« 2013夏・関西鉄道乗りつぶしの旅【2】近鉄志摩線と朝の英虞湾 | トップページ | 2013夏・関西鉄道乗りつぶしの旅【4】乱れたダイヤ、壊れた行程。 »

2013/08/03

2013夏・関西鉄道乗りつぶしの旅【3】近鉄・4つのローカル線

前回の続き。

Kansai03 Dscn2280
8時42分着の四日市で「みえ4号」を降り、駅前に伸びる街路樹に飾られた幅の広い通りを10分ほど歩くと、百貨店を合築した近鉄四日市駅である。ここからは、近鉄名古屋線から分岐する支線を4本、丹念に乗りつぶす。

Dscn2282 Dscn2284
まずは近鉄四日市-内部間の内部線と、途中の日永から分岐する八王子線。この2本の路線は、レール幅が762mmと狭い「ナローゲージ」である。近鉄の標準軌間が1,435mmだから、半分強の幅しかない。よって列車の幅も狭く、天井も低い。パステルカラーに塗られた電車の車内は、電車というよりは、旧型の乗合バスのような雰囲気である。

Dscn22859時12分発の八王子線西日野行きは、住宅街の中を、道路に挟まれて肩身狭そうに走る。ホームが逆八の字型に大きく開いた日永で内部線から分岐し、さらに大きく右にカーブすると、終点の西日野着。四日市からわずか11分である。路線名が示すとおり、かつてはこの先、天白川沿いに約1.7km先の伊勢八王子まで伸びていたが、1974年の水害で休止、その2年後に廃止となった。西日野駅も行き止まりとなった線路の先に移設されており、駅周辺に廃線の痕跡を見ることはできない。

Dscn2289 Dscn2287
日永に引き返して、今度は内部行きに乗車。こちらも乗客は少ない。朝夕は通勤・通学客で混雑するようだが、日中の3両編成は明らかに輸送力過剰である。
終点の内部までは約10分。駅は住宅街に埋もれるようにして立っており、バス通りからの入口も気を付けて探さないと見逃しそうである。駅前には「乗って残そう。内部・八王子線」と書かれた赤いのぼりが立っていた。

Dscn2292 Dscn2293
内部駅前から三重交通のバスで、鈴鹿線の平田町駅へ抜ける。国道1号線を経由して2時間に1本程度が運転されているが、この便の乗客は少なく、3~5人で終始推移する。自治体の補助対象路線にもなっているらしく、バス停には利用促進を促す貼り紙もあった。所要20分だが運賃は530円と高い。
平田町からは終業式を迎えたらしい高校生の下校集団に混じって、3両編成の鈴鹿線伊勢若松行きの電車に揺られ、名古屋線の普通電車に乗り継いで近鉄四日市へ戻る。

最後は湯の山線の普通電車で、湯の山温泉へ。歴史を紐解くと、湯の山線と内部・八王子線とは、もともと同じ三重交通の鉄道線で、同じ762mm軌間のナロー鉄道であった。1965年の近鉄への合併と前後して、湯の山線は本線筋と同じ標準軌間に改良され、名古屋・大阪からの直通特急が運転されるようになった。現在は夏季の土曜日限定で1本が運転されるだけで、ローカル輸送が中心になっている。3両ワンマン運転の車内には、私立とおぼしき小学生の姿が目立ち、菰野(こもの)からはこれに公立の小学生も加わって賑やかになる。

Dscn2295 Dscn2297
終点の湯の山温泉は、温泉と御在所岳への玄関口だが、平日の日中で観光客の姿は少ない。私も観光はせず、4分後の電車で折り返す。これで近鉄線508.1kmの全線完乗となった、その達成感だけで十分である。
折り返しの電車も高校生が多かったが、こちらも靴を脱いだりゴミを座席下に放置したりとやりたい放題。それも男女問わずである。志摩線といいここといい、どうも三重県の高校生の列車通学のお行儀は全般的によろしくない印象を受けた。

近鉄四日市で、名古屋行きの近鉄急行に乗り換え。ここまでは万事順調であった。


ちなみに、内部・八王子線の利用客数は、ピーク時の1970年からの40年間で半減しており、毎年3億円近い赤字を出している。昨2012年、近鉄から自治体に対し、鉄道を廃止し、線路敷きをバス専用道とする、いわゆるBRT(バス高速輸送システム)化が提案された。

両線を含む近鉄の支線区で実施されているワンマン運転の状況を見る限り、車内・駅での運賃収受方法に一貫性がなく、「取りこぼし」も相当な金額になるのではないかと思うが、それらの部分を徹底したとしても、現在の利用状況から見て内部・八王子線の今後の展望は厳しい局面にあることは間違いないようである。
老朽化が進む車両の寿命を勘案すると、方向性決定のタイムリミットは今年の夏だという。今後の動向が気になる路線である。

《参考資料》http://www.kintetsu.co.jp/all_info/news_info/121213utuhachi.pdf

続く。


ランキング参加中です。よろしかったら、ポチっとな
にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ  鉄道コム 

|

« 2013夏・関西鉄道乗りつぶしの旅【2】近鉄志摩線と朝の英虞湾 | トップページ | 2013夏・関西鉄道乗りつぶしの旅【4】乱れたダイヤ、壊れた行程。 »

鉄道の旅人」カテゴリの記事

2013夏・関西の旅人」カテゴリの記事

コメント

近鉄線全線完乗の際には、「よっしゃー」┗(^o^ )┓と
ガッツポーズでも決めたのですか(笑)

ここからの波瀾万丈が楽しみです

投稿: buzzっち | 2013/08/03 06:40

こんばんは
なつかしいですねぇ。
子どもが小さい時は四日市に住んでました。
記事を拝見して、JR四日市駅から
近鉄四日市駅までの通りを思い出しました。
息子は小さい頃は電車好きで、
社宅の窓から近鉄特急が見えて
とても喜んでいましたっけ。
近鉄全線完乗、おめでとうございます。
私もどこか、電車に乗りに行きたくなりました

投稿: 瑠璃 | 2013/08/03 20:29

>buzzっちさん
いつもありがとうございます。

私鉄界の巨人、近鉄が片付いたことは非常に喜ぶべきことですが、まだ乗らねばならないところが、近鉄の総路線延長の5倍近く残っていると思うと、ガッツポーズには至りませんでした(笑)

この先のお話も、buzzっちさんには確かマル「済」でしたよね。プレッシャーがかかります(笑)

投稿: いかさま | 2013/08/04 00:05

>瑠璃さん
コメントありがとうございます。

以前に四日市にお住まいだったのですね。私は実家がここから近い割には、降りたこともなかったのですが、同じ道路でつながっていても、ふたつの駅の雰囲気がまったく異なっていたのは印象的でした。

息子さん、小さい頃は電車好きだった、ということは、いまはそうでもないのでしょうね(笑)
それが普通ですよね。卒業しきれないまま大人になると、こんなふうになっちゃいますから(苦笑)。

お暇があれば、ぜひふらりと電車の旅においでください。

投稿: いかさま | 2013/08/04 00:10

(^^)おはようございます
取り敢えず、ここで一段落ですか...
「近鉄線508.1kmの全線完乗」
・:*:・゚'ヤッタネ!(b^ー゚) ∠※Pan!!。・:*:・オメデト~ゴザイマス・:*。・:*:・゚'☆
いつもながら、情景が見える記事で、こちら側で私も乗りものの旅を楽しんでおりましたm(_ _)m

それにしても、会社の同僚さん達は、優しい方ばかりのようで素敵ですね

投稿: tutatyan | 2013/08/04 06:11

こんばんは(^▽^)

毎日近鉄に乗っていますが、大阪府内をウロウロとしている普通にしか乗っていないので、八王子線や湯の山線などある、という事しか知りませんでした。
面白く読ませて頂きました。

これから、どんな旅が続くのかとても楽しみです。

投稿: きなこ団子 | 2013/08/04 23:07

>tutatyanさん
いつもありがとうございます。
情景、というよりは、目に見えたものを羅列しているだけでお恥ずかしい限りです。
近鉄線508.1kmの完乗は、今回の旅の中ではまだほんの序章に過ぎないですね。これからどんどんマニアの境地の奥深くへ入っていきます(笑)

この先もお付き合いお願いします。

投稿: いかさま | 2013/08/04 23:37

>きなこ団子さん
コメントありがとうございます。

近鉄は大阪方面と名古屋方面ではまったく別の表情を見せてくれます。どちらかというと名古屋方面の方がローカルムードは漂いますが、大阪側でも信貴線とか生駒線など、都市近郊の割にはのどかな雰囲気が漂います。

できるだけマニア臭を消していけるよう頑張ります(笑)。
引き続きお付き合いお願いいたします。

投稿: いかさま | 2013/08/04 23:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2013夏・関西鉄道乗りつぶしの旅【3】近鉄・4つのローカル線:

« 2013夏・関西鉄道乗りつぶしの旅【2】近鉄志摩線と朝の英虞湾 | トップページ | 2013夏・関西鉄道乗りつぶしの旅【4】乱れたダイヤ、壊れた行程。 »