« 2008年欧州の旅【7】ニッポンの溢れる街~ドイツ・デュッセルドルフ | トップページ | スポーツ選手の引退 »

2014/08/31

2008年欧州の旅【8】ドイツ~オランダ ICE始末記

続き

日本の香りを大いに満喫した1日を終え、翌10月15日、私たちはデュッセルドルフを発ち、次の目的地、オランダのデン・ハーグへと向かった。

ヨーロッパの域内移動には鉄道が非常に便利である。フランスのTGV、ドイツのICEなどを筆頭に、国内主要都市を結ぶ高速鉄道網が充実しており、一部の列車は国境を越えて乗り入れていく。

08101420 私たちがこれから乗車するのは、デュッセルドルフHBF駅9時15分発のICE226列車。フランクフルト始発で、国境を越えてアムステルダム中央駅までをおよそ4時間で結ぶ列車である。私たちが乗車するのは、アムステルダムの1つ手前の停車駅、ユトレヒト中央駅までである。

08101504 車内は回転できない2人掛けのブルーグレーの座席が中央に向かってずらりと並ぶ、ヨーロッパの列車では標準的な配置である。車内は白を中心に明るい雰囲気でまとめられており、落ち着きがある。デッキとの間に設けられたガラスの自動ドアの上には、日本の特急列車と同様、LEDを用いた案内装置が設置されている。

08101505 座席に座って周囲を見回す。目に付いたのは、荷物棚に設けられた小さなLED表示器。日本の列車なら「1A」などと座席番号が貼られている場所である。表示内容を見ると、「DUSSELD-UTREGHT」の文字。私たちがこの座席を予約している区間が表示されている
ICEは座席指定制であるが、指定を受けなくても空いている座席に座ることができる。座席指定料金は必要ない。座席指定の発券状況が車両側にデータ送信されており、区間表示がなかったり、表示された区間の外では自由席の扱いになるのである。この柔軟性は日本の特急列車も参考にすべきではないかと思う。

08101506 8両編成の中ほどには「ビストロ車」があり、日本のビュッフェ車のように軽食を供するカウンターと立席のフリースペースがある。何気なく覗いてみると、日本人の3人組がいる。某有名調味料会社と広告代理店の社員で、見本市などの視察で来ているとのこと。しばし歓談し、みんなで記念撮影。帰国後、写真のやり取りなど、なんどか連絡を取り合ったが、いつしか没交渉になってしまったのは残念である。

さて、ICE226列車は、ドイツ・オランダ国境を越えるあたりから歩みがゆっくりとなった。どうやら遅れも発生したらしく、ユトレヒト到着予定の10時56分になっても、まだ農村地帯を走り続けている。私たちはユトレヒトで11時15分発のデン・ハーグ中央駅行き列車に乗り換えることになっており、駅には現地視察先の方も迎えに出てくれることになっている。

結局ユトレヒト中央駅に到着したのは、およそ30分遅れの11時25分頃。当然だが乗る予定だった列車の姿はすでになく、30分後の列車に乗ることになる。
「ヨーロッパの鉄道はよく遅れるぞ。乗り継ぎ20分で大丈夫か?」とのボスの懸念に対し、 「大丈夫です。今はそんなことはないです。特にドイツは大丈夫ですし、国際列車がそんなに遅れたら、そこらじゅうのダイヤに影響が出て大変なことになります。」2008102_246
と豪語した私の信頼性は急激に低下し、先方との待ち合わせ時間・場所も二転三転。視察先の関係で昼食の時間もなくなった私たちは、視察先の農場でいただいた、ヘチマのように大きな水っぽいきゅうりだけで腹を膨らませることになり、メンバーの恨みを買うことになった。


続く。


ランキング参加中です。よろしかったら、
ポチっとな
にほんブログ村 鉄道ブログへ
 にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ  鉄道コム

|

« 2008年欧州の旅【7】ニッポンの溢れる街~ドイツ・デュッセルドルフ | トップページ | スポーツ選手の引退 »

鉄道の旅人」カテゴリの記事

世界の旅人」カテゴリの記事

コメント

やっぱり日本人の性格(正確)さは、世界一の様ですね

投稿: 姉さん | 2014/08/31 22:24

仕事で行く外国は電車の遅れを考慮しないと
大変ですね。いかさまさんの狼狽?したであろう
気持ちを考えると・・・さぞ焦った事でしょうね。
私はベルギーからオランダに入りましたが、
電車の遅れはありませんでした。ブルージュからオランダの
ドイツよりの町に行きました。
電車は日本の新幹線みたいでとても快適でした。

投稿: マーチャン | 2014/09/01 09:02

>姉さんさん
いつもありがとうございます。
日本の鉄道が正確なのは、線路容量に対して列車の本数が多すぎるため、正確でないと大変なことになる、と言う背景もあるようです(笑)
名誉のために申し上げると、この翌年も同じ路線に乗車しましたが、寸分狂わずダイヤどおりでしたよ。

投稿: いかさま | 2014/09/03 01:44

>マーチャンさん
いつもありがとうございます。
「20分の乗り継ぎ」というのは日本人の感覚からするとかなり余裕を持っているはずですが、やはり日本のようにはいきませんね(笑)とはいえ、限られた時間でこなす内容が多いと、あまり余裕を持った行程にできないのも切ないところです。
ICEは雰囲気が確かに新幹線に近いですね。落ち着きがあり、快適な感じでした。風貌は九州で走っている「白いソニック」にそっくりでしたが。

http://ja.wikipedia.org/wiki/JR%E4%B9%9D%E5%B7%9E885%E7%B3%BB%E9%9B%BB%E8%BB%8A

投稿: いかさま | 2014/09/03 01:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2008年欧州の旅【8】ドイツ~オランダ ICE始末記:

« 2008年欧州の旅【7】ニッポンの溢れる街~ドイツ・デュッセルドルフ | トップページ | スポーツ選手の引退 »