忘れ物がひどいので、「穴だらけの防弾チョッキ」状態です(笑)

目標は達成することに意義がありますが、いざ達成してしまったあとどうするか。これは課題ですね。
2週目にチャレンジするか、海外に目を向けるか、ですが、今まで以上に金のかかることになりそうです(笑)

投稿: いかさま | 2013/04/20 00:18

>と~まの夢さん
いつもありがとうございます。お返事が遅れました。

とにかく子供の日ごろの言動を見ていると、独りで旅になど出せるわけがないと思いますが、あえて挑戦させてみるのもテかな、と思っています。
自分の原体験の中にあることは、子供が望むのであれば、可能な限りかなえてやりたいですね。
子供たちがいつ、そういう部分で本気になってくれるか、寂しくもありますが楽しみではあります。

投稿: いかさま | 2013/04/20 00:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 青春18きっぷの話【5】初めてのひとり旅(総括):

« 青春18きっぷの話【4】初めてのひとり旅(3) | トップページ | 今週雑感~東京ディズニーランド30周年 »