« 関東1都6県乗り歩き【3】Because it is there.(その2) | トップページ | 関東1都6県乗り歩き【5】群馬のふたつの盲腸線(1) »

2013/06/18

関東1都6県乗り歩き【4】青梅線・五日市線・八高線

話はいくらか戻るが、高尾山から御岳山へ移動するにあたっては、京王高尾線で北野を経由して京王八王子へ、そこから歩いてJR八王子駅へ移動し、八高線で拝島へと向かった。これらの路線も、八高線の八王子-北八王子間を除いては、初めて乗る路線ばかりである。

Dscn2031 Dscn2032
拝島からは、御岳山に向かう前に、まず武蔵五日市までの五日市線を往復。青梅線の支線的な存在で、乗客も少ないのかと思っていたが、中央線と同じ近代的なE233系電車6両編成の車内は、意外と座席が埋まっている。終点の武蔵五日市駅も、郊外の終着駅としての体裁をしっかり整えており、整備された駅前広場に入ってくるバスからも、たくさんの乗客が降りてくる。

Dscn2034 Dscn2049
これに対して青梅線は、昭和レトロに彩られた青梅駅までは10両編成の特別快速が乗り入れてにぎやかだが、その先はくっきりと乗客が減る。列車も4両編成と短く、青梅以東とはうってかわって、幅の狭まった多摩川をはさむ谷あいをしずしずと進んでいく。同じ路線とは思えないほどである。終点の奥多摩駅も、山小屋風のしゃれた造りだが、どちらかというと都会の生活圏と言うよりは観光地の玄関というイメージが強い。帰りの車内はハイカーの姿が目立った。

Dscn2052 Dscn2053
拝島へ引き返して、今度は進路を北方向に取る。八高線から川越線に乗り入れる川越行きの普通電車で、高麗川へ。こちらは比較的平坦な郊外を走る。電化されてからまだ17年と、青梅線に比べると格段に日が浅いが、こちらの方がローカルムードは薄い。
高麗川駅は古い小さな駅舎だが、朱塗りの屋根と梁がアクセントになっていて何ともかわいらしい。

Dscn2051この先の八高線は一転して非電化になり、車両もボックスシートの2両編成とローカルムードが強くなる。高麗川発車時には半分ほど埋まっていた座席も、駅ごとに乗客の数が減り、空いていく。同じボックスに相席の客がいないのをいいことに、向かいの座席に長い脚を投げ出して窓枠にもたれると、猛烈な睡魔が襲ってきた。時刻は18時を過ぎ、今朝の活動開始からすでに14時間が経過している。小川町の駅名標を見た記憶はあるが、そこから高崎のひとつ前の駅、倉賀野までの記憶がほとんどない

同じく乗りつぶしを目指す同好の士からは、「それで乗ったことになるんですか」と批判を浴びそうだが、所詮は趣味の世界、各人なりのルールに則ってやっていけばよいのだから、細かいことは気にしない。30年前ならいざしらず、現代にあってはこの道の先人などごまんといるわけで、変わったことをしようと試みたところでそうそうあるわけではない。すでに一般の人々からすれば十分に変わっているのだから。

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ  鉄道コム 

|

« 関東1都6県乗り歩き【3】Because it is there.(その2) | トップページ | 関東1都6県乗り歩き【5】群馬のふたつの盲腸線(1) »

鉄道の旅人」カテゴリの記事

コメント

鉄道には疎い私ですが、
写真がたくさんあって楽しそうな雰囲気が
伝わってきます。
楽しんでる雰囲気が伝わるという事が、大事だよね~。
最近「鉄道○○」という言葉が気になってしまうんです
…どうもいかさまさんに毒された気がします(笑)。
やばいですね

投稿: poem | 2013/06/19 10:28

小川町~倉賀野間 約1時間(yahoo調べ)

アカン アカン 
いかさまさんに感化されつつあるわ 

投稿: buzzっち | 2013/06/19 12:32

確かに、皆さん感じておられるように知らず知らずのうちに「いかさまトラベラーの世界」にはまってきています。
ほんのり醸し出す「一般の人々からすれば十分に変わっている」気配。
楽しませていただいてます!

投稿: ミナゾウ | 2013/06/19 23:56

少しずつ毒されてくださった皆様(笑)、いつもありがとうございます。

>poemさん
コメントありがとうございます。
地元の人々の足、という日常と、私たちのような旅行者にとっての非日常が、鉄道、という舞台で融合するのですね。
100%観光地、というところも悪くはないですが、そういうありふれた風景ながら自分にとっては未知の領域、というところに、鉄道旅行の楽しさを見出す、と言ったら、きれいごとすぎるでしょうか(笑)

投稿: いかさま | 2013/06/21 00:30

>buzzっちさん
いつもありがとうございます。
わざわざYahooで調べていただいて恐縮です(笑)

疲れていたとはいえ、初見の地で居眠りしてしまったのは不覚ではありますが、多分のちのちまた訪れることもあるでしょうし、記録としては加えておきます。

投稿: いかさま | 2013/06/21 00:32

>ミナゾウさん
いつもありがとうございます。

マニアがマニアにしか全く内容の理解できない文章を書くのは簡単です。けれども、できれば私は、「なんかよくわかんない世界だな。でもちょっと変わったことをしてて、なんか面白いな」と、そう思っていただけるのが一番嬉しいのです。俄然やる気が湧いてきました(笑)

投稿: いかさま | 2013/06/21 00:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 関東1都6県乗り歩き【4】青梅線・五日市線・八高線:

« 関東1都6県乗り歩き【3】Because it is there.(その2) | トップページ | 関東1都6県乗り歩き【5】群馬のふたつの盲腸線(1) »