« ケータイ狂騒曲 | トップページ | 本棚:「図書館戦争」シリーズ »

2014/03/30

球春、到来。

今年もプロ野球の開幕の季節がやってきた。

我らが中日ドラゴンズは、谷繁兼任監督のもとユニフォームも一新、シーズンを迎えたが、広島との開幕3連戦は1勝2敗と冴えないスタートとなった。
荒木との2枚看板だった井端を放出し、代わりに小笠原を獲得。一度は馘にした川上憲伸と再契約するなど体制整備で迷走し、目立った補強は行われなかった。
兼任監督という体制も不安材料のひとつだが、背後に控える落合GMの存在は不気味である。プロ野球は勝つことが至上命令か、それともエンタテイメントであるべきかという命題に対しては、この2年間の高木監督下での状況からおおむね答えは出ただろう。まずは勝ってくれることがファンとしては最も望むことである

さて、これとは別に、私には今年、プロ野球界で非常に気になる選手がいる。
東北楽天ゴールデンイーグルスのケビン・ユーキリス内野手である。

オハイオ州生まれの35歳。レッドソックス~ホワイトソックス~ヤンキースとメジャーリーグを渡り歩き、今年から楽天に加入した。メジャー通算10年で打率.281、150本塁打を記録している大物助っ人である。

Pa032848 Pa032849
私はレッドソックス時代のユーキリスを、2009年9月、ボストンのフェンウェイパークで見たことがある
当時ユーキリスは、名門・レッドソックスの4番を務めていたが、遺憾ながら私はその時までユーキリスのことを知らなかった。そもそもこの日野球を見に行ったのも、松坂大輔が先発登板する可能性が濃厚だったからである。

Pa032870 Pa032872
事実この日は松坂の先発で試合が始まったのだが、6回2失点だがアップアップの状態で勝ち星を挙げた松坂はともかく、この日も4番に座ったユーキリスの独特のフォームが強く印象に残った。
写真では分かりにくいが、バットを大きく倒したユーキリスの左手は、右手から大きく離れている。投手が投球モーションに入るとバットを立て、右手をストンと左手の上に落とす。独特のタイミングの取り方である。この日、ユーキリスは3打数1安打ながら2打点を挙げ、松坂の勝利をアシストした。

2012年以降は首脳陣との確執や怪我で精彩を欠いたが、今年は開幕2戦目でホームランも放っている。打率は.231と低迷しているが、もともと選球眼のよい選手でもあり、大いに活躍が期待される。こういう選手が日本球界に来てくれると、私も非常に気にかかるし、中日戦以外でも札幌ドームに足を運んでみようかな、という気持ちになる。


だからといって楽天を応援するわけではないけれど。


ランキング参加中です。よろしかったら、ポチっとな
ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« ケータイ狂騒曲 | トップページ | 本棚:「図書館戦争」シリーズ »

日常の旅人」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
野球お詳しいですね!
いかさまさんは中日ファンなのですね。
ココは巨人ファンが多いのでなんだかとっても嬉し~です!
私は小学生からずっと中日ファンですが最近はニュースで結果を見るくらいになっています。
落合さんはお金をかけず勝つ事に実績を残されてますね。
けれど私にはあの人の野球が面白くないんです…
経営的にはいいのかもしれませんが。
「谷繁監督」の野球を今シーズンは見たいです。

投稿: ミミ | 2014/03/31 22:23

ボストンへ行かれたんですね。
球場へは行ったことないのですが、写真やTVで拝見するととても解放感あるような感じがします。これが、大リーグなのですね!

投稿: キハ58 | 2014/03/31 23:50

野球の話はパスします
嫌いではないけど、この頃はあまり関心がありません

高校時代はソフトボール部でしたがヾ(´ε`*)ゝ エヘヘ

投稿: 姉さん | 2014/04/01 20:44

>ミミさん
こんばんは。いつもありがとうございます。
岐阜県出身の私は、以前のブログにも書きましたが、紆余曲折を経てここ20年ほどドラゴンズファンをやっております(笑)

落合時代の中日は強かったですが、その野球のつまらなさは賛否両論でしたね。観客動員もどちらかというと微減傾向だったようです。落合イズムを受け継いでいる谷繁新監督ですが、「らしい」野球を見せてほしいですね。

投稿: いかさま | 2014/04/01 23:30

>キハ58さん
こんばんは。いつもありがとうございます。
5年前、会社の研修でボストンの語学学校に通っていたころ、日本人の仲間と誘い合わせて足を運びました。
メジャーでも最古の歴史を誇るフェンウェイパーク、非常に古めかしい球場ですが、どこか上品な開放感を感じますよね。ドーム球場ばかりになった日本では味わえなくなってきた風景ではないでしょうか。

投稿: いかさま | 2014/04/01 23:33

>姉さんさん
こんばんは。いつもありがとうございます。

ほんの10年ほど前までは、巨人戦は必ず地上波中継されたものですが、最近では巨人戦どころか日本シリーズも地上波中継があやういような状況ですね。球場へ足を運ぶ人も減っていると聞きます。

一方でパリーグの球団は地元密着型のチームが増えてきて、福岡や札幌、仙台は意外と盛り上がっているんですよ。ひところの閑古鳥が鳴くパリーグが嘘のようです。

高校時代はソフト部ですか。スポーツウーマンですね。
羨ましい。私は今も昔も見る専門です(苦笑)

投稿: いかさま | 2014/04/01 23:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 球春、到来。:

« ケータイ狂騒曲 | トップページ | 本棚:「図書館戦争」シリーズ »