« 東京鉄道落穂ひろい【6】江ノ島海岸・3つの鉄道路線(1) | トップページ | 東京鉄道落穂ひろい【8】神奈川・大山ケーブル »

2013/10/27

東京鉄道落穂ひろい【7】江ノ島海岸・3つの鉄道路線(2)

Img_0964
こんばんは。珍しく自宅で晩酌などと決め込んでみたいかさまです。いい感じで酔いが回っております。

これまでの旅の経過は⇒こちら


藤沢から品川、新宿から伊勢原とぐるりとひと回りし、14時過ぎ、藤沢に帰着。順調に進んだ行程のおかげで、18時30分の帰りの飛行機まではまだいくらか時間がある。そこで、次回まわしにする予定だった江ノ電もこの際片付けておくことにする。

Dscn2953 Dscn2955
江ノ島電鉄
、通称「江ノ電」は、藤沢から江ノ島を経て古都鎌倉を結ぶ、鉄道ファンのみならず観光客にもなじみ深い路線である。鉄道にはほぼ縁も興味もない私の嫁も、一部区間ではあるが江ノ電に乗ったことがある、と私に自慢する。先を越されて正直気分が悪かったのだが、ようやく私にも機会が訪れた。

Dscn2956 Dscn2959
14時24分藤沢発の鎌倉行き電車は、一般車両2連とレトロ調車両2連を連ねた4両編成。レトロ調の先頭車に乗るが、車内は至って普通の通勤電車風である。
江ノ島までは住宅街の中を進む。西側を「く」の字型に進む小田急江ノ島線に対して、江ノ電はその内側をややショートカットするように走るが、途中駅の数は圧倒的にこちらが多く、のんびりしている。

Dscn2961 Dscn2962
江ノ島から、右手に車庫を見ながら進むと路上に出た。変形交差点で右に折れ、そのまま道路の上を走っていく。よくある地方鉄道の風景から一転、路面電車になった。ただし、地方都市の路面電車と比べると、道路幅ははるかに狭く、線路も単線である。そのまま500mほど道路上を進み、腰越駅の手前で再び専用軌道に入る。

Dscn2965 Dscn2968
腰越を出てしばらく走ると、突然正面の視界が開けた。相模湾である。ここから先しばらく、電車は相模湾と、それに沿って走る国道134号線に並走する。途中の峰ヶ原信号場で、青を基調にしたレトロ電車とすれ違う。その先、七里ヶ浜でいったん海から離れるが、すぐにまた海岸へ出る。何とも風景の転換が目まぐるしい。すれ違う電車もバラエティに富み、飽きのこない路線であることと感心する。

Dscn2971 Dscn2972
稲村ケ崎
からみたび内陸に入り、長谷寺や鎌倉大仏の最寄駅となる長谷駅などを過ぎると、終点、鎌倉駅。全線の所要時間は34分で、ミニトリップにはちょうどいい。この週末は東京近郊の単調な私鉄乗り歩きが大半を占めたが、最後にはすこぶる楽しい電車が待っていてくれた。私は十二分に満足して、JRと京浜急行を乗り継ぎ、羽田空港へ向かった。


まだ、続く。


ランキング参加中です。よろしかったら、ポチっとな
にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ  鉄道コム

|

« 東京鉄道落穂ひろい【6】江ノ島海岸・3つの鉄道路線(1) | トップページ | 東京鉄道落穂ひろい【8】神奈川・大山ケーブル »

鉄道の旅人」カテゴリの記事

2013東京近郊落ち穂拾い」カテゴリの記事

コメント

ビールのあてがカマンベールといちご大福?
どっちかというとワインのほうがええんちゃうん

奥様の「手」と思わせといて
自分の『手」だったりして
自作自演の両手カンパイ?(笑)←どうやって写真撮るねん!

投稿: buzzっち | 2013/10/27 23:11

>buzzっちさん
こんばんは。反応早すぎです(笑)

この写真は相当にbuzzっちさん一家のノリを意識して撮ってみました。左側は間違いなく嫁の手であります。
「えー何?なんでそんな写真撮るの?」と相当不審がられましたが(笑)

このビール「SAPPOROクラシック」は北海道限定ですが、中でも季節限定の「富良野ビンテージ」、大福は北海道産もち米を使った名寄市風連町産。カマンベールも北海道のよつ葉乳業品と、北海道攻めにしてみました。

投稿: いかさま | 2013/10/27 23:20

江ノ電の藤沢駅ですねぇ
江ノ電は、乗るのも見るのも大好きです。
滅多に乗りませんけど
その路面電車の感じ、いいですよね。
民家に接近した線路も・・・なかなか風情があります

投稿: 瑠璃 | 2013/10/28 15:56

こんばんは!
冒頭は確かにbuzzっちさん風味ですが、とっても良い感じですよ!
江ノ電の民家の間を走る車窓は、確かに面白いですよね。
夏は窓を開けているお宅も多く、下着姿で寝転がりテレビを見ている風景が急に横切ったりします。
急に視界が開け海が見えたり、茶の間のくつろぎタイムをのぞいちゃったり、飽きないですね。
珍しく鉄道ねたに反応できました。はははー!

投稿: ミナゾウ | 2013/10/28 21:23

約束通りノロケ返しされちゃったわね…ごちそうさまでーす。えーっと、今日は11/22の日だったかしら?

投稿: poem | 2013/10/28 22:15

こんばんは~

私もbuzzっちさんと同じく初めの写真
自作自演だ!と思ってしまいました。

すぐに誰が写真撮るねん、と気がつきましたが・・・

投稿: きなこ団子 | 2013/10/28 23:09

>瑠璃さん
こんばんは。いつもありがとうございます。
そのとおり、最初の写真は藤沢駅です。このちょっと
ドームっぽい駅のつくりも素敵ですね。

住宅密集地を走り、細い道路上を走り、ついには広い
相模湾を横目に走る、本当にいろんな風景を見せて
くれる電車ですね。めいっぱい楽しませてもらいました。

投稿: いかさま | 2013/10/29 00:01

>ミナゾウさん
こんばんは。おほめいただいてありがとうございます(笑)

住宅密集地では、家の裏側に挟まれて走りますから、そんな風景もバッチリ見えてしまいそうですね。
住んでいる方には慣れっこなのでしょうが(笑)観光地にありながらそんな着飾らない雰囲気も、魅力のひとつでしょうか。

反応してもらえてよかった(笑)

投稿: いかさま | 2013/10/29 00:03

>poemさん
こんばんは。コメントありがとうございます。
思いのほか反撃の機会が持てて光栄です(笑)

残念ながらイイフーフの日も我が家の結婚記念日も
まだまだかなり先の話です。この写真からにじみ出るぎこちなさが、慣れないことをするな、という教訓として
ひしひしと伝わってきそうです(笑)

投稿: いかさま | 2013/10/29 00:07

>きなこ団子さん
こんばんは。コメントありがとうございます。
しかし私も信用がありませんね(笑)
勇気を振り絞って嫁にこの話を持ちかけ、
抵抗を示す嫁を強引に寄り切ってなんとか
撮った写真だというのに(涙)

投稿: いかさま | 2013/10/29 00:09

路面電車の顔有り、シーサイドラインあり、みんなの足だったり、いろいろな顔を持つ江ノ電は有名になっても素朴で好きです!

投稿: キハ58 | 2013/10/29 22:24

>キハ58さん
こんばんは。いつもありがとうございます。
確かにいろんなメディアで露出されて有名になったり、観光客向けにレトロ電車を投入したりしても、なんとなく淡々と走り続けているイメージがありますね。
ゆっくり途中下車散歩してみたい路線です。

投稿: いかさま | 2013/10/30 00:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東京鉄道落穂ひろい【7】江ノ島海岸・3つの鉄道路線(2):

« 東京鉄道落穂ひろい【6】江ノ島海岸・3つの鉄道路線(1) | トップページ | 東京鉄道落穂ひろい【8】神奈川・大山ケーブル »