« 2008年欧州の旅【4】フランス・パリ(4) 仏つくって… | トップページ | 2008年欧州の旅【5】フランスからイギリスへ »

2014/08/04

かみかわ点描【5】夏の美瑛~旭川

好天に恵まれた週末。全国的に猛暑日の地点が多かったと聞くが、こちら北海道も気温が上がった。
今週末は全道に散る職場の仲間たちとキャンプの予定だったのだが、突発的な仕事が入り中止に。土曜日は、空調が不調を来たした事務所の中で終日書類の整理。31.2度まで上がった旭川では、窓を開けていても風が通らず、汗だくになりながら夜まで過ごした。

今日、日曜日は旭川で32.2度と、昨日よりさらに最高気温は上昇。猛烈に忙しかった1週間の影響で外出する気も起きず、終日家でダラダラ。道路に面したアパートの1階で窓を開け放つのは気が進まないのだが、体がおかしくなるよりはましである。午後3時過ぎから2時間ほどベッドの上で横になっていると、目が覚めたときには全身風呂あがりのようにびっしょり。シーツの洗濯という余計な仕事が増える。

ところで、昨夜何気なくテレビを見ていると、テレビ東京系の「出没!アド街ック天国」の特集が北海道・美瑛町。これまでにも何度か当ブログで紹介しているが、仕事の関係上、訪問する機会が非常に多い。国道筋から外れた白金温泉や青い池などに立ち寄るのは少々気が引けるのでまだ未経験だが、ベスト20に取り上げられた他の場所には縁がある。

アップダウンの大きい丘に囲まれ、「丘のまち」と名乗る美瑛町。その起伏の激しい地形が、美しいパッチワークの風景を創出している。少し丘を登ればどこからでも胸のすくような景色を眺められるのが特徴である。残念ながら一番いい時期に行くことができなかったので、ちょっと時期はずれの写真だが並べてみる。

Img_1272 Img_1236_2
番組でも軽く触れられた「境界木」のひとつ、「ケンとメリーの木」があるのは、市街地の西側に広がる丘の上。旭川への裏道の途中にある。駐車公園もあり、誰でも自由に写真を撮れるが、最高のポイントは売店のテラスかららしい。ここへは売店で300円以上買物をするか、100円の入場料を払うかしないと入れない。
また、美瑛から富良野へ向かう途中、国道の東側に広がる丘の途中には、「四季彩の丘」と名付けられた観光農園。写真ではうまく伝えられないが、この季節、色とりどりの花が咲き、遠来の観光客の目を楽しませている。奥にはやはりパッチワークの畑が広がる。ここの入園は寄付金制である。

Img_1185_2 Img_1186_2
14位にランキングした市街地の洋食店「じゅんぺい」。以前から勤務している職場の仲間に聞くと、一時閉店していたのだが、最近移転して再オープンしたのだとか。店の前に置かれたフォルクスワーゲンがかわいらしい。
テレビで紹介されていた「ジュンドッグ」「エビ丼」はもちろんだが、あっさりとしたソースで味付けしたサクサクのカツ丼もおすすめ。市街地に近く、「鉄」の人にも立ち寄りやすい。

Img_0869 Img_0870
10位で紹介された「美瑛選果」は、地元のJAが経営する直売所で、米から野菜まで地元産の農産物を幅広く扱っている。国道237号線に面した市街地にあり、車で立ち寄るのに非常に便利である。北海道ミシュランにも掲載されたレストランは、経済的に少し敷居が高いけれども、売店で売っている360円の「イチゴジュース」はとても濃厚でおいしく、地元の方のおすすめである。

Img_1270
馬鈴薯(じゃがいも)や麦など、畑の作物のイメージが強い北海道の農産物。美瑛町もその例に漏れず、全町約13,000haの農地のうち、およそ3,000haが、牧草やデントコーンなどの飼料作物が約2,000ha。てん菜(ビート)・馬鈴薯水稲が約1,000haと続く。これらの畑作・稲作の多さがパッチワークの風景のもとになっている。
その美瑛町の隠れた名産品がトマト。ハウス栽培がほとんどで作付は30haほどと畑に比べれば小さいが、作付ランキングは道内5位。現在も振興作物として面積は拡大中で、立派な選果施設も整備されている。夏から初秋にかけては北海道産のトマトの需要は高く、本州へも大量に出荷されている。皆さんの口にも、知らないうちに入っている、かも。

ランキング参加中です。よろしかったら、ポチッとな
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ

|

« 2008年欧州の旅【4】フランス・パリ(4) 仏つくって… | トップページ | 2008年欧州の旅【5】フランスからイギリスへ »

北海道の旅人」カテゴリの記事

コメント

この番組みてました
いつか行きたい行きたいと思いつつ
なかなか行けません
温泉施設も近くにできたみたいで
これは是非とも行かなきゃ
それとも家を借りて移住体験でもしてみましょうか(笑)

投稿: buzzっち | 2014/08/04 19:13

こんばんは。
あ~見逃しました~~
美瑛町やってたのですね。残念!
ここは少し立ち寄っただけですが雄大で美しい風景が素敵でした。
次回行く時はラベンダーの季節に行きたいです^^

投稿: ミミ | 2014/08/04 22:19

おはようございます。
( ̄▽ ̄)スーハースーハー
美味しい北海道の空気戴きました。

こちらは梅雨に逆戻りみたいな毎日です。

投稿: mitakeya | 2014/08/05 06:21

こんばんは。
お久しぶりです。
いつもさすがの文章ですが、やはりフランスよりも北海道の方が思い入れを感じますね。
写真はどちらもステキですけれど。
イチゴジュース飲んでみたいですねぇ!

投稿: ミナゾウ | 2014/08/05 23:43

美瑛の写真、素敵ですね
北海道の雄大さを感じます。
娘は修学旅行で北海道のどこに行くのかな~。

投稿: 瑠璃 | 2014/08/06 20:03

>buzzっちさん
いつもありがとうございます。
いつか行ける、いつか行けると思っていると
なかなか行けないのが近くの観光地と有名な
観光地です。
これはぜひとも来なければなりませんね。
向う数年以内であれば足付きでご案内できると
思います。

移住して来られたらご近所さんですね。
毎週末が楽しみで仕方がないです(笑)

投稿: いかさま | 2014/08/08 23:05

>ミミさん
いつもありがとうございます。
私も偶然テレビをつけて見つけた、というのが
真相です(笑)ラベンダーは7月中旬から下旬に
かけてが見頃です。一面紫色の絨毯のような
風景も、つぎはぎのような丘の景色も素敵です。
次回は必ず声をかけてくださいね(笑)

投稿: いかさま | 2014/08/08 23:07

>mitakeyaさん
いつもありがとうございます。
空気感伝わりましたか?ちょっと残念なことに、
ちょうど7月下旬ごろ、シベリアの山林火災の
影響で、PM2.5が大量に混じった雨が降っており
まして(笑)、空気が少し汚れてしまいました。

が、森林と農地に囲まれた北海道、現地の空気と
食べ物のおいしさはオススメです。
ぜひ遊びにお越しください。

投稿: いかさま | 2014/08/08 23:09

>ミナゾウさん
ご無沙汰しております。コメントありがとう
ございます。

そうですか、文章は常に抑えて書いている
つもりではありますが、ミナゾウさんには
私の心が伝わってしまったようですね(笑)
イチゴジュースは、嫁が買ったものを私も
ひと口だけいただきましたが、独特の酸味が
軽くきいた濃厚な味でした。おすすめですよ。

投稿: いかさま | 2014/08/08 23:13

>瑠璃さん
いつもありがとうございます。
都市部ですと比較的フラットで、だだっぴろい
田園風景が広がるところが多いですが、この
美瑛周辺の景色は独特ですね。私のつたない
写真では本当の美しさを伝えきれないのがとても
残念です。

娘さんの修学旅行はいつごろなのですか?
旗持ってお迎えに行きますよ(笑)

投稿: いかさま | 2014/08/08 23:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: かみかわ点描【5】夏の美瑛~旭川:

« 2008年欧州の旅【4】フランス・パリ(4) 仏つくって… | トップページ | 2008年欧州の旅【5】フランスからイギリスへ »