« 東京近郊落穂ひろい【1】日暮里・舎人ライナー | トップページ | 東京鉄道落穂ひろい【3】埼玉の鉄道乗り歩き »

2013/10/10

東京鉄道落穂ひろい【2】上野動物園の…

前の記事を見返して、「うーん、やっぱりマニアック過ぎるか…」とひとしきり反省したいかさまです。

今回は少しだけソフトタッチで。


これまでの旅の経過は⇒こちら

Dscn2776_2見沼代親水公園から引き返した私は、日暮里の手前、西日暮里で日暮里・舎人ライナーを降り、東京メトロ千代田線に乗り換えて根津駅へ向かった。
ここから南の方角へ数百メートル歩いたところに、上野動物園池之端門がある。ここで私は600円の入場料を払い、動物園の中へ入った。

上野動物園といえば「パンダ」である。一般的にはそういうことになっている。
ただし、その筋の人々にとってはそうではない。何しろ私は幼少時代、せっかく上野まで来ながらパンダなんぞに目もくれず、上野駅でひたすら電車の写真を撮っていた 前科がある。そんな私が、貴重な時間を割いて上野動物園でパンダ見物をするわけがない

目的は東京都交通局上野懸垂線である。

Dscn2784上野動物園に行かれたことがある方はおわかりだろうが、動物園の広い敷地は、池之端門のある西園と、正門やパンダ舎のある東園とに分かれており、動物園通りと呼ばれる公道で隔てられている。両園は「いそっぷ橋」という歩道橋で結ばれているが、もうひとつ、両園を行き来する手段としてモノレールが走っている。これが上野懸垂線、通称「上野動物園モノレール」である。
当然だが動物園来園者しか乗ることが出来ないので園内遊戯施設のようだが、先に述べた公道を跨ぐために、鉄道事業法に基づく交通機関になっている。

私はこのモノレールに乗るため、41歳にして初めて上野動物園にやって来たのである。

Dscn2777 Dscn2778
池之端門からフラミンゴ舎を横目で見ながらまっすぐにモノレール西園駅へ急ぐ。150円の乗車券を買って、ずらりと家族連れが並ぶ列の最後尾につく。ネクタイこそしていないものの、礼服姿で大きな荷物を持った私は明らかに場違いである。

わずか0.3kmを1本の列車が行ったり来たりするこのモノレールは、ピーク時でも8分間隔での運転が限界。定員も62名と小さく、2本発車を見送り、じっと乗車の時を待つ。

Dscn2779 Dscn2782
ようやく順番が来て、2両連結のモノレール車両に乗り込んでみると、先ほど乗った日暮里・舎人ライナーよりさらにひとまわり小さい車両で、頭がつかえそうである。ベンチ式のシートが中央に並んでいるものの、椅子は小さく、どうみても園内遊具の域を出ていない

発車するとすぐ、西園を俯瞰しながら左回りに大きな弧を描いて進む。地上から子供たちが華やかなモノレールを見上げている。動物園通りを跨ぐと、左手に道路、右手に森を見ながら走る。短距離ながら風景はめまぐるしい

乗車時間わずか2分弱で、モノレール東園駅に到着。実にあっけない幕切れであるが、これでも1路線完乗は完乗である。ただ、このわずかな乗車のために、運賃150円+入園料600円、計750円を投資したと思うと、いかにももったいない。そのくらいの感覚は私にも存在している。

Dscn2786 Dscn2789
チェックインの時間まであまり余裕はないが、私はとりあえずパンダ舎へ向かった。行列ができているようだったらそのまま帰ろうと思っていたのだが、幸いなことに行列は出来ておらず、待つこともなく私はパンダの檻の前に立った。2頭のジャイアントパンダは、私の場違い極まりない服装も全く気にすることなく、アニアニアニと笹をかじっていた。

結果的にパンダよりモノレールの方が長い時間並んだことになるわけで、普通の感覚からすると非常に不思議な状況に思えるのだろうが、私はこれで600円分の元は取ったぞ、とひとり満足して、ホテルへ、そして友人の結婚式会場へと向かった。

続く。


ランキング参加中です。よろしかったら、ポチっとな
にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ  鉄道コム

|

« 東京近郊落穂ひろい【1】日暮里・舎人ライナー | トップページ | 東京鉄道落穂ひろい【3】埼玉の鉄道乗り歩き »

鉄道の旅人」カテゴリの記事

2013東京近郊落ち穂拾い」カテゴリの記事

コメント

どうみても私には、いかさまさんの場違い極まりない服装に
シンシンが目尻を下げてニアニア笑っているようにしか
見えないんですが  ┐(´(エ)`)┌

投稿: buzzっち | 2013/10/11 05:15

ごめんなさいコメントの書きようがないんです
ただ、乗りつぶしの記事は、ちゃんと読んでます。
上野動物園のモノレールは、乗ったことがありません。
歩いて通りました。
この頃は、美術館のほうに行くことが多いかな?

投稿: 姉さん | 2013/10/11 06:01

(^^)おはようございます
(○ ´艸`)ムププ モノレールのあのカラフルなベンチ型シートに
ちょこなんと座っておられる、いかさまさんを見てみたい
それにしても、鉄道乗りつぶしにかける、その魂に感動です☆(人゚∀`)

投稿: tutatyan | 2013/10/11 08:13

こんにちは^^
いかさまさんの信念というか情念を感じずにはいられません。
とても興味深く拝見していますよ。
ところで、記事とは直接関係ないことで申し訳ないですが。。。
実はうちのお父ちゃんが今日から長野に出張なんですが、
地元の新聞社の創刊140周年記念事業として、「元気な地方に学ぶ」というテーマで
講演をするのですが、もう1人、講師として呼ばれているのが、今年7月にJR線完乗を果たした
木村裕子さんという方です。若い女性の目線から
ローカル線“元気復活”のためのアイディアを語られるとか。
いかさまさんなら、この鉄道アイドルといわれる木村さんを
ご存知かな?といつか伺ってみたいと思ってました
うちのお父ちゃんのテーマは、勿論「くまモンに学ぶ地域活性化~誕生から今日までの軌跡(奇跡)」です
スミマセン、長々と失礼しました

投稿: ターコイズ | 2013/10/11 14:10

面白い!
いかさまさんのスルメ味がよく出ておりますね。
礼服で1人で、初めての上野動物園はいかがでしたか?
パンダもビックリですね。
も〜笑っちゃう!
このモノレールには私も何度か乗っていますが、楽しかったですよ!
パンダを見ているいかさまさんは見たかったですねぇ〜!

投稿: ミナゾウ | 2013/10/11 16:28

おまけとはいえ、ゆっくりパンダの写真も撮れたのですから
万々歳というところでしょうね
お子さんたちに自慢できたんじゃありませんか?

投稿: 瑠璃 | 2013/10/11 17:39

さすが!いかさま。パンダよりモノレール。
パンダもいかさまの姿に( ´艸`)プププ

投稿: mitakeya | 2013/10/12 09:31

>buzzっちさん
いつもありがとうございます。

しかし毎度うまいこと言いますね(笑)
ということは、パンダを挑発すると、連中の目のあの
黒い部分は吊り上がったりするんでしょうかね(笑)

追伸:おいしい贈り物をありがとうございました。

投稿: いかさま | 2013/10/13 00:16

>姉さんさん
いつもありがとうございます。
かえって気を遣わせてしまって申し訳ありません(笑)

歩いても行き来することができる上野動物園の西園・東園の間を、お金を払ってモノレールで行き来する人がどのくらいいるのかと思っていましたが、意外と多いのですね。やはり遊具感覚なんだろうと思います。

美術館・博物館も、鉄道抜きであればゆっくり眺めてみたいですね。

投稿: いかさま | 2013/10/13 00:22

>tutatyanさん
いつもありがとうございます。

あのパステルカラーのシートにちょこなんと座っている、礼服姿のモノトーンな私の姿は、それはそれでしっくりと来るのではないか、と思います(笑)。

周囲の冷ややかな視線さえなければ、ですが。

投稿: いかさま | 2013/10/13 00:24

>ターコイズさん
いつもありがとうございます。

木村裕子さん、お名前は伺ったことがあります。
「鉄道アイドル」と呼ばれる方は何人かいらっしゃるようですが、一番耳にする頻度が高いお名前ですね。
詳細はよく存じ上げないのが残念ですが、ひと昔前には女性とは無縁と言われたこの趣味の世界に、そういうジャンルが確立するというのは隔世の感があります。

ただ、「ローカル線元気復活」という、軽くマニアックな話題が、地方発信のキャラクターの最大級の成功例と言われるくまモンと並列に扱われていいのか、という疑念は残ります(笑)

投稿: いかさま | 2013/10/13 00:35

>ミナゾウさん
いつもありがとうございます。
今回もじっくり噛んで味わっていただいたようで幸いです(笑)。

パンダもじっくり見られましたし、初めての上野動物園はなかなか楽しかったですが、やはりあそこはひとりで行くところではありませんね。ましてや礼服姿で行くようなところではないです(笑)。
パンダを見ている私の姿より、その姿を眺めている周囲のお客さんの姿の方が、楽しめるかもしれませんよ。

投稿: いかさま | 2013/10/13 00:39

>瑠璃さん
いつもありがとうございます。

これまで常に、「近くまで行って寄らずに帰る」を実践してきた私としてはかなり珍しいパターンですが(笑)、パンダも生で見るとなかなかかわいらしいものですね。

ただ子供には、今回お父さんが上野動物園に行ってきたことは内緒なのです。
「ずるいッ!!」って絶対なりますから(笑)

投稿: いかさま | 2013/10/13 00:43

>mitakeyaさん
いつもありがとうございます。

そうですね、今のところはパンダよりモノレール、で間違いありません(笑)。
パンダはおそらく、自分と同じ白黒モノトーンの私を見て、きっとシンパシーを感じていたことと確信しています。

投稿: いかさま | 2013/10/13 00:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東京鉄道落穂ひろい【2】上野動物園の…:

« 東京近郊落穂ひろい【1】日暮里・舎人ライナー | トップページ | 東京鉄道落穂ひろい【3】埼玉の鉄道乗り歩き »