« かみかわ点描【5】夏の美瑛~旭川 | トップページ | 2008年欧州の旅【6】イギリスの休日と列車の旅 »

2014/08/08

2008年欧州の旅【5】フランスからイギリスへ

続き。今回は都合により、ほとんど写真なし。

10月11日土曜日、午前中にルーヴル美術館を見学した私たちは、パリ東駅近くのホテルをチェックアウトし、来た時と逆にパリ北駅からRER-B線の電車に乗って、シャルル=ド=ゴール空港へ戻った。ここから飛行機でロンドン、ヒースロー空港へ飛ぶ。

当初の予定では、パリからロンドンへの移動は、英仏海峡トンネルを抜ける国際特急列車「ユーロスター」を利用することになっていた。これは私の最大の楽しみのひとつでもあったのだが、この年9月11日、英仏海峡トンネル内で貨物シャトル列車の火災事故があり、トンネルは一時閉鎖された。これにより、ちょうどこの時期、トンネルは往復2本のうち1本が閉鎖、「ユーロスター」もかなりの間引き運転となっており、運転状況を正確に把握できずにいた。

出発が目前に迫り、ボスは移動を飛行機に切り替えることを決断。何としても鉄道に乗りたかった私は、必死でインターネットを調べて列車の運行状況を確認したが、ボスの
「行きたかったら別に列車で行けばいい。俺は飛行機で行く。そのかわり、列車に乗れなかったら、お前らはドーバー海峡を泳いで渡るんだぞ
という一言で断念、不承不承飛行機での移動を余儀なくされることになった。

ブリティッシュ・エアウェイ317便は、15時05分出発。イギリスとフランスには1時間の時差があり、ヒースロー空港到着は15時20分。見かけ上15分でドーバー海峡を越えたことになる。

08101116 ヒースロー空港からは「チューブ」と通称される地下鉄で市街地へ。半円形を描く地下鉄のトンネルはフランスと比べてもひとまわり小さく、まさにチューブのようである。そこに、トンネル同様、上半身を半円形に絞った電車が出入りする。乗降ドアも天井のカーブにかかるほどの小さな電車の車内は圧迫感がある。

ラッセル・スクエア
駅に近いホテルで旅装を解き、夕食のために地下鉄でピカデリー・サーカスへ移動。薄暗くなった空に無数のネオンサインが輝き、賑々しく人が行きかう。居並ぶレストランもイタリアンからチャイニーズまで幅広く、多国籍である。
イギリスの料理と言えば「フィッシュ・アンド・チップス」だが、このところあっさりとした料理が続いて舌が濃い味を求めていた私たちは、1軒のイタリアンレストランに入り、ピザやパスタをつまみながらビールを飲んだ。

それから賑やかなピカデリー・サーカスを散策した。1軒の怪しげなDVDショップを覗いてみると、18禁のDVDがずらりと並んでいる。驚いたのはそのうち4分の1近いスペースがゲイ・コーナーにあてられていたこと。イギリスではゲイ歓迎の店の前にレインボーのフラッグを掲げるそうだが、そこまでせずとも、ゲイ・コーナーでは10人ほどの男性客が堂々とお気に入りのDVDの物色を続けていた。

そもそも18禁コーナーに立ち入ることすら軽く恥ずかしい私たちにとっては、ゲイ・コーナーの充実度といい、そこでの堂々たる客の態度も新鮮かつ驚愕の風景であった。私たちは、新宿か渋谷に舞い戻ったかのようなピカデリー・サーカスで、飛び交う英語とオープンなゲイにわずかな異国情緒を感じて、ホテルへと戻った。


続く。


ランキング参加中です。よろしかったら、
ポチっとな
にほんブログ村 鉄道ブログへ
 にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ  鉄道コム

|

« かみかわ点描【5】夏の美瑛~旭川 | トップページ | 2008年欧州の旅【6】イギリスの休日と列車の旅 »

世界の旅人」カテゴリの記事

コメント

どうしても鉄道を利用したい気持ち。
わかります~。
私だって、電車という選択肢があるなら
飛行機よりは電車を選びたいです
でもやはり、
ドーバー海峡を泳いで渡れと言われたら・・・
あきらめるしかないですね

投稿: 瑠璃 | 2014/08/09 00:02

怪しげなDVDショップの場所を詳しく教えて下さい
いつ行けるかわかりませんが、行った時の参考にします(笑)
4分の3を占めるコーナーに興味津々 
決してそっち(4分の1)のほうじゃありませんから

投稿: buzzっち | 2014/08/09 06:20

いかさまこんばんは。
(*^m^)やはり気になりますよね!
でもゲイコーナーには引きますね(*^m^)

投稿: mitakeya | 2014/08/10 19:19

>瑠璃さん
いつもありがとうございます。
この気持ち分かっていただけると有難いです(笑)
けれどもさすがに事故には勝てませんでした。
今思えば初めてのヨーロッパで予定が立たない
状況に追い込まれれば、その方が大変だったと
思えます。
「ユーロスター」はこの1年後、無事体験できました
ので、おいおいご紹介できると思います。

投稿: いかさま | 2014/08/11 23:50

>buzzっちさん
いつもありがとうございます。
場所はピカデリーサーカスの真ん中ですが、
細かい場所は、といわれると私もほぼ自信が
ありません。実際、この翌年、同じ店を
見つけることが出来ませんでしたので…。

ご期待に添えなくて恐縮です。
buzzっちさんが4分の1に属する方ではないと
いうことは、ご家族と接していてよく理解
していますので大丈夫です(笑)

投稿: いかさま | 2014/08/11 23:52

>mitakeyaさん
いつもありがとうございます。
buzzっちさんだけでなく、mitakeyaさんにまで
そこに食いついていただけたこともうれしく
思います(笑)

文化、といいますか、これもひとつの形なので
あろうと思いますから、否定は出来ませんが、
でも私はやっぱり女性の方がいいと思います(笑)

投稿: いかさま | 2014/08/11 23:54

国内でさえ地理にめっちゃ疎い私。
行ったことのない異国の地名にただただドキドキしてしまいます♡
シャルル=ド=ゴール空港
ヒースロー空港
ドーバー海峡
ピカデリー・サーカス
なんて魅惑の響き…♡
パリからロンドンへ海峡トンネルを
ユーロスターで…っていうのは
てっとり早く飛行機と違って
ロマンがありますよね~♪
この時は乗れなくって残念でした…(>_<)
いかさまさんは
あやしげなDVDショップでは
何かお買い上げしたのですか?
( ̄ー ̄)ニヤリ

投稿: ひまわりっこ | 2014/08/12 07:09

>ひまわりっこさん
いつもありがとうございます。
飛行機で空を飛んでしまえば移動も早いし、
楽なのは間違いないのですが、日本とは違う
景色を眺めながら地べたを這って移動する、
というのは、ある意味ロマンですね。

ちなみに怪しげなお店では何もお買い上げ
していません。興味がないとは言いませんが。

…もちろん女性に、ですよ(笑)

投稿: いかさま | 2014/08/14 00:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2008年欧州の旅【5】フランスからイギリスへ:

« かみかわ点描【5】夏の美瑛~旭川 | トップページ | 2008年欧州の旅【6】イギリスの休日と列車の旅 »