« かみかわ点描【4】旭川駅 | トップページ | 2009年世界の旅・前史【1】 »

2014/06/28

なんかちょっと違うんだよなぁ。

東京都議会でのヤジが世界を巻き込んで大騒ぎになっているようである。

某議員の女性軽視的なヤジがネットを起点として問題提起され、都議会と政党の中途半端な対応とあいまって大きなうねりとなった。発言した議員は謝罪したが、当初発言した事実を隠ぺいしたことで大きな批判を浴び、世間の怒りは収まる気配がない。ウヤムヤのうちに幕引きを図ろうとしている都議会と政党にも批判が集まっている。

私はこうした論調を頭から否定するつもりはない。一連の件の中で、議員の発言内容や議会・政党の体質に問題があることは重々承知している。
けれども、私の中で、「なんかちょっと違うんだよなぁ」という違和感がぬぐえないのである。

私は直近でも同じような感覚を味わったことがある。
それは「STAP細胞」の件をめぐる一連の流れについてであった。

「STAP細胞」という画期的な発見に対し、「その研究過程に不備あるいは不正があったから、この発見はそもそも成立しない」というのが、研究者の意見のようであり、マスコミもこれに添った報道をおこなっている。理研自体も問題をそこに集中させることで、自体の解決を図っているように見えた。

研究者たちがその過程を重要視し、そこに瑕疵があることを糾弾するのは、学者の論理としては分かる。けれども一般人の私にとって最も興味のあるのは、「STAP細胞は本当に存在するかどうか」なのである。ともかく本人立ち会いの下で再現試験をやって、まず存在の有無を確認する。存在しなければ論文は取り下げればよいし、存在するのなら過程の瑕疵を補強することを関係者みんなですればいい。研究者の未熟を突き詰めるのはその後でもいいのではないか。

けれども現実には、「俺が助けてやるからともかくもう一回再現してみようぜ」というような研究者は現れず、ともかく論文を葬り去ることが一番、話はそれからだ、というような論調に振れていった。最近になってようやく再現試験についての報道が増えてきたが、なにやら学者の論理を優先させるような展開に、私は少なからず違和感を覚えていたのである。

今回のヤジ騒動では、世間一般で言われているように、議員の発言内容が女性軽視にあたる発言であること、その発言の事実を隠蔽しようとしたこと、これ以外のヤジの有無を検証せずに議会が幕引きを図ろうとしていることなど、問題のある点は数多い。

だが私がそれ以上に気になることは、そもそも議会という場において「ヤジ」という行為が許されるということそれ自体である。たまたま見ていたテレビで、某県の議員が「議会は戦場だから、そこで意見を戦わせるためにはヤジも必要」という趣旨のコメントを発しているのを見て、私はひどい違和感を覚えた。

人の意見は最後までちゃんと聞きましょう。」←話の腰を折らない。
自分の意見は指名されてから述べましょう。」←自分の意見ばかりを通さない。

これは小学校時代から再三教えられてきたことである。討論における基本である。しかるに議会では、この基礎教育が全く忘れられている。これは都議会に限らない。国会中継でもしばしば同様の場面を見せられる。
テレビの討論番組でも、他人がしゃべっている最中に割り込む、司会者に制止されてもやめない、といった情景はしばしば映し出される。これは放送局の恣意的な構成に問題がある場合も多いが、ともかく「政治家は人の話を聞かない」という印象を与えるのには役立っている。

今回の騒動でも、マスコミ報道はその発言内容やそれを取り巻く環境に話題を集中させているが、もっと根幹に当たる「ヤジ」そのものの是非についても検証されていいのではないか。議会では常識かも知れないが、少なくとも民間の会社での会議においては、秩序を乱す非常識な行為である。そういう根っこの部分、本質的な部分をスルーし、いかにも食いつきのよさそうな部分だけがクローズアップされているような状況。私はそこが気にかかるのである。

|

« かみかわ点描【4】旭川駅 | トップページ | 2009年世界の旅・前史【1】 »

こころの旅人」カテゴリの記事

コメント

うちの奥ちゃまいわく
言われっぱなしで涙ぐむだけじゃなく
「ちょっとそこの人失礼じゃないですか!
 名前を言って下さい!」って
言い返してやり込めるぐらいの度胸が欲しかったそうです
うちの奥ちゃまならマジにやっちゃうでしょうが(笑)

投稿: buzzっち | 2014/06/29 06:59

私も同感です。
ただ、いかさまさんの様に、筋道立てて文章にできない私
議会でのヤジは、ひどいものですね
なんでも・・新人議員のお仕事だとか?

投稿: 姉さん | 2014/06/29 07:06

日本の報道しか知りませんから他国との比較は
できませんが、報道の仕方も問題あり。
期せずして松本サリン事件をテレビでやっていましたが、
無実な人を犯人とした報道で私達第三者は彼が「犯人」
として見てました。
政治家も情けない・・名乗り出た1人だけで収拾しようと。
最近の政治に 不満が一杯。
韓国で又慰安婦問題・・・英語の説明映像を世界に配信。
韓国自信・・・米国慰安婦問題が浮上して122人が提訴。
自国でそんな事をしているのに日本批判。
政治家はもっと戦ってほしいものです。

投稿: マーチャン | 2014/06/29 08:30

おはようございます。いかさま。
(#`皿´)キィーと怒りを隠せませんね。
あの野次は単なる嫌がらせ発言ではなく女性差別発言です。人権侵害です。それを解決しようとない東京都議会、それ以上追求しないマスコミ、日本はまだまだ人権に関する意識が薄いと思います。世界から日本に対し人権に関する批判がやまないのも、こゆうことに根本的に向き合わない日本の体質が問われているのではないかと思います。

投稿: mitakeya | 2014/06/29 09:11

こんにちは。
いかさまさんらしい冷静な分析ですね。
ヤジ、私もまったく同感です。あんなものいらないです。
あるコメンテーターが「新人議員は皆ヤジの洗礼を受ける、それによって成長する」等と言っていましたが…
これを聞いて私は日本のどの社会にもある悪しき伝統だと思いました。
例えば新入社員に飛び込み営業させるとか部活の先輩によるシゴキとか。
皆これを乗り越えたんだ、なんて連綿と続く訳です。
今回の事で少しでも議会が良くなってくれる事を望みます。でなければ解散してほしい。

私があんな事言われたら黙っちゃいませんけどね。
3倍にも4倍にもして反撃しますよ!

投稿: ミミ | 2014/06/29 14:24

まったく同感ですね。
あんな状態だから、まっとうな人は
議員になりたいと思わないんじゃないでしょうかね。
あの幕引きを考えただけで、暗澹たる気持ちになります。
報道も、もう少し違う切り口からやってくれればいいのに

投稿: 瑠璃 | 2014/06/29 17:36

>buzzっちさん
毎度ありがとうございます。

同じ政治家でもヤジる側になれば厚顔無恥、堂々たるものなのですから、壇上でもそのくらい堂々たる態度でもよろしいかもしれませんね。
それができないところに、政治家のバランス感覚の悪さがあるような気がしないでもありません。

投稿: いかさま | 2014/06/30 22:30

>姉さんさん
いつもありがとうございます。
正直なところ、この話はブログに書いてしまうと私の予期せぬ反応があらわれてしまうのではないかと、数日間二の足を踏んでおりました。
よって程よく熟成されております(笑)。
新人議員にヤジという恥ずかしい行為をさせる方もさせる方ですが、それを何の抵抗もなく受け入れる方も受け入れる方ですね。一般企業でこんなことをしたら懲罰ものです。

投稿: いかさま | 2014/06/30 22:34

>マーチャンさん
いつもありがとうございます。
報道の方向性が興味本位に振れるのは今に始まったことではありませんが、相変わらずの感はありますね。
事実を淡々と伝えるはずの報道に、伝える側の感情や興味が加わるようになったのは「ニュースステーション」あたりから顕著になったように感じますが、マスコミの世論形成力の強さはもっと自覚すべきだと思いますね。もし、自覚しながらこういう報道をしているのであれば救いようがありませんが。

政治家のスタンスにも疑問を感じます。集団的自衛権の話もしかり、どうも当事者の都合や感情だけで物事が進んでいるような気がしてなりません。

投稿: いかさま | 2014/06/30 22:39

>mitakeyaさん
いつもありがとうございます。
確かに子供を産み育てる女性に対する差別的な発言ですね。ただ、3児の母にして働く女性である私の友人が、興味深いことを言っていました。
いわく、「出産は女性しかできないことであり高齢出産は母子ともにリスクが高くなる。出産適齢期にキャリアを優先した女性が少子化問題を語るのはどうかと思う」と。こうした意見もあることは理解すべきかもしれません。
もちろん、彼女もヤジそのものを肯定しているわけではありません。考えてみれば違和感だらけの今回の一件のように感じます。

投稿: いかさま | 2014/06/30 22:49

>ミミさん
いつもありがとうございます。
なるほど、新入社員に対するシゴキや嫌がらせ、昨今では間違いなく減ったでしょうが、確かに耳にしますね。若者の将来をつぶしかねない悪しき伝統です。
ただ、あえて若手を成長させるために、厳しい局面を体験させたり、大きな声を出したりすることは、私自身も時々します。ある意味ではシゴキでしょうね。
でもヤジを浴びせることの中にそういう意図があるようには私には思えません。ただの嫌がらせに感じます。それがある意味議会の秩序であり、伝統であるというのなら、やはりどこかズレているような気がします。

3倍返し、4倍返しの反撃を試みるミミさん、逞しいですね。半沢直樹を軽く超えています(笑)。

投稿: いかさま | 2014/06/30 22:56

>瑠璃さん
いつもありがとうございます。
そうですね。すべての議員さんがそういうズレた常識の持ち主ではないと信じたいですが、私や瑠璃さんのようにまっとうな人間は、討論という域に全く達していないあの議会の雰囲気を見ただけで、「これは議員になるだけムダだ」と考えてしまいますね。ヤジる議員、幕引きを図る議会・政党、アジるマスコミ、みな少しずつズレているように感じます。
それとも、それをズレていると感じてしまう私の方がズレているのでしょうか。そんなこともふと考えてしまいます。

投稿: いかさま | 2014/06/30 23:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: なんかちょっと違うんだよなぁ。:

« かみかわ点描【4】旭川駅 | トップページ | 2009年世界の旅・前史【1】 »