« 2008年欧州の旅【11】アムステルダムの闇 | トップページ | うれしい贈り物。 »

2014/09/13

2008年欧州の旅【12】アムステルダムの夜

さらに夜の話。18歳未満の方およびその方面に嫌悪を催す方は、健全なブログをご紹介しますので、どうぞこちらへ。

Pa313813 性風俗博物館や拷問博物館に象徴されるように、性に関して非常にオープンなオランダ。ダム広場から旧教会付近にかけてを散策していると、怪しげな店をたくさん見掛ける。エッチなDVDを販売している店もあり、日本人は上客なのか、日本語の看板を掲げて商売にいそしむ店もある。

そんな中、狭い小路に面して、赤いランプの灯る窓が無数に並んでいる一角がある。
オランダ名物の「飾り窓」である。

F1000078 窓の向こうに、ゲルマン系からラテン系、アジア系から黒人に至るまで、あらゆる種類のおねえちゃんが下着姿で立ち、なまめかしいポーズをとっている。要するにおねえちゃんは窓の向こうに飾られた「商品」なのである。

商品である以上、お買い上げをするのにはお金が必要である。私は国や人種のいかんを問わず、お金を払ってまぐわうのが嫌いなタイプなので、興味本位で眺めてみるだけだが、せっかくの機会なのでいろいろと情報を収集してみる。

Pa313812 おねえちゃんの立つ窓の向こうに目を凝らしてみると、部屋のサイズはほんの数畳といったところである。部屋の中にはベッドがどん、と鎮座している。流し台らしきものは片隅についているが、シャワーなどはあるような雰囲気ではない。
客は飾り窓を眺めながら好みのタイプの女性を物色し、これは、と思ったところでドアを開けて直接交渉、商談成立すれば窓の向こうに入っていくことになる。窓にカーテンが下りている部屋は、まさにお買い上げ中ということである。

面白半分に何軒かのドアを開けて「ハウマッチ?」などと尋ねてみると、おおむね相場は20分で50ユーロ。あるところで100ユーロと言われ、「Too expensive!」と驚いて見せると、「Two girls!」と言って奥からもうひとりおねえちゃんが出てきたりする。「SM」などという看板を掲げた窓もあり、バリエーションも豊富である。

日本でいう飛田新地あたりを彷彿とさせる光景であるが、基本的に写真撮影はNGである。殊におねえちゃんの立っている窓にカメラを向けるのはご法度だとのことなので、訪問される方はご注意を。

ともあれ、こうした異文化に触れること10日間、もちろん仕事の勉強もみっちりとこなしたヨーロッパ研修は終わり、10月19日午後、私たちは成田空港へと帰着した。
この研修が私の海外研修資格試験への意欲につながったことは以前にも書いたとおりである。私が2ヶ月間の海外研修のため、成田空港からアメリカ・ボストンへ向けて飛び立ったのは、ヨーロッパ研修の翌年、今からちょうど5年前の今日、2009年9月13日のことであった。



ランキング参加中です。よろしかったら、
ポチっとな
にほんブログ村 鉄道ブログへ
 にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ  鉄道コム

|

« 2008年欧州の旅【11】アムステルダムの闇 | トップページ | うれしい贈り物。 »

世界の旅人」カテゴリの記事

コメント

へ~~っ!! な話ですが、我が家の男どもは
みんなヨーロッパへは出かけているのに、こんなことは
ちっとも話してくれず。。。当たり前ですかね

投稿: ターコイズ | 2014/09/13 23:18

いたって「健全」なブログに誘導されました
予想どおりだった、という話も・・・ ( ´艸`)プププ

投稿: 瑠璃 | 2014/09/13 23:48

まさか〜!って思って開くと
やっぱりかい!って結末に(笑)
レフリーの隙をつきパンツから凶器を出す
タイガージェットシンとシークの
極悪非道コンビの復活やわ

ところでいかさまさんはどのお部屋に入ったん?
ここだけの内緒話でええから(笑)

投稿: buzzっち | 2014/09/14 04:06

まるで 吉原みたいなのがオランダにあるんですね~。
全く縁のない所なので、へえ~そんなのがあるんだ~と
読みました。色んな海外経験がありますね。

投稿: マーチャン | 2014/09/14 09:28

健全なブログに行ったら、buzzっちさん家だった(-_-;)
むふふふっ
って、ちゃんとエロアムス記事も読んだよぉ
「あんたも好きね~」という言葉を送りましょ~

投稿: と~まの夢 | 2014/09/14 15:57

こんばんは。
更新早いですね~。
有名な飾り窓。そこまで行かれたとは度胸ありますね。
私が訪れた時、ツアーの男性陣に絶対行かないようにと添乗員が叫んでいました。
中の様子なんて滅多に見られません。
貴重な写真を拝見できて感謝です。
あからさまな風俗のお店や大麻のショップ、R18芸術などビックリする事が多い国ですが、こういう事を隠す日本と比べるとむしろ健全な気もしてしまう私です
人間にはこういう面もあると潔い気がするのです。
…余計な事を書きました。
楽しかったです。ありがとうございました^^

投稿: ミミ | 2014/09/14 20:50

(*^ω^*)ノ彡buzzっちさんへ飛ぶんかい!
(* ̄0 ̄)ノまっ!具合のいいところでお開きお開き!
夜のアムステ報告ありがとうございました。

投稿: mitakeya | 2014/09/15 15:45

>ターコイズさん
いつもありがとうございます。
そうですね。この手の話は基本的にレディーの前ではしないのがジェントルマンの身だしなみですよね。
私はジェントルマンでないのでこういう場面でしっかりご報告したりするのです(笑)

投稿: いかさま | 2014/09/18 00:57

>瑠璃さん
いつもありがとうございます。
まあ予想通りといえば予想通りですよね。
私は実際にお会いして、あの方はこれまでに私がお会いした方の中でも5本の指に入る健全な方だと思いましたもの。

まあ私、人を見る目がないので有名なんですがね(笑)

投稿: いかさま | 2014/09/18 00:59

>buzzっちさん
いつもありがとうございます。
「まさか~」と思って開くあたり、健全との自負がおありになるものと推察いたします(笑)
私はタイガージェットシン、シークのどちらなんでしょうかね。

ここだけの内緒話ですが、私は面白半分に片っ端からドアを開けて「ハウマッチ」を連呼しただけで部屋の中には入ったりしません。本当です(笑) 本当ですを連呼すると信憑性は下がるようですが。

女性は日本人に限りますね(爆)

投稿: いかさま | 2014/09/18 01:02

>マーチャンさん
いつもありがとうございます。
実は私、吉原には足を踏み入れたことがないのです。ですからどんな雰囲気かわからないのですが、きっとそんな雰囲気なんでしょうね(笑)

実行するかどうかは別として、こういう全く異文化に足を踏み入れることができる、貴重な体験です。

投稿: いかさま | 2014/09/18 01:04

>と~まの夢さん
いつもありがとうございます。
健全な誘導だったでしょう?(笑)
「エロアムス記事」とのご評価ありがとうございます。
かつて私の取引先の方が言っていた言葉に、
「だいたい男なんて、そっち方面が好きか大好きか、ふたつにひとつだ」
というものがあります。けだし名言だと思います(笑)

投稿: いかさま | 2014/09/18 01:06

>ミミさん
いつもありがとうございます。
私たちも案内人の方に「行くな」と言われたのですが、「行くな」と言われると行きたくなるのが人間の性分であります。中に入るかどうかは別ですけれどもね(笑)
こういう形で欲求をオープンなものにするのか、包み隠して謙虚さをアピールするのか。これも国民性の差なのでしょうね。
驚くことと言えば、この翌年、もっと驚く体験をしているのですが、おいおいご紹介したいと思います(笑)

投稿: いかさま | 2014/09/18 01:09

>mitakeyaさん
いつもありがとうございます。
mitakeyaさんのご要望にお応えして、夜の部もご紹介させていただきました(笑)。ご満足いただけましたでしょうか。

「健全なリンク」を含め、皆様の期待を裏切らない。いかさまのささやかなモットーであります。

投稿: いかさま | 2014/09/18 01:11

>>瑠璃さん
>いつもありがとうございます。
>まあ予想通りといえば予想通りですよね。
>私は実際にお会いして、あの方はこれまでに
>私がお会いした方の中でも5本の指に入る
>健全な方だと思いましたもの。
3本の指じゃダメなんですか?

>まあ私、人を見る目がないので有名なんですがね(笑)
私も奥ちゃまに人を見る目がないと怒られますけど

投稿: buzzっち | 2014/09/18 08:25

>>buzzっちさん
>いつもありがとうございます。
>「まさか~」と思って開くあたり、健全との自負が
>おありになるものと推察いたします(笑)
当然ですがな

>私はタイガージェットシン、シークの
>どちらなんでしょうかね。
時々火吹くシークに決まってるやん

>ここだけの内緒話ですが、私は面白半分に片っ端から
>ドアを開けて「ハウマッチ」を連呼しただけで
>部屋の中には入ったりしません。
>本当です(笑) 
>本当ですを連呼すると信憑性は下がるようですが。
またまた 上司の命令でとかいうんじゃないでしょうね
でっ 本当にどうでした?(笑)

>女性は日本人に限りますね(爆)
ここは「日本人」じゃなくて「奥様」でしょう

投稿: buzzっち | 2014/09/18 08:31

>buzzっちさん
5本の指の中でも十分上位に食い込んでるじゃないですか。
蓮舫が聞いたら怒りますよ(笑)

人を見る目については、私のbuzzっちさんに劣らぬ健全性にまだお気付きいただけないということは、確かに奥様のおっしゃるとおりかもしれませんね(笑)

アムステルダムでの夜の件については、いずれじっくりお話ししましょう。北海道でお待ちしております。

追伸:うちの奥さんも日本人、ということではダメですかね?

投稿: いかさま | 2014/09/19 02:08

こんばんは。
久しぶりに覗いたら、随分趣の違ういかさまさんの別の顔が…
海外研修の楽しみをご紹介いただき、参考になりました。
金額にしろ、システムにしろ、日本にもある場所にしろ全然知らなかった情報でした。
なるほど…
知識を得たのに何故か残念な気分になるのは何故でしょうね…(−_−;)

投稿: ミナゾウ | 2014/09/21 23:33

>ミナゾウさん
いつもありがとうございます。
お断りしておきますが、この記事の中で私の別の顔が見えたわけではありません。私は不変です。私が見ている対象がちょっと変わっているだけです(笑)

こうした商売が成り立つのは供給に対して隔日に需要が発生するから、という非常に明快な理由なのですが、おそらくその需要の大きな割合を形成しているのが日本人なのだろう、ということは、ビデオ屋の看板を見ても容易に想像がつきますね。

投稿: いかさま | 2014/09/27 03:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2008年欧州の旅【12】アムステルダムの夜:

« 2008年欧州の旅【11】アムステルダムの闇 | トップページ | うれしい贈り物。 »