« 東京鉄道落穂ひろい【7】江ノ島海岸・3つの鉄道路線(2) | トップページ | ああ東北楽天、ああ田中将大 »

2013/10/29

東京鉄道落穂ひろい【8】神奈川・大山ケーブル

こんばんは。趣味は取り越し苦労、いかさまです。

これまでの旅の経過は⇒こちら

Ooyama Dscn2917
話は前後するが、小田急江ノ島線で藤沢に降りた後、JR東海道本線の「湘南ライナー12号」で品川へ向かった。この列車に乗ったのも理由があるのだが、幾分ややこしい話なので別の機会に譲る。
品川から山手線で新宿へ移動し、9時47分発の小田急ロマンスカー相模大野へ。未乗となっている小田急江ノ島線の北端、相模大野-中央林間を往復し、11時過ぎ、小田急伊勢原駅に降り立った。目指すは大山観光鉄道大山鋼索線、通称「大山ケーブル」である。

Dscn2919 Dscn2924
伊勢原駅北口11時20分発の神奈川中央交通バスで、大山ケーブルへ向かう。丹沢大山国定公園に属する標高1,252mの山へ向かうハイキング客は多く、バスの座席はほぼ埋まっている。市街地を抜けて大山へと向かう道路は狭く、バスは途中、計画的に停車してすれ違いを行う。
およそ25分で終点、大山ケーブルに到着。バス停の名に反して、ケーブルカーの乗り場へはここからおよそ15分、登山道を歩かなければならないらしい。

Dscn2925 Dscn2929
大山への登山道はよく整備された階段になっており、その両側には旅館や食堂が並んでいる。階段をしばし登ると、土産物屋や茶屋が軒を並べて、小さなアーケードを形成している。豆腐料理や民芸品のコマが名物らしい。そんな風景が、階段を登るごとに何度も繰り返される。

Dscn2930 Dscn2947
私の足で10分ほど登ると、ようやく「大山ケーブル」と書かれた看板が見えた。それを目印に右手に曲がると、大山ケーブル駅である。

Dscn2931 Dscn2946
緑色ののようなケーブルカーが発車を待っており、私が乗り込むとほどなく発車。小さなトンネルを抜けて、ちょうど中間点にある大山寺駅で、下りの「赤蛙」と行き違う。その先でもひとつトンネルをくぐり、阿夫利神社駅までは0.8km、6分の旅である。下界の景色はこれまで乗ったケーブルカーに比べると一歩劣るが、路線自体は変化に富んでいて面白い。

Dscn2936 Dscn2938
阿夫利神社駅の海抜678m。大山のまさに中腹に当たる。駅から100mほど歩くと、大山阿夫利神社下社である。門前には茶屋が3軒ほど並んで、一生懸命に客引きをしている。
神社は山頂の本社と下社に分かれており、崇神天皇以来の歴史を有すると言うが、今の私に山頂まで出掛ける余裕はない。しかも雨乞いの神様だと言うから、旅の途上にある者としてはどうかと思う。それでも神様には違いないから、とりあえず下社で参拝を済ませて、すぐに引き返した。下りは7分ほどでバス停までたどり着いた。

バスを降りてからケーブルカーに乗るまでにこれほど歩くのは、昨年夏の筑波山以来である。あの時は炎天下、キャリーバッグを胸に抱えて革靴で砂利道を登った。今日はスニーカーに小さなセカンドバッグがひとつ。革靴と荷物をホテルに預けてきたのは正解だった。
人間の成長というのは、こういうささやかな場面でも実感できるのである



ランキング参加中です。よろしかったら、ポチっとな
にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ  鉄道コム

|

« 東京鉄道落穂ひろい【7】江ノ島海岸・3つの鉄道路線(2) | トップページ | ああ東北楽天、ああ田中将大 »

鉄道の旅人」カテゴリの記事

2013東京近郊落ち穂拾い」カテゴリの記事

コメント

こんにちは^^
やっとロマンスカーが登場しましたね。
いつ出てくるのかずっと待ってました(笑い)
あのブルーのロマンスカーもなかなか爽やかな
イメージですが、乗り心地は如何なものでしたか?
しかしながら、私を含め一般人は交通機関は
移動の手段として乗り降りするものですが、
いかさまさんのような方もいらっしゃるのだと
いうことに、あらためてへ~~ぇです

投稿: ターコイズ | 2013/10/30 09:15

そうそう!私がいかさまさんのブログを見始めたのは
筑波山のケーブルカーに乗る時でした。
わざわざバスでケーブルカーに乗りに行くなんて!と思って、観光ではなく電車の乗りつぶしだなんて
人それぞれ趣味が違いますものね
ブログっておもしろいですね

投稿: 姉さん | 2013/10/30 18:19

大山ケーブル
と、言うよりも、
そこに至るまでの行程がスゴイ
特に相模大野と中央林間の間を往復するあたり~
大山ケーブルはまだ乗ったことがありません。
意外と近くなので、そのうち行ってみたいと思ってます。

投稿: 瑠璃 | 2013/10/30 19:13

>ターコイズさん
こんばんは。いつもありがとうございます。
ブルーのロマンスカーは、地下鉄千代田線へも乗り入れるMSEというやつですが、シンプルな車内ながら木の味わいを取り入れたおしゃれな列車でした。ただ、豪華さと乗り心地では白いVSEに一歩劣る感じですね。
鉄道会社も昨今では、移動だけでなく列車そのものを楽しんでもらえるような工夫も凝らしています。私みたいなのはかなり特異な部類ですが、ぜひ列車そのものの旅も楽しんでみてください。

帰省されるとのこと、お気をつけてお帰りください。
その間にくまモンのほっぺは頑張って探しておきます(笑)

投稿: いかさま | 2013/11/01 01:32

>姉さんさん
こんばんは。いつもありがとうございます。

そうでしたか、筑波山以来でしたか。ということは、もう1年以上もこの駄文にお付き合いいただいているのですね。本当にありがとうございます。
ブログをやっていると、皆さんそれぞれテーマや趣味の対象は違いますが、本当にそのことがお好きなのだな、ということがよく伝わってきます。
自分自身の視野を広げることにつながって、本当に面白いです。今後ともよろしくお願いいたします。

投稿: いかさま | 2013/11/01 01:34

>瑠璃さん
こんばんは。いつもありがとうございます。

さりげなく書いたはずの中央林間往復の話に食いついていただいて(笑)恐縮であります。とにもかくにも、これで小田急線も全線完乗となりました。
大山ケーブル自体も鬱蒼とした森の中にたたずむ感じで非常によかったですが、バスを降りてからケーブル乗り場まで上っていく登山道がなんともいい雰囲気でした。
機会がありましたら、ぜひ足を運んでみてください。あ、革靴ではだめですよ(笑)

投稿: いかさま | 2013/11/01 01:38

>趣味は取り越し苦労
わ〜っ やっぱりうちの奥ちゃまとよく似てますね
ということは、いかさまさんの奥様は
明日は明日の風が吹く思考の
私と同じ脳天気なんでしょうか?(←一緒にするな!)

先日はありがとうございました
せっかく倍返しが完了し、ホッとしていたのに....
それじゃ十倍返しだ!

かわいい(?)奥様のお声が聞けて良かったです(笑)

投稿: buzzっち | 2013/11/01 06:27

ケーブル駅手前の大山川の沢がイイ感じではありませんでしたか。
大山豆腐の田楽食べたのが懐かしいです!

投稿: キハ58 | 2013/11/01 23:15

>buzzっちさん
こんばんは。遅くなりましたが、いつもありがとうございます。

そうですか、奥様もどちらかというとそういうタイプの方なんですね。いよいよ親近感を覚えます。
buzzっちさんがそうかどうかは別として、私の嫁はまさに脳天気タイプです。むしろ明日の順風にも今日の逆風にも気付かないタイプかもしれません。buzzっちさんからのお電話に、めいっぱいよそ行きの声で対応していました。

あまりお気遣いなさらないでくださいね。

投稿: いかさま | 2013/11/04 02:07

>キハ58さん
こんばんは。遅くなりましたがいつもありがとうございます。

ケーブル駅の手前というと、ちょうど橋を渡るあたりでしょうか。見上げる山も見下ろす沢と参道も、なんとも穏やかな、ひなびたいい雰囲気が漂っていました。
食の方も興味はあったのですが、例によってスルーです。遠くに住んでいると、こういうところで融通がきかなくて、いけませんね(笑)

投稿: いかさま | 2013/11/04 02:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東京鉄道落穂ひろい【8】神奈川・大山ケーブル:

« 東京鉄道落穂ひろい【7】江ノ島海岸・3つの鉄道路線(2) | トップページ | ああ東北楽天、ああ田中将大 »