« 答え合わせ。 | トップページ | かみかわ点描【1】春を待つ農地 »

2014/03/09

「いかさまトラベラー」の生まれたところ

このところの忙しさでバタバタしており、すっかり忘れていましたが、当ブログも開設から丸2年が過ぎ、3年目に突入しました。
いつもコメントを下さる皆さんをはじめ、2年間にお越しいただいた延べ90,000人近くの皆さんに深く感謝を申し上げます。今後ともよろしくお願いいたします。



自分の表現の場としてのホームページ、あるいはブログを立ち上げるのは、私の夢でもあったが、生来面倒くさがりである私は、「書く」という作業が好きであっても、それを「継続する」自信がまったくなく、なかなか踏み切れずにいた。
それが急にはじめてみようという気になったのには諸々の理由がある。そのうちのひとつは、やや不純ではあるが、とある人に自分の文章を読んでほしいと思ったからである。

読書家で話題が豊富、とにかく話をしていて楽しかったその人を私は尊敬していた。自分の書いた文章を「面白い」と褒めてくれ、また同時に批評をしてくれた数少ない人でもある。
2年前、ちょっとしたいさかいで、その人と疎遠になった。私は自分の書いた文章を、その人に読んで批評してほしかった。けれども直接的にそれをする術を、私は自分の至らなさで失うことになった。

私はなんとなく目標を失ったような気分になった。パソコンの前に漫然と座る日々が続き、ひたすら悶々としていた。そのうちにふと私は、ブログという手段を使えばその人に私の文章を読んでもらえるのではないか、と考えた。
多くの人に読んでもらうのはもちろんだが、まずはその人に読んでもらいたい。2年前の2月19日、「いかさまトラベラー」はそんなことをひとつのきっかけにして生まれた。

それから2年が過ぎた。その人がブログを読んでくれているかどうかはわからないが、曲がりなりにも私は文章を書き続けることができた。そして私の不純な思惑を超えて、想像以上に多くの人が私のブログに足跡を残していってくださった。そのことは私にとって少なからず自信となり、活力となった

Dscn3051その「いかさまトラベラー」が生まれた部屋がここである。自宅の北西の隅、3畳の狭い書斎は、自宅を新築する際、嫁を拝み倒してつくってもらったスペースである。男性の方ならなんとなくわかってもらえると思うが、このくらいのスペースが妙に居心地良く、落ち着くのである。
嫁に「引きこもり」と揶揄されつつ、2年間、大半の文章はここから皆さんの元へ旅立っていった。

今、私は単身赴任先のアパートでこのブログを書いている。パソコンは10畳ほどのリビングの片隅に置いてあり、私は背中に大きな空間を背負っている。これがどうにも落ち着かない。やはり狭い空間の方が落ち着くし、頭も回る。この調子では、この先10か月で140回以上のブログ更新に耐えうるか、今から不安である


ランキング参加中です。よろしかったら、ポチっとな
にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ  鉄道コム

|

« 答え合わせ。 | トップページ | かみかわ点描【1】春を待つ農地 »

日常の旅人」カテゴリの記事

コメント

素敵な空間ですね!
狭い場所というのは、
子どもの頃に憧れた「秘密基地」みたいなものなのかも。
おそらく新潮文庫と思われる本が並んだ
スライド式の本棚は、うちのと似ている・・・
親近感が漂います
今はおひとりで広い空間をひとり占め
それはそれなりに、豊かな文章を生み出すのでは?
楽しみに毎回の記事を待っています

投稿: 瑠璃 | 2014/03/09 22:55

年の違い・・・、我が夫は当然のごとく
私の承認も取らず
自分の居場所を確保しますよ。
尊敬していた方と疎遠になった・・・、ブログを読んで
くれていたら良いですね。
長い人生の中、去る人、来る人の繰り返しです。

投稿: マーチャン | 2014/03/10 08:26

こんにちは。
いいですね自分の書斎があるのは。
それに狭い空間がいいですね、男はなにかと狭い空間に入りたがるのではないですか。
熊本弁では狭い空間を「せどや」言いますけどね
欲しいな「せどや部屋」

投稿: mitakeya | 2014/03/10 15:45

頑張ってブログ続けてくださいね・・・

応援しています

投稿: Shimo | 2014/03/10 18:18

私はパソコン初めてで、操作が分からなくて、
勉強しながらブログ開設しました。
まだまだわからないことだらけ、皆さんのブログを見ながら、日々精進に励んでいます。
これからも、勉強させていただきます。よろしくです

投稿: 姉さん | 2014/03/10 18:39

こんばんは!
ちょっぴりしょっぱい記憶と動機…
そういう色々が織り込まれて、するめのようないかさまさんの文章なんでしょうね。
いかさまさんの書かれたものが、遠くの街に住む1人をニヤニヤさせています。
間違いなく、人の心に届く何かがあるのだと思います。
その方にも、届くといいですね!

部屋の広さではなく、家族の気配がない事が落ち着かなくて書けないのかもしれませんねぇ。
子供は1人で静かな場所だと落ち着かない、集中できないらしいですよ!
(^ω^)

投稿: ミナゾウ | 2014/03/10 22:45

おめでとうございます。
書斎、立派だったんですね。いつもキッチンのテーブルでアクセスしているので、いいなあって思いましたよ

投稿: キハ58 | 2014/03/10 23:15

小さな時刻表 さすがです (*^m^)

投稿: buzzっち | 2014/03/11 01:37

じっくり熟成させて味わい深くなった文章。
舌の上で転がして、味わわせていただいています。
本当に読んでいただきたい人に、届いているといいですね。

投稿: ひまわりっこ | 2014/03/11 14:23

そんないきさつで始められたんですね・・・。blog3年目、突入おめでとうございます。
素敵な書斎ですね。
小じんまりとしていて、温かい感じがして・・・男の隠れ家って感じ
うちのダンナは、家族が大好きすぎて・・・
『自分の部屋』というものを拒否した変わった男子です(笑)
マンションを購入した後、私の父が観に来て、ダンナの部屋がないのは、私が意地悪だと勘違いしてました(笑)
想いを伝えたい方に伝わってると・・・いいですね。

投稿: ai | 2014/03/11 17:00

皆様、コメントありがとうございます。
例によってお返事が遅くなって申し訳ありません。

>瑠璃さん
「秘密基地」。子供の頃のあこがれの空間でしたね。
言われてみると確かにその延長線上にあるのかもしれません。
奥側の棚の奥行きが深めのこのスライド書棚は10数年の友です。瑠璃さんがお気づきの新潮文庫は、山崎豊子本です。

今の広い空間から生み出されるものについては、また追ってご紹介していきますね。ありがとうございます。

投稿: いかさま | 2014/03/16 01:15

>マーチャンさん
ひとりの空間は世代が違っても憧れですね。
私の書斎は、玄関上の吹き抜けになるべきところを、特にお願いして床を張ってもらったものです(笑)

その人が読んでくれているかどうかは分かりませんが、マーチャンさんをはじめこんなにたくさんの方が読んで、コメントを下さるようになった、そのことが今の私にとっての最大の誇りです。これからもよろしくお願いします。

投稿: いかさま | 2014/03/16 01:18

>mitakeyaさん
同性として理解していただけると非常にうれしいです(笑)
「せどや」って、なんとなく雰囲気の伝わるいい言葉ですね。非常に心地よい「せどや部屋」です。
嫁とその友人は、この部屋のことをいかさまの部屋、略して「いか部屋」と呼んでいます。なんかにおいそうです(笑)

投稿: いかさま | 2014/03/16 01:23

>shimoさん
shimoさんのブログもいつも楽しみに読ませていただいていますよ。自転車で走るのも気持ちよさそうですね。これからもお互い頑張って続けていきましょう。よろしくお願いします。

投稿: いかさま | 2014/03/16 01:25

>姉さんさん
PCそのものも初心者の状態でブログを始められたのですね。今の姉さんさんのブログからはちょっと信じられないような話です。
私も姉さんさんのブログからは刺激をいただいていますので、逆に私のブログが姉さんさんにとっていくらかでも刺激になるようなものであればいいなと思っています。
お互い、精進ですね(笑)

投稿: いかさま | 2014/03/16 01:31

>ミナゾウさん
まあ長い人生の中でいろいろとそういうしょっぱい経験を繰り返しているわけですが(笑)、そういう経験を笑ってネタにできるようになるまでには時間もかかりますね。経験が文章を豊かにした、と語れるほど大した文章ではないのですが、ネタのひとつとして昇華させられるようになることで吹っ切れていくことはあります。

確かにひとりでいる環境、というのは、文章を書くにはあまり適していないのかもしれないですね。落ち着かない、というより、つい将来のさぼり癖が出る、しかもそれを咎める人がいないせいなのかもしれません。

お子様ですね、私(笑)

投稿: いかさま | 2014/03/16 01:41

>キハ58さん
キッチンの白いテーブルの上で、コーヒーなど飲みながらノートパソコンでブログ更新、なんてのも憧れの風景ですが、やっぱりこんな書斎に憧れていました。ブログの途中で調べ物をしたい時にも、近くに資料があって便利です。
今は広い部屋の片隅に無理やりデスクトップPCを置いているので、なんだか微妙な空気です(笑)

投稿: いかさま | 2014/03/16 01:50

>buzzっちさん
いつか誰かが必ずそこに気付いて突っ込んでくださるであろう、とひそかに期待していましたが、それがbuzzっちさんであったことに、なんとも大きな安心感を覚えています(笑)

これは旅の友ですね。通常、自宅で行程を練るときには、通常サイズの全国版時刻表を愛用しています。

投稿: いかさま | 2014/03/16 01:52

>ひまわりっこさん
普段は30分から1時間くらいで文章を書きあげ、その後読み直しながら手を入れてつくっています。熟成、というほどではないのですが、確かに時間はかかっているかもしれません。
文字だらけなので読む方にも時間を取らせているのでは、と思いますが、それが素の私なので(笑)許していただければ幸いです。今後ともよろしくお願いします。

投稿: いかさま | 2014/03/16 01:54

>aiさん
aiさんの旦那さんは家族の鏡ですね。
うちの嫁さんに話したらきっと羨ましがると思います。書斎をつくることで、旦那が引きこもるのではないかと警戒していましたから。おまけにその予想も的中しましたのでね(笑)

この書斎は家族や友人にも見てもらっていますが、私の性格をよく知る人々からは、書斎の存在は賛否両論です。嫁さんの懐の深さだけは、みんなが口を揃えて讃えていますがね(笑)

投稿: いかさま | 2014/03/16 01:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「いかさまトラベラー」の生まれたところ:

« 答え合わせ。 | トップページ | かみかわ点描【1】春を待つ農地 »