« 2013夏・関西鉄道乗りつぶしの旅【11】叡山電車と鞍馬山 | トップページ | 2013夏・関西鉄道乗りつぶしの旅【13】比叡山から琵琶湖、そして京都へ。 »

2013/08/25

2013夏・関西鉄道乗りつぶしの旅【12】京都側から比叡山へ

これまでの旅の経過は⇒こちら

Image1 Dscn2485
鞍馬から再び「きらら号」で引き返し、宝ヶ池でたった1両の八瀬比叡山口行きの小さな電車に乗り換え。ここから2本のケーブルカーを乗り継ぎ、比叡山を越えて滋賀県へ向かう。

Dscn2486 Dscn2488
1925年(大正14年)の開業以来という風格漂う八瀬比叡山口駅を出て、水浴びの客で賑やかな高野川を渡り、およそ3分でケーブル八瀬駅へ。まずは京福電気鉄道鋼索線、通称「叡山ケーブル」である。

Dscn2489 Dscn2494
叡山ケーブルは全長1.3kmと、路線長としてはミドルクラスであるが、高低差は561mあり、国内最大である。先ほど乗車した鞍馬ケーブルと比べると、路線規模・車両の大きさとも遥かに大きい。京福電気鉄道に属する鋼索線であるが、「2dayチケット」は使用できず、運賃530円、さらにその先のロープウェイ運賃310円を別途支払う。

Dscn2496 Dscn2497
10名ほどの乗客とともに頂上へ向けて登り、ケーブル比叡駅へ。所要時間は9分である。ケーブル駅から正面に100mほど歩くと叡山ロープウェイロープ比叡駅がある。このロープウェイに乗り継いで、比叡山頂へと向かう。

Dscn2499 Dscn2502
ケーブルカーやロープウェイなどに乗るたび思うのだが、よくぞこれほどまでに急峻な山中に建設したものと感心する。ここも例外ではない。昭和初期に、勾配の厳しい深い森の中に鉄塔を建て、ロープを這わせる工事の厳しさを思うと、乗っていても神妙な気持ちになる。比叡山頂駅までは所要3分である。

Dscn2503 Dscn2504
滋賀県側のアクセスルートである比叡山鉄道坂本ケーブルのケーブル延暦寺駅へは、比叡山頂からバス利用であるが、バス停は駅から離れている。
ガーデンミュージアムの脇を抜けて5分ほど歩いたバス停には京阪バスが客待ちをしていた。15時ちょうど発ということで、待ち時間は5分ほどと非常に好接続であるが、発車を待つ乗客の姿は少ない。ここまでは滋賀県側から比叡山ドライブウェイを経て自動車で登ってくることができるせいもあるのだろうか。


まだ続く。

ランキング参加中です。よろしかったら、ポチっとな
にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ  鉄道コム

|

« 2013夏・関西鉄道乗りつぶしの旅【11】叡山電車と鞍馬山 | トップページ | 2013夏・関西鉄道乗りつぶしの旅【13】比叡山から琵琶湖、そして京都へ。 »

鉄道の旅人」カテゴリの記事

2013夏・関西の旅人」カテゴリの記事

コメント

(^^)おはようございます
連日コメントで失礼します(__)
物心ついてからいつも思っていたのですが、(今は経営が分かれて叡電、嵐電となりましたが)当時の京福電車は、観光地を走っているのに何故か垢抜けなくて、とても親しみがあります
地下に潜る前の京阪電車もですが、家の間を走っているからでしょうか、私ん家の電車と云う印象
阪急電車は、やっぱり大阪の電車と云う感じかな...何となく都会のイメージ(笑)
叡山ケーブルの高低差そんなにあったんですか...道理で乗った時怖かった筈です(^^ゞ
比叡山は仏教の山だと思っているので、どんなことがあっても受け入れてしまいますがハハ

先のコメントで、“コッソリ教える”の件、了解です
こちらのコメントにてコッソリお教えしますね(^_-)-☆
でも、たぶん、いかさまさんの方がよくご存知ですよ..きっと

投稿: tutatyan | 2013/08/27 06:39

夏が終われば、チャレンジしてみたい行程ですね

でもこの暑い夏には、汗いっぱいになり

加齢臭臭いと言われる私にはちょっと不向きかも(笑)

投稿: buzzっち | 2013/08/27 22:14

>tutatyanさん
いつもありがとうございます。
京都という大きな街、そして観光面でも集客力の高い街にあって、市街地と郊外、観光地を結ぶ電車が1両あるいは2両編成というのは、私もにわかに信じがたいものがありますが(笑)、そのギャップがこれまた京都の魅力のひとつなのではないか、と思ったりしています。

鴨川べりを走る京阪電車は、鉄道ファンの間でも人気のスポットだったと聞きます。市街地を地下で抜けて、郊外で地上に上がって鷹揚に駆けていくマルーンの阪急電車は気品がありますが、風情は京阪の方が上だったかもしれませんね。

比叡山は京都側、大津側から入れるので、いつものようにケーブルカーに乗るだけでなく、自分の足でいくらかでも歩けたのはいい経験でした。

引き続きご指導、ご鞭撻をお待ちしています(笑)

投稿: いかさま | 2013/08/28 01:52

>buzzっちさん
いつもありがとうございます。

この行程は私自身も、珍しくナイスチョイスだったと自負しています(笑)
もう少し時間を費やして、延暦寺をゆっくりと見てみたい気もします。いつか再チャレンジしてみたいですね。

7月のあの時期、さすがに私自身も全身汗風呂に入ったような状態になっていました。ホテルでシャワーを浴びなかったら、きっとbuzzっちさん一家の皆さんの鼻が曲がるほど臭かったに違いないと思います。

投稿: いかさま | 2013/08/28 01:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2013夏・関西鉄道乗りつぶしの旅【12】京都側から比叡山へ:

« 2013夏・関西鉄道乗りつぶしの旅【11】叡山電車と鞍馬山 | トップページ | 2013夏・関西鉄道乗りつぶしの旅【13】比叡山から琵琶湖、そして京都へ。 »