« 帰ってきました。 | トップページ | buzzっちさんとの一夜【2】 »

2013/07/26

buzzっちさんとの一夜【1】

前回の続き。これまでのあらすじは、こちら、もしくはこちらへ。

むんむんとした暑さの中、四条河原町の高島屋に着いたのは18時50分頃。待ち合わせ相手のbuzzっちさんは、と周囲を見回してみるが、それらしい人の姿はない。まだ待ち合わせの時間には間がある。私は店内のベンチに座って、店内や店外を眺めながらbuzzっちさんらしき人の姿を探したが、5分ほど経っても、それらしき姿は見当たらない。

と、携帯電話がポケットで震えた。buzzっちさんからである。私はもう一度周りを見渡したが、電話をかけている人は誰もいない。店の外へ出ると、私が座っていた場所からはちょうど死角になる建物の陰で、大柄な男性が携帯電話を耳に当てているのが見える。そしてその隣には、緑のワンピースを着た小柄な女性が立っている。buzzっちさんからのメールにあった、目印の服装そのままである。私は、この人だ、と確信した。しかし残念ながら、この人たちの視線は、まったく別の方を向いている

130x175_3「失礼します」と、おずおずと声をかけてみると、やはりbuzzっちさんであった。なるほど、アバターの雰囲気にきわめて近いが、表情はもっと柔和な方である。そして隣の女性が、ブログでもおなじみの奥様。さらに驚いたことには、大学生の娘さんまでご同行されている。普通このくらいの年代になると、両親と連れ立って歩くことなど気恥ずかしく、滅多にないだろうと思うし、まして今日はの他人(※注:シャツの色ではない)との初対面である。普通は誘ってもついて来ないだろうと思うのだが、このあたり、buzzっちさん一家の和気あいあいとした理想の家族像が透けて見える。

Dscn2543_2娘さんの案内で、先斗町を北へ歩く。花街の面影を色濃く残す、石畳の細い路地は、古めかしい建物が軒を連ねて趣深い。私はこの通りの雰囲気が大好きで、京都へ来るたびに歩いてみるのだが、一度舞妓さんとすれ違った時には、まるでタイムスリップしたような気分になり、非常に興奮したことを覚えている。

Img_0750 Img_0752
ご案内いただいたお店は、京の焼肉処「弘」 。その店構えからして風格が漂っている。まずは4人で乾杯。と、buzzっちさんは乾杯の風景をスマホで撮影。ややあって最初に運ばれてきたのは、昨今滅多にお目にかからなくなったユッケ。しかも黒毛和牛である。私はもはやよだれが垂れそうになっている。なにしろ、札幌を発って以来口にしたものと言えば、コンビニ弁当菓子パン菓子パンコンビニ弁当菓子パン→そば&ソースかつ丼→お祭り屋台の牛タン串→菓子パン菓子パン、という状態だったのだから、こんなものを食べたら胃袋がびっくりするに違いない。

そんな私の横で、運ばれてくるお肉を次から次へと写真に収めるbuzzっちさん。いや、buzzっちさんだけではない。奥様も娘さんも、スマホを構えてさながら大撮影会である。
なるほど、buzzっちさんの、あの画面から美味しさが漂ってくる素敵なブログは、日々このようにして生まれているのだ、と、私は妙に感心した。

もう1回続く。こちらからぜひ、buzzっちさんとのコラボも楽しんでいただきたい。

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ  鉄道コム 

|

« 帰ってきました。 | トップページ | buzzっちさんとの一夜【2】 »

日本の旅人」カテゴリの記事

食の旅人」カテゴリの記事

2013夏・関西の旅人」カテゴリの記事

コメント

いや〜ん (/ー\*)

タイトル見てあの夜
他に何かあったっけって
自分の体を触って確かめました (*^ω^*)ノ彡

投稿: buzzっち | 2013/07/26 05:43

楽しい出会いの様子面白く( ´艸`)プププ
いですねこのような出会い。楽しく読ませていただきました。(* ̄ー ̄*)感謝!

投稿: mitakeya | 2013/07/26 08:54

しまった(^_^;)
かけあいのようで、面白いから
buzzっちさんちも読者登録しちまった…
恐ろしい勢いで増えて、いずれチェック不能に陥るかも~

投稿: と~まの夢 | 2013/07/26 18:26

どっちを先に読もうか!
あっちもこっちもあ~忙しい
旅ネタどころじゃなくなったみたいですね

投稿: 姉さん | 2013/07/26 21:57

>buzzっちさん
いつもありがとうございます。
困った方ですね。まだ体がほてっているのですか。
ンもう(笑)

投稿: いかさま | 2013/07/27 00:27

>mitakeyaさん
コメントありがとうございます。
楽しんでいただけてなによりです。

buzzっちさんが随分このネタを引っ張っていらっしゃるので、後輩たる私もあまり加速をつけて話を進めるわけにもいかず…(笑)

もうしばらくお付き合いくださいませ。

投稿: いかさま | 2013/07/27 00:28

>と~まの夢さん
いつもありがとうございます。
buzzっちさんのブログも楽しんでいただけてなによりです。

低温の迫力と愉快な日々のと~まさん一家と、まったりとご夫婦でおいしそうな時間が流れるbuzzっちさん。
ブログの雰囲気もご家族の様子も違いますけど、どちらも家族への深~い愛情が伝わってくるところは共通してますよ。

チェック不能になっても、いかさまのことは忘れないでくださいね。

投稿: いかさま | 2013/07/27 00:31

>姉さんさん
いつもありがとうございます。
私とbuzzっちさんの術中に見事ハマっていただいたことも感謝いたします(笑)。
旅ネタは空いた時間にセコセコと書きためられて、いつ来るともわからぬ自分の出番を今や遅しと待ちかまえています。

投稿: いかさま | 2013/07/27 00:33

こんばんは!
楽しい旅だったようで良かったですね。
私も爆笑させていただきました!
buzzっちさんのほうも覗かせて頂いて、笑ってきました!
お二人の楽しい出会いのおかげで私も癒されました。
ありがとうございます!

投稿: ミナゾウ | 2013/07/27 20:47

>ミナゾウさん

双方のブログのご訪問、ありがとうございました。
こういう形での出会いも、嬉しいものです。私自身も癒されました(笑)。旅の印象の中でもひときわ強く残ってくれるような気がします。

この先は例によってマニアックなブログに戻ります。
引き続きお付き合いくださいませ(笑)

投稿: いかさま | 2013/07/28 03:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: buzzっちさんとの一夜【1】:

« 帰ってきました。 | トップページ | buzzっちさんとの一夜【2】 »