« 新春の京都・大阪【9】あべのハルカスに憩う | トップページ | きっぷは正しく買いましょう。 »

2015/02/27

新春の京都・大阪【10】新世界・道頓堀で締めましょう。

ちょっとお休みしてしまいましたが、続き。


Dscn4326  あべのハルカスを出て、天王寺公園の中を抜けて新世界へと向かう。平日午前の公園は人影も少なく、公園内にある天王寺動物園もお休みで、観光客の姿もない。路上生活者の姿が何人か見かけられ、足早にその前を通り過ぎる。木々の向こうにちらりと見える通天閣の頭が、徐々に近づいてくる。

Dscn4327_2  公園を抜けると、すぐ目の前に、新世界の賑やかな光景が広がる。細い道路の両側に、無数の店が並んでおり、ここは公園とうってかわって賑やかである。名物「串カツ」と大書きした看板が、次々と目に飛び込んでくる。店の前に商売の神様「ビリケンさん」を置いている店も多い。まだ子供たちが小さい頃、大阪土産にビリケンさんのノートを買っていったことがあり、それ以来興味津々の子供たちも、ビリケンさんと北海道では見られない通りの雰囲気に戸惑いながらも喜んでいる。

 

Img_1582  「づぼらや」の大きなフグの角で右に曲がり、新世界の象徴、通天閣へ向けて歩く。さきほどあべのハルカスから見下ろした通天閣だが、近くから見上げてみると、高さはともかく、やはり威圧感がある。昭和の香りを残すつくりもいい。子供たちは「本物のビリケンさんに会いたい」と通天閣への入場を望んだが、時間の都合もあり却下。股の下をくぐるにとどめる。

 そこから堺筋を延々と北へ向かって歩くうちに、下のわがまま坊主のご機嫌が悪くなってきた。疲れたー、これ以上歩きたくないー、と連呼する。これはつまらないか、腹が減ったかのサインである。通天閣から最後の目的地、道頓堀までは3km近くあるから、タクシーか地下鉄に乗ってもいい距離なのだが、せっかくの大阪の街の雰囲気を味わってほしい気持ちもあるし、多少我慢させるのも必要なことである。

Dscn4337 Img_1584
 ぶつぶつ言いながらもなんとか道頓堀まで歩き切り、お約束のグリコポーズで記念写真。上の坊主はにこやかだが、下の坊主は完全にむくれている。そこで近くにあった串カツ屋「だるま」で昼食。揚げたてのカツにたっぷりのソースを付けて2本、3本と食べるうち、下の坊主のご機嫌も見事によくなる

Dscn4343  大阪の半日観光はあわただしかったが、嫁も子供も大満足のうちに終了、私たちは難波駅から空港特急「ラピート」に乗って関西空港へ向かい、新千歳空港行きの飛行機で北海道へ舞い戻った。新千歳空港からバスで自宅へ帰る嫁と子供を見送り、私は旭川行きの快速「エアポート」に乗って、ひとり仕事の待つ旭川への帰途についた。

 2泊3日の家族旅行、京都で金閣寺・清水寺・嵐山、大阪でUSJ・あべのハルカス・新世界・道頓堀と、駆け足ではあったが盛りだくさんの行程、そして天ぷら、お好み焼き、串カツと、おいしい食べ物にもありつき、家族の評判は上々であった。子供たちの冬休みの宿題である壁新聞にもきれいにまとめられた。
 上の坊主も大きくなってきて、この先、こうやって家族そろって旅行する機会があるかどうかわからない。それだけに、自分にとっても家族にとっても印象深い旅行として残ってくれれば、お父さんとしてはこれほどありがたいことはない、と思う。

このシリーズ、終了。

ランキング参加中です。みなさまの「クリック」が明日への糧になります。よろしかったら、ポチっとな
にほんブログ村 鉄道ブログへ
 にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ  鉄道コム

|

« 新春の京都・大阪【9】あべのハルカスに憩う | トップページ | きっぷは正しく買いましょう。 »

日本の旅人」カテゴリの記事

コメント

2泊3日で盛りだくさんの家族旅行うらやましいです。
やはり計画性があればこそでしょうね
私のとこは、いつも行き当たりばったりでしたねえ
ご苦労様でした!

投稿: 姉さん | 2015/02/27 21:14

(* ̄0 ̄)ノセイレーツ!
(* ̄0 ̄)ノこれがつーてんかくや!しっかりみときや!
(* ̄0 ̄)ノエー・・・
おみごといかさまの添乗ぶり。
乗換え等のストレスがないのがいいですね。
mitakeyaの旅行のときの添乗をお願いしたくらいですね。
( ´艸`)プププ

投稿: mitakeya | 2015/02/27 21:21

私も子供達がまだ親の旅に付いてくるまで
色々な所に連れて行きました。
お蔭で?2人の娘達の趣味は・・・旅行です。
旅はいかさまさんと同じで綿密にたてましたが、
子供中心ではなかったです。
ご当地の有名どころをさがしながら・・・でした。
家族一緒・・・の時間は限りがありますから
出来るうちは大いに楽しんでください!。

投稿: マーチャン | 2015/02/28 08:15

>姉さんさん
いつもありがとうございます。
最近、時間に追われる旅が多いので、どうしても分刻みの予定を立てて動く癖がついています。今回はうまく作用したということでしょうか。むしろ家族が文句も言わずについてきたことを喜ぶべきかもしれませんね(笑)

投稿: いかさま | 2015/03/02 00:13

>mitakeyaさん
いつもありがとうございます。
まさにツアーコンダクターばりの今回の私の動きでした。まあ、私自身もそこそこ楽しめた、というところがポイントではありましょう。
mitakeyaさんが北海道にお越しの際は、私がご案内しましょうか。でも、時刻表ばりの綿密な動きに、うんざりなさるかもしれませんよ(笑)

投稿: いかさま | 2015/03/02 00:15

>マーチャンさん
いつもありがとうございます。
そうですね、子供たちと揃って4人旅をできる機会は、この先何度あるかわかりません。今のうちにいろんなところへ連れて行ってやりたいな、とは思っていますが、何しろ先立つものが必要ですので、今回の旅でひどく散財してしまった今、次の旅への見通しは全く立たない状況です(笑)

投稿: いかさま | 2015/03/02 00:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新春の京都・大阪【10】新世界・道頓堀で締めましょう。:

« 新春の京都・大阪【9】あべのハルカスに憩う | トップページ | きっぷは正しく買いましょう。 »