« 秋の味覚 | トップページ | 台風の爪痕 »

2013/09/15

2013夏・関西鉄道乗りつぶしの旅【16】嵐山に憩う

これまでの旅の経過は⇒こちら

Dscn2574 Dscn2575
八幡市
から丹波橋へ戻り、連絡通路でつながった近鉄丹波橋から竹田乗り換えで、京都市地下鉄烏丸線の終点国際会館へ。折り返して四条で下車し、地下連絡通路で阪急の烏丸駅へ入る。いったん阪急京都線の河原町まで行き、特急電車で桂下車。

Dscn2578 Dscn2580
桂からの阪急嵐山線は、6300系電車によるワンマン運転。この電車はかつて、河原町-梅田間の特急に使用されていたもので、転用にあたり座席を減らして立席スペースを増やしているが、ささやかに並ぶ緑色の転換式クロスシートに、往年の面影を残している。

Dscn2581 Dscn2583
住宅街の中を抜け、西側から松尾山、東側から桂川が徐々に迫ってくると、8分で終点の嵐山着。桂川の右岸に立派な駅舎が建っている。京福電気鉄道の嵐山本線、通称「嵐電」の嵐山駅や、JRの嵯峨嵐山駅は、桂川の対岸にある。

Dscn2584 Dscn2593
風流な食堂や土産物屋が並ぶ嵐山公園の中之島地区をぶらぶらと歩き、渡月橋を渡って左岸へ出る。この辺りは小学校6年生の修学旅行以来で、実に29年ぶりの訪問である。平日だというのにおびただしい数の観光客である。外国人も多い。渡月橋の交差点を囲むように並ぶ土産物屋は、買い物客でどこも賑わっている。

Dscn2594 Dscn2596
おおむね先の行程も見えてきて、気分に余裕が出てきたので、どこかで甘いもので一服したいと思い、嵐電嵐山駅へ向かう道路から少し小路に入ると、なんとも雰囲気のある甘味屋を見つけた。「嵐山のむら」というその店は、一見民家風の建物で、中もそれほど広くはないが、突き当たりの窓からは小さな中庭が見えて、風流である。

Img_0758 Img_0759_2
一番人気は「ねぎ焼き」だそうだが、朝からの歩きで体が甘いものを欲しており、初志貫徹して「餡蜜」を注文。フルーツに彩られた餡蜜は、餡と蜜の甘さバランスがほどよく、美味しい。冷房の効いた店内で、中庭を見ながら餡蜜を舐め、持参の本に目を落とす。優雅な時間が流れる。

関西乗り歩きのエンディングまで、あとわずかである。


ランキング参加中です。よろしかったら、ポチっとな
にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ  鉄道コム

|

« 秋の味覚 | トップページ | 台風の爪痕 »

鉄道の旅人」カテゴリの記事

日本の旅人」カテゴリの記事

2013夏・関西の旅人」カテゴリの記事

コメント

こんにちは^^
関西に住んだ頃に心掛けていたことは、一度に欲張って
あちこち行ってしまうと、何年後かの記憶が混乱して
しまう。。。←実際、10年ほど前ツアーで京都旅行を
した時がそうでしたそういった反省から
せいぜい2~3ヶ所をじっくり廻るという事でした。
結果、嵐山方面へは春に秋にと10回以上足を運びました。
渡月橋の通行制限に遭ったことも今となっては懐かしい
思い出です

投稿: ターコイズ | 2013/09/15 10:56

私は学生時代には関西にいました。
国際会館、なつかしいです。宝が池ですよね。
阪急桂駅のすぐ駅前にも親戚が住んでました。
もう亡くなられましたけど
京都よりは奈良のほうが好きでよく歩いたので
そのうち京都もまたゆっくり巡ってみたいです
電車に乗るだけでも楽しそうだな

投稿: 瑠璃 | 2013/09/15 15:34

子連れでの新幹線の乗り方をいろいろと教えて頂きありがとうございました。アドバイスに従って9号車付近の早朝自由席を狙っていきます。多分、鉄道に関する様々なデータを覚えこんでおられるのでしょうね・・・歩く時刻表ですね(笑)いや~驚き、尊敬致しました。そして今後とも@いかさまトラベルのお世話になろうと思っておりますので、よろしくお願いいたします。鉄ノロケ話、存分に、心ゆくまでココでなさって下さいませ…私は毎回楽しく読ませて頂いておりますよ。ではでは。

投稿: poem | 2013/09/15 23:29

今日の渡月橋周辺の氾濫は驚きです。でも船で宿泊客を避難させている手際の良さは、さすが京都と思いました。
これ以上広がらないことを祈りつつ、いかさまさんの写真を懐かしく拝見しました。

投稿: キハ58 | 2013/09/16 13:07

>ターコイズさん
いつもありがとうございます。

本当に素敵な場所は、本来、時間をかけてゆっくりと回ってみたいものですね。鉄道の旅も同じです。残念なことに、住んでいる場所が場所ゆえ、なかなか訪問できないことと、とにかく「乗れねばならぬ」意識が強すぎるようで、どうしても駆け足になってしまいます。

ひと段落ついたときに、もう一度自分の気に入った場所をゆっくりと再訪してみる、というのもいいのかな、と思っています。嵐山も、その候補のひとつですね。
今回の台風被害には胸が痛みます。

投稿: いかさま | 2013/09/16 22:37

>瑠璃さん
いつもありがとうございます。

国際会館は残念ながら駅をちらりと眺める程度ですぐに引き返してしまったのですが、当初は国際会館から叡山電車の岩倉駅か宝ヶ池駅まで歩く計画もありました。行程変更でできなくなってしまいましたが。

古都、奈良・京都に商人と笑いの街大阪、国際都市神戸。
学生時代の多感な時期を関西地区で過ごした友人たちを、今この年になって、時々うらやましいと思うことがあります。

投稿: いかさま | 2013/09/16 22:42

>poemさん
いつもありがとうございます。
お役に立てたようでなによりです。いつでも、なんなりとご用命ください。場末の旅行代理店より頼りになると思います(笑)

とはいえ、何でもかんでも知っているわけではありません。聞きかじりやその場で調べたりとかで、なんとか対処していることもあります。現に今回も、久々に時刻表や雑誌をひっくり返して読みました。

女性の前ではいいカッコをしたい、ということですよ(笑)

投稿: いかさま | 2013/09/16 22:44

>キハ58さん
いつもありがとうございます。

さっそくブログ記事にしましたが、ちょっと考えられないくらいの増水ですね。周辺の民家や土産物屋、旅館などもかなり浸水したようで、胸が痛みます。
秋の観光シーズンを控えて、なんとか元通りの姿を早く取り戻してほしい、と祈っています。

投稿: いかさま | 2013/09/16 22:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2013夏・関西鉄道乗りつぶしの旅【16】嵐山に憩う:

« 秋の味覚 | トップページ | 台風の爪痕 »