« 2013夏・関西鉄道乗りつぶしの旅【15】男山ケーブルと石清水八幡宮 | トップページ | 秋の味覚 »

2013/09/09

オリンピックと鉄道

【祝・2020年東京オリンピック開催決定!】

ということで、相も変わらず鉄道がらみで蘊蓄を傾けてみたい。

オリンピックの開催には、大会を開催するため、あるいは国内外からの大量の観客をさばくためのインフラ整備が不可欠である。なかでも観客輸送の要である鉄道とオリンピックの関係は深い
ただし、もともと鉄道は、計画から着工、完成までにかなり長い期間を要するものである。よって、オリンピックのためだけに整備が決められたわけではなく、従前から計画されていたものが、オリンピックを機に成熟し、大会に間に合うように工事が行われ、輸送機関として活用された、というパターンが多い。

1.東京オリンピック(1964年)
P1045415東京オリンピックの開会式9日前、1964年10月1日に開業したのが東海道新幹線。東京-新大阪間は、途中名古屋・京都のみ停車の「ひかり」で4時間、各駅停車の「こだま」で5時間を要した。
新幹線構想は、古くは1940年に帝国議会で可決された「広軌幹線鉄道計画」、通称「弾丸列車計画」に遡る。東京-下関間に別線を建設、連絡船を挟んで朝鮮・満州と結ぶ壮大な計画で、1954年完成予定であったが、戦況の悪化により1943年に工事は中止されている。

この弾丸列車計画の後身が現在の新幹線に当たる。1958年に建設計画承認、翌1959年4月に着工された。東京オリンピックの開催決定は1959年5月26日のIOC総会だから、オリンピック決定が建設に直接作用したわけではないが、総延長515.4kmのビッグプロジェクトが、着工からわずか5年半で完成を見たのは、東京オリンピックの開幕が念頭にあったからに他ならない。

ちなみに首都・東京の鉄道インフラとしては、地下鉄日比谷線の全線開通、東京モノレール開業なども、オリンピックを目前に控えた時期の出来事である。

2.札幌オリンピック(1972年)
Spk_2114_00081972年といえば私が生まれた年であるが、この前年、1971年12月16日に、札幌市営地下鉄南北線、北24条-真駒内間が開業した。
1965年に策定された「札幌市都市交通機関計画」が基礎となっており、翌1966年4月のIOC総会での札幌オリンピックの開催決定よりも前である。けれども、オリンピックのメイン会場である競技場や選手村が真駒内地区に建設されたのは、地下鉄開通を前提としたものであり、地下鉄とオリンピックは裏表一体の関係にあったと言える。

ちなみに、オリンピックのメイン会場となった真駒内アイスアリーナ・オープンスタジアムは、この週末、「水曜どうでしょう祭」の会場として、一流アーティストのライブを上回る盛況となっていた。

※この写真は、JS3VXWの鉄道管理局 さんのHPから転載させていただきました。

3.長野オリンピック(1998年)
Pc305296_2長野オリンピック開催を控えた1997年10月1日に、長野新幹線高崎-長野間が開業、翌年のオリンピックへのアクセスとして大活躍した。
もともとは1970年の「全国新幹線鉄道整備法」に基づく、北陸新幹線の一部である。1988年に工事が決まった当初は、軽井沢-長野間は在来線(信越本線、現在のしなの鉄道)を改良して活用する「ミニ新幹線」が導入される予定であったが、長野オリンピックの開催決定を契機としてフル規格に変更された、という経緯があり、まさにオリンピックと鉄道の関係の深さを象徴している。

工事が遅れていた長野-上越-金沢間も、2014年度中の開業を目指して工事が進んでいる。本来ならば同時に開業するはずだったこの区間の沿線に配慮して、当初「長野新幹線」という不細工な名前で呼ばれていたこの新幹線だが、現在、金沢開業後の名称をめぐって、北陸3県と長野県が激しい火花を散らしている

※この写真は、長野新幹線の写真がなかったので、東北新幹線の同型車両を流用。


さて、2020年の開催が決まった2度目の東京オリンピックであるが、開催計画やその下地となる都市計画「2020年の東京」を見ても、鉄道に関する目新しい整備計画は見られない。強いて挙げれば「東京メトロと都営地下鉄の経営一元化」あたりが目玉だろうが、趣味的にそれほど面白い話ではないように思う。
それよりも羽田空港の機能強化、首都高速中央環状線、外環道、圏央道の整備など、どちらかというと航空と自動車交通中心のインフラ整備となりそうである。

JR東海が中央リニア新幹線を突貫工事で2020年までに仕上げるのもおそらく無理だろうし、鉄道趣味人としてはなんだか少しさびしいなぁ、という気がしないでもない。


ランキング参加中です。よろしかったら、ポチっとな
にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ  鉄道コム

|

« 2013夏・関西鉄道乗りつぶしの旅【15】男山ケーブルと石清水八幡宮 | トップページ | 秋の味覚 »

鉄道の旅人」カテゴリの記事

コメント

私的にもオリンピックは関係ないかな
開会式のチケットだけは、ぜひゲットしたいけど

投稿: 姉さん | 2013/09/09 06:01

※この写真は、長野新幹線の写真がなかったので、東北新幹線の同型車両を流用。

これに気づく人はいてるのでしょうか?(笑)

投稿: buzzっち | 2013/09/09 09:00

なつかしいですね。
団子鼻の0系。
ちなみに私は17歳ですけど、
オリンピックの翌年に産まれましたー

投稿: 瑠璃 | 2013/09/09 18:24

こんばんは

2020年の東京,,,日本の景観や環境を
見て知って、どんな風に感じるのかが楽しみです。
どれだけの目標が結果となっているのでしょう!?
時代によって、鉄道も随分と様変わりしているんですね~

投稿: 空色ナナイロ | 2013/09/09 23:33

>姉さんさん
いつもありがとうございます。

オリンピックの開会式は、いつの大会でも非常にきらびやかで、かつ感動的ですよね。
言われてみると、私も「何が一番見たい?」と聞かれると、どの競技よりも開会式かもしれません。

投稿: いかさま | 2013/09/10 23:55

>buzzっちさん
いつもありがとうございます。

普通の方でしたら、たぶんいらっしゃらないと思います(笑)
ただ、ここには「その筋の方」もご来訪されますので、ちゃんと書いておかないと、
「背景が違う。これは新青森駅ですね」
とか言われたら恥ずかしいので、防御線を予め張っています(笑)

投稿: いかさま | 2013/09/10 23:57

>瑠璃さん
いつもありがとうございます。

瑠璃さんと私はある意味お仲間かもしれませんね。
私も、札幌オリンピックの年に生まれましたが、
今年で28歳ですから(笑)

投稿: いかさま | 2013/09/10 23:58

>空色ナナイロさん
いつもありがとうございます。

あと7年…これまで生きてきた時間を振り返ると、7年なんてあっという間なのでしょうが、それでも街の風景はきっと大きく変わるのでしょうね。
してみると、鉄道に限らず、今の東京、あるいは日本の姿を記録しておく、そんなことものちになって比較してみたときに、面白いかもしれませんね。

投稿: いかさま | 2013/09/11 00:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オリンピックと鉄道:

« 2013夏・関西鉄道乗りつぶしの旅【15】男山ケーブルと石清水八幡宮 | トップページ | 秋の味覚 »