« 東海道中乗りつぶし【7】♪あまぎ~ご~え~ | トップページ | 東海道中乗りつぶし【9】十国峠から箱根へ »

2014/11/16

東海道中乗りつぶし【8】伊豆急行から伊東線へ

続き。

 天城峠旧道へ車を乗り入れておよそ25分、くねくねと曲がった道路はようやく本線に合流、深い山の中をゆったりと下っていく。相変わらず右に左にと道路はくねっているが、旧道のそれとは比べ物にならない。再び快適なドライブが続く。

20140921085 20140921086
 5分ほど下ると、不意に視界が広がり、道路は大きく右へとカーブを切る。右手にはこれから下っていく道路が見える。河津七滝高架橋、通称「河津七滝ループ橋」である。
 この橋が架かる場所は、高低差75m、直線距離約500mの谷になっている。そこを、直径約80mの円を2周しながら下っていく。橋の高さは45m、総延長は約1.1kmと、壮大なループ橋である。橋を渡りきった先を左折し、河津七滝方面へ向かっていくと、その全容を足元から眺めることができる。

 時間の都合上、河津七滝観光はスキップして、先へと進む。谷あいに開けた小さな集落を結びながら下り、再び厳しいカーブをいくつも抜け、ループ橋からおよそ30分、伊豆急行の線路が道路に寄り添ってきた。それから5分ほどで、ようやく下田の市街地に入る。

20140921089  車の返却まではもう少し時間があるので、レンタカーの営業所がある伊豆急下田駅前を素通りして港へと車を走らせる。
 下田港は、1854年、日米和親条約の締結とともに開港された、近代日本の原点ともいえる港である。前年、浦賀に来航したペリーは、横浜に上陸して日米和親条約を結び、その後その細則となる下田条約を締結するために、この下田の地に滞在した。港にはペリーの来航を記念する胸像が置かれている。

20140921093  15時10分過ぎに駅前へ戻り、レンタカーを返却。走行距離はおよそ50kmで、ガソリン代の精算は656円。レンタカー料金と合わせて4,536円で2時間半のドライブを堪能したことになる。バス+鉄道と比べると2,000円ほど余計にかかったが、それ以上に楽しんだ充実感がある。車窓をのんびりと楽しむことを旨とする私としては珍しいパターンである

20140921099  伊豆急下田発15時42分の熱海行き普通電車で、伊豆急行線を北へと上っていく。電車は、観光列車「リゾート21」。窓の大きな展望車を持ち、最盛期は5編成が運転されていたが、老朽化による廃車が進み、現在は3編成。この編成は、塗装がデビュー当時の赤・青・白から濃淡ブルーのツートンカラーに塗り替えられ、「リゾートドルフィン」の愛称が与えられている。

20140921095  運よく前部展望席の最前列の座席を確保することができ、大きな正面窓から飛び込んでくる景色を眺めながらの旅となる。
 下田を出ると、稲生沢川の河岸段丘の高いところを走り、稲梓からはトンネルで山中を抜ける。河津付近で海岸線に出た後も、比較的カーブは緩やかである。1961年と開業が比較的新しい路線だからだろうか。

20140921101  河津からはおおむね伊豆半島の東海岸に沿って走る。沿線には著名な温泉地が連なっており、どの駅にもホームにはたくさんの乗客が立っている。展望室は立席禁止になっているのではっきりわからないが、後方の一般区画は相当混雑しているらしく、駅ごとに車掌の「お詫び放送」が流れている。なんだか申し訳ない気がする。


 ゴルフの聖地である川奈を過ぎ、伊東からJR伊東線に入って、17時11分、熱海に到着。私は東海道本線の普通電車で三島へ戻った。熱海から三島へは13分。予約していたホテルは無駄にせずに済んだ。日没までにはもう少しだけ時間があるが、2日目はこれで終了する。運転疲れもあり、私はホテルの近くのスーパーで飲食物を買い込み、半ば引きこもりのような一夜を過ごした。

続く。


ランキング参加中です。みなさまの「クリック」が明日への糧になります。よろしかったら、
ポチっとな
にほんブログ村 鉄道ブログへ
 にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ  鉄道コム

|

« 東海道中乗りつぶし【7】♪あまぎ~ご~え~ | トップページ | 東海道中乗りつぶし【9】十国峠から箱根へ »

鉄道の旅人」カテゴリの記事

コメント

リゾート21、なつかしいですねぇ。
私も乗りました。
熱海から、城ヶ崎海岸まで行ったんだったかなぁ。
確か、赤青白の電車でしたよ。
座席は、海に向いていました。
鯵の押しずしを車内で食べた覚えが・・・
もう、20年以上前の話ですが
今は、塗装も変わっているのですね。

投稿: 瑠璃 | 2014/11/16 23:56

私ごとですが、伊豆は地図なし、
カーナビなしで走れます。
道路は狭い所が結構ありますね。
本線から外れて山に入ると、
up/downがあって結構運転が楽しい・・・。
いかさまさんのドライブ、一緒に楽しみました。
次を楽しみにしてます。

投稿: マーチャン | 2014/11/17 10:00

>瑠璃さん
いつもありがとうございます。
「リゾート21」の中間者の座席は海側を向いていて、観光や景色を意識した電車ですね。JR乗り入れで特急としても運転されるほどの電車を、普通列車に当たり前に投入する伊豆急はすごいと感心したものです。
海岸線を走るので腐食が激しく、5本のうち2本は引退してしまったそうですが、少しでも長く頑張って欲しいものです。
鯵の押し寿司、おいしそうですね(笑)

投稿: いかさま | 2014/11/20 02:04

>マーチャンさん
いつもありがとうございます。
山がちな地形では仕方がないですが、よく整備された道路でも、かなりカーブや勾配はきつい印象ですね。北海道で生まれ育った人は、怖くて本州の道路は運転できない、という人も少なくありません。
メイドイン本州の私は、存分にドライブを堪能させてもらいましたが(笑)

投稿: いかさま | 2014/11/20 02:06

こんばんは!
観光列車「リゾート21」って車内が広くてキレイなんですね〜!
これはちょっと乗ってみたい…
初めて列車に食い付くの巻!

投稿: ミナゾウ | 2014/11/20 21:19

>ミナゾウさん
いつもありがとうございます。
このたびは列車に食いついていただいてありがとうございます(笑)
私の乗りつぶしでは時間の都合上、こうした観光列車に乗ることは少ないのですが、全国各地に遊び心溢れる素敵な列車がたくさんあります。いつかご紹介したいものです。

投稿: いかさま | 2014/11/27 00:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東海道中乗りつぶし【8】伊豆急行から伊東線へ:

« 東海道中乗りつぶし【7】♪あまぎ~ご~え~ | トップページ | 東海道中乗りつぶし【9】十国峠から箱根へ »