« 42歳の地図 | トップページ | 2008年欧州の旅【8】ドイツ~オランダ ICE始末記 »

2014/08/26

2008年欧州の旅【7】ニッポンの溢れる街~ドイツ・デュッセルドルフ

続き。

10月13日、月曜日。マンチェスターでの仕事を終え、私たちはマンチェスター空港から夜のデュッセルドルフへと飛んだ。

08101406 ライン川のほとり、ルール工業地帯の南西部に位置するデュッセルドルフは人口約60万人。ドイツの中でも経済的に重要な地位を占める都市で、銀行をはじめ国内外の有力な企業が視点や営業所を置いている。日本企業の出先も多く、デュッセルドルフに居を構える日本人はおよそ6,000人。全人口の1%を占める。

そういうわけでデュッセルドルフの中心街には、「ニッポン」の香りを感じられる店が非常に多い。私たちが宿泊したホテルは「ホテル日航デュッセルドルフ」。日本人スタッフが常駐しており、客室のテレビでは日本の衛星放送が観られる。
ホテルの近隣を散策してみると、日本のお菓子や食品、飲料などを扱う店や、日本の本を扱う書店、飲食店などが散見される。値段は日本の1.5~2倍程度。変わったサービスでは常連さん向けに日本のドラマやバラエティ番組の録画DVDを貸し出している。著作権の関係がどうなっているかは定かではない。

Pa273719 翌14日、取引先の現地事務所を訪問して研修。昼食をとったのは、ホテルの向かいにあるラーメン屋「匠」。隣にある店「京都」もいかにも、という感じだが、こちらも看板至るところに日本語が書かれている。
店内に入ると「いらっしゃいませ!」と日本語で威勢のいい挨拶。店の奥には「西山製麺」とかかれた暖簾が掲げられており、札幌をアピールしている。注文した「味噌ラーメン」9ユーロは、日本円にして1,300円ほどと高めだが、食べてみると確かに日本の味で、なんとなくほっとする。
後日談だが、我が家の坊主が社会科見学で西山製麺の工場を訪れ、ドイツにも麺が輸出されているということを教わってきた。間違いなく日本・札幌からの直輸入麺のようである。

08101418 22965044_1527536691
この日は午後から近隣商業施設を視察した後、電車に乗ってケルンへ。ケルン中央駅のすぐ目の前にそびえるケルン大聖堂を眺める。建物にめぐらされた足場が目障りではあるが、何しろ着工が1248年、幾度もの工事中断を経て完成が1880年というから、それなりにガタが来ているはずである。補修に次ぐ補修でどうにか建物を保っている、というのが実態のようである。

この日の夕食は、デュッセルドルフの老舗日本料理店、その名も「日本館」。唯一喫煙可能な個室に入り、冷奴をつまみにキリンラガーを飲み、鳥のから揚げをつついて宇治アイスで口直し、となれば、もう帰国したかのような安らぎを覚える。残念ながらこの店は、この数年後に閉店したらしく、現存しない。
懇親会を終えて、お腹にまだ若干の余裕があった若手4人で、近くにあった「なにわ」という店でうどんをすすり、寿司をつまむ。ヨーロッパにあってつかの間の日本気分を満喫する。これで満足したり安心したりするあたり、海外慣れしていない証でもある。

蛇足だが、日航ホテルで日本から持参のノートパソコンを開いているうちに、どこかおかしなところをいじってしまったらしく、不調を来たした。修復すべく奮闘するうちに、ついにパソコンはウンともスンとも言わなくなってしまい、以後立ち上がりすらしなくなってしまった。
海外での情報収集のために持参した、モバイルなどという便利で軽量でない大き目のノートパソコンは、その後物言わぬただの箱となって、私の荷物を重くするだけの存在となった。

続く。


ランキング参加中です。よろしかったら、
ポチっとな
にほんブログ村 鉄道ブログへ
 にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ  鉄道コム

|

« 42歳の地図 | トップページ | 2008年欧州の旅【8】ドイツ~オランダ ICE始末記 »

世界の旅人」カテゴリの記事

コメント

ハワイに行った時・・・、
何日も日本食から遠ざかっていたので
食べたうどんがとっても美味しかった事
思い出しました。
味も日本と同じでした。
意外と日本食・・・とうたっていても
ガッカリすることがあります。
ちなみに私達夫婦・・・外国に行ったら、
お米を食べなくても大丈夫なんです。

投稿: マーチャン | 2014/08/27 08:32

こんにちは^^
欧州旅行記、とても興味深く拝見していますよ。
ヨーロッパには、夫は研修で、息子達は学生時代に
友人との旅行で訪れていますが、こういった具体的な
話はほとんど聞いてなくて(聞いても忘れたのかも)
手元に残ったお土産だけで満足している私ですので(笑)

投稿: ターコイズ | 2014/08/27 09:45

遅くなってしまいましたが、お誕生日おめでとうございます。
私よりも、若干??年下なのですね(笑)
18歳で手放したご両親・・・さみしかっただろうなぁ・・・。
私も、両親の仕事の関係で、大学入学と同時に独り暮らしを始めざるを得なかったのですが、今、息子がその年になって、自宅から大学に通ってくれていてほっとしてます(笑)子離れできないダメ母ですね・・・

ヨーロッパの旅・・・一緒に回ってるようで楽しいです。
実は、ヨーロッパには行ったことがないのです
ドイツは、日本人の感覚に一番近いと聞きますよね?
清潔さとか、気質とか・・・。サッカー選手も、ドイツに行った選手は活躍しやすいようですよね・・・。
海外に行った後に、お米と味噌汁を見て、安心すると・・・日本人だなって、しみじみ思います。

投稿: ai | 2014/08/28 15:49

こんばんは。
ドイツは結構好きな国の一つです。
私は南の方しか行ったことがないので興味深く読みました。
日本食、日本のお店多いですね。
地元のお料理は食べられたのかしら?
私も行きたいけれどこの先行く機会は作れるのかな~。。
ドイツワインはモーゼルよりラインが好きな私です。
やっぱり行って本場で飲みた~い(笑)
続き楽しみにしています。

投稿: ミミ | 2014/08/30 21:17

>マーチャンさん
いつもありがとうございます。
ハワイぐらいですと、ちゃんとした日本食を食べさせてくれるところも多いのでしょうね。
アメリカ本土やヨーロッパなどですと、「日本食の店」を謳っていても怪しいところはめちゃくちゃ多いですよね。まあ意外とそういうところは雰囲気で判ったりするんですけど(笑)

本来食事は郷に入りては郷に従え、で、現地のものを食すのが筋なんでしょうね。

投稿: いかさま | 2014/08/31 22:16

>ターコイズさん
いつもありがとうございます。
私は旅行先で、肝心なところで写真を撮らない、という悪い癖があるのですが、行動や出来事に関してはちょこちょこメモをとる方なので、記憶としてはよく残っているほうかもしれません。

おまけにこのシリーズは、以前熱心にやっていた「mixi」の日記からの再録も含まれていますので、余計にリアルなんです(笑)

投稿: いかさま | 2014/08/31 22:18

>aiさん
コメント&お祝いメッセージありがとうございます。
考えてみると子供と一緒に過ごせる時間って、人生の中でとても短いんですよね。たった18年、おまけに我が家の場合は、現在の単身生活が数年は続くと思われますから、さらに短くなります。一緒の時間、大切にしなきゃいけませんね。

ドイツは国の雰囲気、国民性が日本に近いと確かによく言われていますね。自動車を中心とした有数の工業国であることも、過去の歴史の一時期ほぼ同時にファシズムに傾倒したことも(笑)よく似ています。
現地のラーメン屋さんは、日本人駐在員だけでなく、ドイツ人の方も多く来ていました。食文化もうまく受け入れてもらえているのでしょうかね。

投稿: いかさま | 2014/08/31 22:25

>ミミさん
いつもありがとうございます。
南のほうと言いますと、ミュンヘンとかシュトゥットガルトあたりでしょうか。私はこの次の年も中部専門でしたので、うらやましいです。

考えてみると、デュッセルドルフで食事を4回(朝2回、昼・夜各1回)とっているのですが、朝はホテルのバイキング、昼はラーメン、夜は「日本館」ですから、一度もドイツ料理を食べていませんね(笑)
ケルンで飲んだビールくらいです。もっとも、それすらも下戸のいかさまさんには違いがよく判らないのですが(笑)

投稿: いかさま | 2014/08/31 22:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2008年欧州の旅【7】ニッポンの溢れる街~ドイツ・デュッセルドルフ:

« 42歳の地図 | トップページ | 2008年欧州の旅【8】ドイツ~オランダ ICE始末記 »