« 東京鉄道落穂ひろい【4】西武各線乗りつぶし | トップページ | 東京鉄道落穂ひろい【6】江ノ島海岸・3つの鉄道路線(1) »

2013/10/22

東京鉄道落穂ひろい【5】競馬場・動物園・公園…

これまでの旅の経過は⇒こちら

立川から南武線の電車で府中本町駅下車。次に目指すのは、京王競馬場線である。

JR府中本町駅と京王府中競馬正門前駅は、いずれも東京競馬場の最寄駅である。パチンコからなかなか卒業できない私は、競馬に関してはもう10年も前に卒業しており、競馬場そのものには用はない。ただ、行き止まり線の京王競馬場線をただ往復するのも芸がなく、両駅の間を歩いてみようと思う。地図で見ると、競馬場の外に沿って、徒歩10~15分程度の距離のようである。

Dscn2869 Dscn2870
駅の外へ出るつもりでホームから改札へと向かっていったが、なんとなくふらふらと競馬場の開場日に限って開かれるという「臨時改札口」を抜けた。本来の改札とは反対側である。
改札の先には「フジビューブリッジ」と呼ばれる横断橋が伸びている。この日はレース開催がなく、16時近くということもあって、行き違う人の姿は多くないが、中山競馬場でGⅠレースが開催されているらしく、閑散としている状態ではない。

Dscn2871 Dscn2874
数百mも歩くと、そのまま東京競馬場の西門に出た。抜けるような青空の下に、鮮やかな緑色のターフが広がっている。巨大なメインスタンドの入口は、まだたくさんの来場客で賑わっている。メインスタンド内の案内所で、府中競馬正門前駅へのルートを聞くと、階段を上って建物の中を抜けていくのが一番近いと教えてくれた。

Dscn2875 Dscn2876
フジビュースタンドと呼ばれるメインスタンド内は、ちょっとしたショッピングモールのような雰囲気のおしゃれな空間になっている。ひと昔前の、外れ馬券の屑が地面に散らばる競馬場のイメージは、そこにはない。
そこをしばらく歩くと、正門へ出る歩道橋があった。歩道橋の脇には出走前の競走馬が至近で見られるパドックがある。通はこちらで馬の状態を確認してから購入する馬券を決める。

Dscn2877 Dscn2879
歩道橋をまっすぐ歩くと、府中競馬正門前駅に出た。府中本町駅からゆっくり歩いて20分ほどの、なかなか愉快な散歩であった。
駅構内はレース開催日の賑わいを想定してか非常に広いが、今日は残念ながらその広さを持て余している。

Dscn2878_2それでも京王競馬場線の東府中ゆき電車は、競馬場帰りの客で、8両編成の座席がさらりと埋まるほどの乗り具合。緑地公園の中を抜けて住宅街に入っていくとすぐ、左手から京王線が合流してきて東府中に着く。大半の乗客は、新宿方面行きの電車に乗り継ぐ。八王子方面の電車は接続があまり良くない。あらためて地図を見ると、特急停車駅でもある府中からでも、競馬場までは徒歩10分ほどである。ちなみに、西武多摩川線の終点、是政駅からも、競馬場へは徒歩15分ほどだという。

私はこの後、京王動物園線(高幡不動-多摩動物公園)、東急こどもの国線(長津田-こどもの国)を乗りつぶし、さらに横浜市営地下鉄をコンプリートして、関内駅近くのホテルに入った。
前2線は行楽地へのアクセスとは言え郊外住民の生活路線、横浜市営地下鉄は地上に出たり地下に潜ったりと目まぐるしかったものの、所詮は都会の地下鉄路線で、乗りつぶしの楽しさを味わうには程遠かった。

そういう状況が長く続くと、いかに鉄道好きの私とはいえ、欲求不満に近い状況になる。
Dscn2898私はその夜、自分は一体何をしているんだろう、と自問自答しながら、カップルがベンチを埋める山下公園にひとりたたずんだ。
言う人に言わせれば、その行為自体が「何をしているんだろう」に相当するものらしいが、それはまた別の話である。


続く…。


ランキング参加中です。よろしかったら、ポチっとな
にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ  鉄道コム

|

« 東京鉄道落穂ひろい【4】西武各線乗りつぶし | トップページ | 東京鉄道落穂ひろい【6】江ノ島海岸・3つの鉄道路線(1) »

鉄道の旅人」カテゴリの記事

2013東京近郊落ち穂拾い」カテゴリの記事

コメント

こんばんは^^
丁度1年前くらいに行きましたよ。
ここの競馬場
ドレスコード有りのスペシャルな部屋から眺めた
貴重な経験でした。お天気はまあまあでしたが、
残念ながら富士山は見えなかったなあ
横浜市営地下鉄も、地上を走る区間によく乗ったものです。
(ブルーライン)

投稿: ターコイズ | 2013/10/22 22:45

首都圏の鉄道乗り歩きをこれだけ楽しい文章にできる才は変わらないなあ、と思いながら読んでます。

競馬場線、私は是政から歩いて乗りました。
歩きを挟むと、効率的かつなかなか面白くなりますね。

投稿: miyap | 2013/10/22 23:06

こんばんは!
これって、1日で乗れるものなんですか…?
ものすごい距離に感じますけれど…
前回からの感じからいって、ずうううっと退屈な状況だけれど途中ちょっと息抜きに散歩して、またずうううっと退屈してやっと到着…?
最後に1人山下公園…
読む方は、とても楽しいです!

投稿: ミナゾウ | 2013/10/23 00:02

う〜ん なかなかコメントができない 
ツッコミどころは、どこですか?(←人に聞くな!)

やっぱりここでしょうか
>私はその夜、自分は一体何をしているんだろう、と自問自答しながら
>カップルがベンチを埋める山下公園にひとりたたずんだ。
ホテルに入ったのに山下公園でたたずむいかさまさん
一体何が目的だったのでしょうか?(笑)

投稿: buzzっち | 2013/10/23 00:04

おはようございます。いかさま。
府中競馬場の様子、懐かしく読ませていただきました。
昔、学生の分際でバイトの金をにぎってはハイセイコウやらスピーシンボリ、タニノムーティエ、・・・ectの応援に駆けつけたものです。
以前とはずいぶん変わったとは思いますが、おぼろげながら思い出しました。
パチンコはさすがに年金生活者には負担が大きすぎ止めましたですけど。今はギャンブルなしの生活ですね。

投稿: mitakeya | 2013/10/24 07:40

>ターコイズさん
いつもありがとうございます。

競馬場にはそんな立派なVIPスペースもあるのですね。
そんなお部屋に入れるターコイズさん、素敵です(笑)。
天気が良いと富士山が見える、ゆえに「フジビュー」なのですね。
私はいつも、WINS札幌の、外れ馬券とマークカードが散乱するフロアが定位置でした。

そんな優雅な雰囲気ならば、馬券を買いつつレースを眺めるのも悪くないですね。ただし、今のいかさまさん、差し当たり先立つものがありません(泣)。

投稿: いかさま | 2013/10/24 23:11

>miyapさん
いつもありがとうございます。
お褒めいただいて、なんだか背中のあたりに虫が這っているような気分です(笑)。

盲腸線の乗り歩きは、歩きやバスを組み込むことで、効率的かつ面白くなりますね。気がつくたびにちょこちょこと組み込むようにしていますが、ブログのネタにもバラエティが出てきて、1粒で二度おいしくなります(笑)。

投稿: いかさま | 2013/10/24 23:13

>ミナゾウさん
いつもありがとうございます。

はい、十分1日で乗ることができます。第3弾から今回まで、すべて9月29日の出来事です。
地方へ出掛けると、見るものすべてが新しく、ゾクゾク感がほぼ日中持続するのですが、都会の電車はやはり風景の面白みには欠けますね。でも、それなりに新しい発見があったりして、楽しめるものですよ。

読むだけじゃなく、ぜひこちらの世界へもどうぞ(笑)

投稿: いかさま | 2013/10/24 23:16

>buzzっちさん
いつもありがとうございます。

この不可解かつマニアックなブログの中に、針に糸を通すが如くささやかなツッコミどころを探しては差し込んでくるのがbuzzっちさんの腕の見せどころではありませんか(笑)

山下公園は単純に夜景が好きなので出掛けたのですが、どうかするとそこらじゅうからチュッチュと音が聞こえてきそうな状況に、物思いとは別によからぬ妄想が襲って来そうでした。

別段それが目的だったわけではないのですが(笑)

投稿: いかさま | 2013/10/24 23:19

>mitakeyaさん
いつもありがとうございます。
この近くにお住まいだったことがあるのですね。
ハイセイコーとは懐かしい。私は昔の映像と、増沢末夫の歌でぐらいしか存じ上げませんが、競馬華やかなりし時代ですね。

ギャンブルなんかしないに越したことはないのでしょうが、会社の両隣りがパチンコ屋という困った環境なものですから(笑)、なかなか足を洗えずにいます。

投稿: いかさま | 2013/10/24 23:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東京鉄道落穂ひろい【5】競馬場・動物園・公園…:

» 競馬の神様と女神のパーフェクト馬券メソッド〜 [競馬の神様と女神のパーフェクト馬券メソッド〜]
大川慶次郎〜競馬の神様と女神のパーフェクト馬券メソッド〜http://aspgood.web.fc2.com/toku7.html [続きを読む]

受信: 2013/10/25 13:49

« 東京鉄道落穂ひろい【4】西武各線乗りつぶし | トップページ | 東京鉄道落穂ひろい【6】江ノ島海岸・3つの鉄道路線(1) »