« かみかわ点描【6】いかさま家の休日・秋のドライブ | トップページ | 2014秋・東海道中乗りつぶし【5】岳南電車は「岳」の「南」だった。 »

2014/10/19

2014秋・東海道中乗りつぶし【4】幻の大井川鐵道

少し時間が空いてしまったが、続きを

Shizuoka 20140921009
 9月21日、日曜日。7時27分発の電車で島田から5分の金谷へ移動。最初の目的は大井川鐵道である。
大井川鐵道は、金谷-千頭間の大井川本線と、千頭-井川間の井川線、通称「南アルプスあぷとライン」の2線からなる。このうち大井川本線は、SL列車を定期的に運行していることで名高く、今年からは「きかんしゃトーマス」に扮したSLも登場した。予約が即座に埋まるこの列車に一人分だけもぐりこむように、私の予約も入っている。

 だが、私の目的は「トーマス」ではない。そもそも大井川本線はすでに乗車済みである。まだ鉄道全線完乗など夢物語だった高校時代、同級生の女の子との生まれて初めてのデートで、SL列車に乗って千頭まで往復した。1990年1月2日である。彼女が望んだのではない。私が勝手に決めたデート先である。
 このような独りよがりの恋愛は長く続くわけがなく、手さえつながぬままに終わるのであるが、帰りの東海道本線の電車の中で、隣の席で居眠りした彼女の頭が私の肩に触れた感触は、その後しばらくよく覚えていた。

20140921005 20140921007
 話が逸れた。目的はトーマスではなく、未乗区間である井川線に乗ることである
 ところが、JR金谷駅に隣接する大井川鐵道金谷駅の窓口へ行くと、無情にも豪雨災害による井川線の区間運休を告げるお知らせが掲げられている。
 私は今回、列車時刻を調べたりSL列車の予約したりするために、何度も大井川鐵道のホームページを訪問しているが、この情報には気付かなかった。あらためてスマートフォンでホームページを見てみると、お知らせのところに非常に小さく運休の情報が書かれていた。いずれにしても今回の目的の中でも最大級である井川線の完乗はできなくなった。自分のミスが原因だから、誰を責めるわけにもいかず、フラストレーションが溜まる。

 ともかく、井川線の完乗が不可能になった今、トーマス列車が走っていようがわざわざ千頭まで行く理由はない。乗りつぶしにおいてトーマス列車の存在は添え物でしかないからである。
 ただ、添え物だからとはいえ、職場の仲間たちに「トーマス列車に乗る」ことを公言し、珍しく一部の仲間から羨望の目で見られた出発前の光景を思い出すと、それを断念することは内心忸怩たる思いがないわけではない。

20140921008  どうすべきか散々逡巡した挙句、結局私は、乗車予定だった7時48分発の千頭行き普通電車を見送った。近鉄特急から転身した2両編成の電車は、20人ほどの乗客を乗せて去って行った。
 私は窓口で「トーマス列車」の予約をキャンセルし、7時53分の東海道本線上り熱海行き普通列車に乗った。悶々とした気分はしばらくおさまることがなかった。

続く。


ランキング参加中です。みなさまの「クリック」が明日への糧になります。よろしかったら、
ポチっとな
にほんブログ村 鉄道ブログへ
 にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ  鉄道コム

|

« かみかわ点描【6】いかさま家の休日・秋のドライブ | トップページ | 2014秋・東海道中乗りつぶし【5】岳南電車は「岳」の「南」だった。 »

鉄道の旅人」カテゴリの記事

コメント

私は大井川鉄道で金谷ー千頭間は乗ったことないんですが
近くまでは行っていて、走る機関車を
カメラに収めたりしたことは何度かあります。
長男は旦那さんと乗ったことあるんですけど。
私は実は逆に千頭ー井川間のアプト電車だけ
乗った経験があります。6~7年前、長男がやっていた
スポ少の合宿を井川の山奥でやりまして…。
とても景色がキレイでした。
いかさまさんもまたぜひリベンジにお越しくださいね。

投稿: きゃんぴ | 2014/10/19 23:17

子供の頃は汽車しか走ってなかったなあ。
トンネルで窓をしめたりしてね。

隔世の感ですね。

投稿: うさぎさん | 2014/10/20 05:30

ちょっと早い目に相談してくれたら職場の同僚用に
いかさまさんとトーマス(プラレール)の
合成写真作ったのに(笑)

投稿: buzzっち | 2014/10/20 16:53

( ̄ー ̄)ニヤリ若き日の思いでいいですね。
でも残念でしたね運休。
またの機会があると思えば楽しみ先延ばしで
また来れる楽しみがあるかもですね。

投稿: mitakeya | 2014/10/20 20:12

今度の機会に・・・・・
なんて言ってるうちに
そのまま廃線にならなければいいけど・・・・

投稿: 姉さん | 2014/10/20 21:10

>きゃんぴさん
いつもありがとうございます。
金谷-千頭間が未乗、千頭-井川間が乗車済みというのは、遠来の乗り鉄から見るとかなりレアな存在です(笑)地元の方ならではですね。
ダム工事の関係で線路が付け替えられて、結果アプト式鉄道になった井川線。もちろん乗らずにいるわけには行きません。近日リベンジですよ!

投稿: いかさま | 2014/10/22 00:30

残念でしたね。でも、その吹っ切りいいな。

投稿: キハ58 | 2014/10/22 00:32

>うさぎさんさん
コメントありがとうございます。
私が物心付いたころには、残念なことに大半の鉄道からSLの煙が消えた後でしたが、私たちの先輩方にとっては煙と汽笛はきっと原風景なのでしょうね。
大井川鐵道はそういう原風景を身近に味わわせてくれる路線だと思います。
時間にさえ終われていなければ、のんびりSL列車に揺られてみたいとは思いました。

投稿: いかさま | 2014/10/22 00:32

>buzzっちさん
いつもありがとうございます。
いいんです。出雲大社前駅まで行って出雲大社に行かない、豊川稲荷駅まで行って豊川稲荷に行かない、これがいかさまクオリティなのです。
「トーマスに乗る!」と豪語して出掛けてのこの体たらく、周囲は「やっぱりねぇ」という反応を示してくれました(笑)

投稿: いかさま | 2014/10/22 00:35

>mitakeyaさん
いつもありがとうございます。
そんなしょっぱい思い出をつくるような時代が私にもあったのです(笑)
若き日の恋愛は二度とめぐってきませんが、次回井川線を訪問するときは、振られ続けた彼女とデートするような神聖な気持ちで出掛けたいと思います。

投稿: いかさま | 2014/10/22 00:37

>姉さんさん
いつもありがとうございます。
実はそこが一番気になっているところなのです。
これまでにも乗車した直後に路線の廃止話が持ち上がる、ということがしばしばありました。そういう時代なんだということなのでしょうが、なんとか次回訪問時まで持ちこたえていて欲しいものだと、切に願います。

投稿: いかさま | 2014/10/22 00:38

>キハ58さん
いつもありがとうございます。
こういう乗り方がいいとは必ずしも思わないのですが、やはり遠いから時間の縛りがあるせいでしょうね。出発前にいつもきっちり予定を立てて出かけるのですが、たいてい途中でこういうことになるので(笑)、最後は原形をとどめない行程になります。
これはこれで楽しいですけどね。

投稿: いかさま | 2014/10/22 07:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2014秋・東海道中乗りつぶし【4】幻の大井川鐵道:

« かみかわ点描【6】いかさま家の休日・秋のドライブ | トップページ | 2014秋・東海道中乗りつぶし【5】岳南電車は「岳」の「南」だった。 »