« きっぷは正しく買いましょう。 | トップページ | あと1日、あと1年。 »

2015/03/08

島田荘司の世界とドラマ化

Img_1626  島田荘司は私の大好きな推理作家のひとりである。

 私の父と同年輩の島田氏は、1981年「占星術殺人事件」でデビューし、本格ミステリーの旗手として、現在に至るまで多くの著作を残している。大掛かりなトリックを駆使した作品が多く、非常に読み応えがあって、いつの間にか私の本棚にはずらりと氏の著作が並んだ。

 シリーズ物には大きく分けて2つのグループがある。
 ひとつは、「寝台特急はやぶさ 1/60秒の壁」にはじまる、警視庁捜査一課の刑事、吉敷竹史を主人公としたシリーズである。組織の空気に流されず自らの意志を貫き、終始真摯に事件と取り組む姿が素敵である。当初は鉄道を舞台にしたミステリーが多かったせいか、私が最初に氏の小説を手にしたのもこちらのシリーズである。

 このシリーズは、2004年から2008年にかけて4作品がTBSで単発ドラマ化され、「料理の鉄人」でおなじみの鹿賀丈史が吉敷刑事を演じた。生真面目だが少しとぼけた印象のある鹿賀丈史の演技には最初少し違和感もあったが、ドラマのつくりや周囲の登場人物の良さもあって、総じて悪くない印象を持った。BS-TBSやCSなどで、今も時々再放送されている。

 もうひとつのシリーズが、「占星術殺人事件」にはじまる、天才探偵、御手洗潔が活躍するシリーズである。天才にして気分屋、時に人を見下すような言動をしながら、時になんとも人懐っこい一面を見せる御手洗の活躍を、真面目で心配性な同居人、作家の石岡和巳が一人称で描くという作風で、吉敷シリーズとは一線を画している。

 ある意味「変人」として描かれる御手洗潔は、本格ミステリーファンのみならず、漫画化されたり同人誌で扱われたりしながらファン層を広げていったが、一方で吉敷シリーズとは異なり、これまで映像化はされてこなかった。作者の島田氏自身が、当初御手洗シリーズの映像化を拒んでいたというし、実際、私たちの周囲にはめったに存在しない、稀有なキャラクターの持ち主である御手洗を演じきれる俳優がいるか、というと、これは非常に難しいと私も思っていた。

 それが昨日、御手洗シリーズの短編「傘を折る女」が初めてドラマ化され、フジテレビで放映された。天才探偵・御手洗潔を演じたのは玉木宏、そしてワトスン役である石岡和巳には堂本光一というキャスティングである。

 全編を見ての印象としては、石岡役の堂本光一が良かった。変人御手洗に翻弄される生真面目さと、小説から伝わってくる線の細さがよく出ていたように思う。玉木宏の切れ味鋭い演技からも、男前にして天才的な頭脳の回転を見せる御手洗の沈着冷静な雰囲気は良く出ていたが、小説で感じられる、ちょっとおどけた雰囲気や人懐っこさが少し薄かったように思う。ドラマ全体のつくりや色合いは、福山雅治の「ガリレオ」シリーズに少し似ていたかな、と思う。

 島田氏がTwitterで語っているとおり、総じて良い仕上がりになっているものの、まだまだぎこちなさを感じる部分もあったが、ドラマの最後に新しい事件が持ち込まれてくるシーンもあり、今後続編が作られる可能性大である。今後雰囲気も少しずつこなれてきて、また違った御手洗の一面も見られるのだろう。非常に楽しみである。

 島田氏の小説やその登場人物については、ボリュームの関係もあり、あまり触れられなかったが、別の機会にご紹介してみたいと思う。


ランキング参加中です。よろしかったらポチっとな
ブログランキング・にほんブログ村へ  にほんブログ村 本ブログへ


にほんブログ村 鉄道ブログへ
 にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ  鉄道コム

|

« きっぷは正しく買いましょう。 | トップページ | あと1日、あと1年。 »

本の旅人」カテゴリの記事

コメント

こんばんは!
ドラマ観ました。
確かに「ガリレオ」シリーズに雰囲気は似てますね。
探偵ミタライがもう少しアクが強くても良かったかも。
本読んでないので、今度挑戦してみようと思います。

投稿: ミナゾウ | 2015/03/09 19:41

いかさまこんばんは。
(* ̄ー ̄*)ヘーエ意外な面でいかさま見直しました。
推理小説と鉄道の乗り鉄、意外と推理する面では一緒かもしれませんね。
mitakeya最近老眼が進んで読書意欲が衰退ちゅうです。

投稿: mitakeya | 2015/03/09 20:51

>ミナゾウさん
いつもありがとうございます。
御手洗潔の性格は、作者のいろんな意図が複雑に絡み合わされていて、なかなかに複雑です。ドラマはドラマでなかなか見ごたえがありましたが、興味をもたれたのであれば、ぜひ原作にチャレンジしてみていただきたいと思います。

投稿: いかさま | 2015/03/12 23:15

>mitakeyaさん
いつもありがとうございます。また、見直していただいてありがとうございます(笑)
言われてみると、鉄道好き、時刻表好きの方には推理小説を良くお読みになる方が多いような気はします。鉄道そのものが舞台になった作品も多いからでしょうか、それともmitakeyaさんのおっしゃるとおり、時刻表から行程を組み立てる過程が「推理」に通ずるものがあるからでしょうか。ま、楽しければ何でもいいのですが(笑)

投稿: いかさま | 2015/03/12 23:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 島田荘司の世界とドラマ化:

« きっぷは正しく買いましょう。 | トップページ | あと1日、あと1年。 »