« 球春、到来。 | トップページ | いかさまトラブラー【7】珍トラブル編(1) »

2014/04/01

本棚:「図書館戦争」シリーズ

久々に本の話。それも、今さら、の感もあるが、あえて有川浩

阪急電車」「空飛ぶ広報室」「フリーター、家を買う。」など、多数の作品がドラマや映画化されている。最近では「三匹のおっさん」もドラマ化され、北大路欣也らが好演し、楽しいドラマに仕上がっている。

で、その中でも私のお気に入りが「図書館戦争」シリーズである。

Dscn3088物語の設定は、人権に関する表現の取り締まりを目的とした「メディア良化法」なる法律が存在する架空の時代である。現実の日本と並行して存在する「鏡の向こう」の世界ともいえる。
その世界で、本に対する検閲活動として出版・頒布の取り締まりをおこなう「良化特務機関」。それに対して表現の自由を守る「図書隊」。なかでも暴力的な検閲に立ち向かう「図書館防衛員」の人間関係を軸に、図書館や市中の書店を舞台に繰り広げられる武力衝突を描きながら、「表現の自由」とは何か、を考えさせる要素を盛り込んでいる。岡田准一と榮倉奈々で映画化もされ、DVDも発売されている。

小説は本編である「図書館戦争」シリーズ4編と、そのスピンアウト的な「別冊」2編で成り立っている。本編ではバーチャル世界の無骨な銃撃戦というSF的な設定を軸に、シリーズが進むにしたがって徐々に恋愛小説的な色合いが濃くなっていく。「別冊」については、ほぼラノベの世界である。

えてしてこういうラブラブ観の溢れる作品を私は苦手としているのであるが、それでも私がお気に入りに挙げるのは、ひとつには設定が奇抜であること、そしてもうひとつは、主人公である笠原郁のキャラ設定が完全に私の好みのツボに入っているためである。

細身の長身でスポーツマン、ひたむきな熱血漢で馬鹿正直。豊かな感情表現と、勢い余って失敗した時に出る素直なしおらしさ。もうこの主人公がいちいち動くたびに、私の胸はキュンとするのである。榮倉奈々が好きなわけではない。私の中でのこの主人公像は少々彼女とは違うが、映画の配役としては悪くないように思う。

で、実をいうとここからが本題なのであるが、作者の有川浩。私はこの人をつい最近まで「ありかわ ひろし」というオッサンだと思っていた。たまたま知人から指摘されて、つい先日初めてこの人が「ありかわ ひろ」という女性であること、しかも私と同い年であるということを知った。オッサンにしてはずいぶん繊細な小説を書くなぁ、などと、とんちんかんな感想を抱いていたのだが、無知というのは誠に恐ろしいものである。


ランキング参加中です。よろしかったらポチっとな
ブログランキング・にほんブログ村へ  にほんブログ村 本ブログへ

|

« 球春、到来。 | トップページ | いかさまトラブラー【7】珍トラブル編(1) »

本の旅人」カテゴリの記事

コメント

ドラゴンズファンなんですか?
北海道なのに・・・?
私は、むか~し・・・牛島投手がいた頃、ちょっとだけファンだったことがあります(笑)
ま、大ファンだった高校球児が入団したというだけでしたけど(笑)結局、彼は全然つかいものにならず・・・消えてしまいましたが。

『3匹のおっさん』は、ドラマ化される前に読みました。かなり面白かったですね。
映像化されたものは、見てないので、どうなったのか分かんないですけど・・・。
いかさまさんのお薦めなら他のも読んでみようかな・・・。

投稿: ai | 2014/04/03 18:45

こんばんは〜!
なんと、奇遇な!
私もこれ好きで全部持ってます。
恋愛物はまったく読まない私ですが、はまって別冊まで一気に読んだ私の中ではかなりレアジャンルです。
面白いですよね!
が、そこはさすがいかさまさんですね!
「ありかわ ひろし」!
あり得ない!
面白すぎますよ!
う〜ん…本みたら笑っちゃいそうです。
ツボにど真ん中ヒット!

投稿: ミナゾウ | 2014/04/03 23:17

>aiさん
いつもありがとうございます。
北海道民歴23年とはいえ、もともと出身が岐阜県なものですから、ドラゴンズを応援しております。
その経過は、
http://ikasama-traveler.cocolog-nifty.com/blog/2012/10/1-0ca3.html
このあたりに詳しく書いています(笑)
aiさんが大好きだった高校球児、誰だかとても気になりますね。

「3匹のおっさん」は、ドラマもなかなか楽しめました。
私もそれほどたくさん読んだわけではありませんが、「図書館戦争」、是非お薦めします。

投稿: いかさま | 2014/04/03 23:52

>ミナゾウさん
いつもありがとうございます。
「図書館戦争」は完全現実世界ではなく、微妙にバーチャルなのが、抵抗なく読める一因かもしれませんね。

でも、カバーの折り返しまで目を通す習慣のない私は、ずっと「ひろし」だと思っていました。
だって「浩」が「ひろ」だなんて思わないじゃないですか。私の周りに「ひろし」はたくさんいますが、「ひろ」という女性は寡聞にして愛新覚羅浩さんくらいしか知りませんもの(笑)

投稿: いかさま | 2014/04/03 23:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 本棚:「図書館戦争」シリーズ:

« 球春、到来。 | トップページ | いかさまトラブラー【7】珍トラブル編(1) »