« 単身赴任生活2か月 | トップページ | いかさまトラブラー【8】珍トラブル編(2) »

2014/04/20

本棚:「采配」落合博満

Photo札幌の中央図書館でもうずいぶん前に予約していたのだが、忘れた頃になって準備が出来たとのメールが届いた。とはいえ、私はすでにほいほいと気楽に札幌市の図書館に行ける状況にない。
それで、札幌に帰っていたある土曜日に中央図書館へ出かけて借り出し、一気呵成に読み上げて、日曜日に返却してきた。が、結論から言うと、これは「手元に残しておきたい一冊」になった。

落合博満」という人物に対する評価はさまざまである。
通算20年で2371安打、510本塁打。3度の三冠王を含み、首位打者・本塁打王・打点王を各5回というプレイヤーとしての評価
中日ドラゴンズの監督を8年間務め、全シーズンAクラス入りを果たし、リーグ優勝4回、日本一1回に導いたマネージャーとしての手腕

その一方で、現役時代の監督やコーチとの確執、「金がすべて」と言い放ちFA権を行使して読売への移籍、斜に構えた発言の数々など、「オレ流」と呼ばれた一連の振る舞いに対する批判、さらにはでしゃばりの妻子への違和感など、彼を嫌う評価も少なくない。中日ファンの私自身、落合監督就任の際には、「ドラゴンズはどこへ行ってしまうのか」と不安や違和感を感じたものである。

だが、就任初年度に「現有戦力の底上げで優勝する」と宣言して有言実行したその実績は評価に値する。2007年の日本シリーズでの完全試合目前での山井交替劇に代表される采配への疑問や、「野球がつまらない」~勝っても観客動員が増えないことに対する批判もあったが、その後8年間でドラゴンズの選手の意識は確実に変わり、チームは常勝軍団となった。落合退任後の2年間でチームはほぼ壊滅的な状況に陥っている。

ではこの本、「采配」の中に記された中身がどれほど超人的かというと、実は私たちが会社の研修制度やいわゆる「ハウツー本」から学んできたことがそのまま実践された内容がほとんどである。実にオーソドックスなマネジメント理論の集大成である。それが当時の中日ドラゴンズの状況になぞらえて書かれており、言葉も平易で分かりやすい。
ではそれが綺麗事の羅列かというと、それもまた違う。当時のドラゴンズの雰囲気や、彼の下で働く選手たちのコメントなどを思い出してみると、ひとつひとつ納得できる内容ばかりのように思われる。

そういう意味では、「プロ野球」という、一見わたしたちとは全く違う世界でありながら、それでいて比較的身近に楽しんでいた存在であるがゆえに、私にとってはドラッガーのマネジメント論よりもより説得力を持って訴えかけてくるように感じられるのである。

マネージャーにもいろいろなタイプがいる。すべてがこの本を読んで納得するとは思わないが、同僚にも上司にもぜひ読んでみて欲しい1冊である。
思うに、マネジメント理論の根幹は誰であっても同じなのだろうと思う。それが周囲の環境によって大なり小なりブレるのが一般的なマネージャーである。そして、いかなる状況でもブレないのが落合の変人たるゆえんであり、また卓越したマネジメント能力の持ち主であると言ったら褒め過ぎだろうか。

大いに吸収し、真似てみたい1冊だと思う。
嫁さんや子供たちがあんな風になったらイヤだけど


ランキング参加中です。よろしかったらポチっとな
ブログランキング・にほんブログ村へ  にほんブログ村 本ブログへ

|

« 単身赴任生活2か月 | トップページ | いかさまトラブラー【8】珍トラブル編(2) »

本の旅人」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
落合さんの本、興味深い内容ですね。
いえ正確に言うと、いかさまさんのこの記事を読んで興味を持ちました。
落合さんは凄い人だとわかっていながら好きになれない私ですから(笑)
この記事が無かったら興味を持つ事など無かったでしょう。
選手時代も監督時代もなぜかあまり良い記憶が無いんです。
あれだけ成績を残したにもかかわらず…悪い印象の方がはるかに勝ってしまいます。
ただ「結果を残す」という事にかけては確かに優れていますね。
人事で悩んでいる上司に薦めてみようかしら。

投稿: ミミ | 2014/04/21 23:27

>ミミさん
いつもありがとうございます。
私は落合さんは超人である、だから理解できない部分もあるし、それをわかっていて彼はマスコミに対して無愛想だったりするんだと思っていました。
けれどもこの本を読むとそうじゃないんじゃないかと感じるんですね。手法はきわめてオーソドックスで、野球自体も基本に忠実なものであったのだろうと思います。要するに受け手であるマスコミの勉強不足を暗に示唆していたんでしょうね。
それはそれでいやらしい部分もありますが(笑)、少なくとも漠然と抱いていた落合さんへの悪いイメージをいくらかぬぐうのには役立ったように思います。

投稿: いかさま | 2014/04/22 01:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 本棚:「采配」落合博満:

« 単身赴任生活2か月 | トップページ | いかさまトラブラー【8】珍トラブル編(2) »