« 東海道中乗りつぶし【8】伊豆急行から伊東線へ | トップページ | 東海道中乗りつぶし【10】箱根横断 桃源台から湯本へ »

2014/11/21

東海道中乗りつぶし【9】十国峠から箱根へ

Hakone 続き。








 9月22日、月曜日。三島発8時45分の電車で熱海へ戻り、3日目をスタートする。

20140922003 20140922007
 最初に乗るのは熱海駅前9時18分発の箱根関所跡行き伊豆箱根バスである。発車までしばらくあるので、いかにも観光地といった風情の駅前アーケードを下り、急ぎ足で石段を下りて海岸へ出る。海岸はよく整備されており、予告編の5枚目にもあった「金色夜叉」のお宮の松と、貫一・お宮の銅像を眺め、駅前へ引き返す。ところが、急な石段の登りは思いのほかきつく、息切れしながらたどり着くと、バスは発車直前。転げ込むように乗り込むとすぐ、バスは発車した。
 路線バスの乗客は10人足らず。皮肉なことにお宮の松の目の前のバス停を通過する。ここを通ると知っていれば、こんなに苦しい思いをしなくて済んだのだが、所詮は結果論である。

20140922011 20140922035
 バスは熱海の西隣の駅、来宮の裏手を回って県道20号線へ入る。勾配は厳しく、急なカーブが続く山道を走る。お世辞にも快適とはいえないバス旅である。
 県道20号線から11号線へ入り、やや視界が開けると十国峠上り口バス停。熱海駅から約35分である。レストハウスの前に停車したバスから下車する。ここに降りたのは、伊豆箱根鉄道十国鋼索線、通称「十国峠ケーブル」に乗るためである。

 ケーブルカーはそもそも、登山や参詣のために建設されたものが多く、それに乗るための交通の便はお世辞にも良いとは言えないケースが多い。過去に乗車した筑波山ケーブル、御岳山ケーブル、大山ケーブルなど、最寄り駅からバスに数十分揺られなければならないケースも多い。ここもそのひとつである。

 こうしたところまでわざわざ乗りに出かけていくのは、正直言うとけっこう面倒くさい。延々とバスに揺られて出掛けていって、伸びる乗車距離はせいぜい1km。非常に効率が悪い。

20140922014 20140922018
 けれども、こうしたところにあるケーブルカーは、絶景をもたらしてくれることが多い。ここもまさしくそうであった。レストハウスの中にある十国登り口駅から、レオカラーのケーブルカーに乗る。ふもとから山頂の駅が見えてしまう、一直線のわずか0.3kmの路線を登り切った十国峠駅を降りると、見事な景色が広がっていた。

20140922022 20140922029
 ケーブル駅を中心に、ほぼ360度のパノラマが広がる。東の方向には、湯河原・真鶴の市街地と真鶴岬が一望できる。右手のこんもりとした山の奥に熱海の市街地が隠れているが、かなり高いところまで登ってきたことがはっきりとわかる。
 「十国峠」の看板がある北西側に目を転じると、雲に遮られてはいるが、冠雪していない山頂をぽっこりと飛び出させた富士山。その右側に箱根の山が広がっている。これまでに見たケーブルカー山頂の風景の中でも、指折りの絶景だと思う。

 下りのケーブルカーでふもとのレストハウスへ戻り、10時26分の元箱根行きのバスに乗り、今度は箱根を目指す。十国峠からおよそ15分、左手に芦ノ湖の姿が見えると、ほどなく箱根の市街地に入る。
 箱根関所跡バス停で下車。時刻は10時43分、桃源台方面への箱根海賊船は10時40分に出たばかりであり、次の船まで40分近くある。桃源台方面へは他に芦ノ湖遊覧船もあり、10時55分の便があるが、どうせ乗るなら海賊船のほうが面白そうである。

20140922041
 そこで、せっかくなので箱根関所を見学。同じ敷地内にある資料館も含め、入場料は500円。江戸時代、東海道の交通の要所であった箱根関所をほぼ完全復元したという建物は、何か背筋の伸びるようないかめしさを持つ、趣のある風情である。散歩道からは芦ノ湖の姿も望むことができる。
 関所を出て、海賊船の発着する箱根町港へ歩く。港のすぐ手前は、正月恒例、箱根駅伝の往路ゴール地点になっており、テレビで見慣れた風景である。すぐ脇には「箱根駅伝ミュージアム」なる施設もある。こちらには入らなかったが、普段の鉄道乗りつぶし旅とはずいぶん趣が違うなぁ、と、自分自身でも実感するのであった。


続く。


ランキング参加中です。みなさまの「クリック」が明日への糧になります。よろしかったら、
ポチっとな
にほんブログ村 鉄道ブログへ
 にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ  鉄道コム

|

« 東海道中乗りつぶし【8】伊豆急行から伊東線へ | トップページ | 東海道中乗りつぶし【10】箱根横断 桃源台から湯本へ »

鉄道の旅人」カテゴリの記事

コメント

今回の旅は、随分効率の悪い旅になりましたね
でも、こうゆう旅の方が私は好きですけど

投稿: 姉さん | 2014/11/21 20:47

>姉さんさん
いつもありがとうございます。コメントが遅れまして申し訳ありません。
時間的にも乗車距離的にも非効率的な旅であったのは間違いありませんね。ただ、必然とはいえ、いつもと違って時間にばかり追われることなく楽しめたのも間違いありません。

投稿: いかさま | 2014/11/27 00:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東海道中乗りつぶし【9】十国峠から箱根へ:

« 東海道中乗りつぶし【8】伊豆急行から伊東線へ | トップページ | 東海道中乗りつぶし【10】箱根横断 桃源台から湯本へ »