« 2015春 関東の鉄道乗りつぶしの旅【3】 上毛電気鉄道と吾妻線 | トップページ | 2015春 関東の鉄道乗りつぶしの旅【番外】上野東京ラインともうひとつの「聖地」 »

2015/04/03

2015春 関東の鉄道乗りつぶしの旅【4】最後は都電荒川線で

Dscn4572 Dscn4573
 線路が付け替わった吾妻線を乗り終えて高崎へ。ここから上越新幹線大宮へ向かう。新幹線で乗り残しているのは、先日開業したばかりの北陸新幹線・長野-金沢を除けばこの区間だけである。
 北陸新幹線にはいずれ乗る予定なので、あえて長野始発の「あさま」を選んだのだが、やって来たのは最新鋭E7系後に取っておこうと思っていた楽しみが真っ先にやって来てしまった。背もたれのしっかりした座席が並ぶ自由席の車内は、真新しい車両が気の毒なほどガラガラである。熊谷で5分間、カラ退避のために停車したが、それでも大宮まで実キロ77.3kmを36分は早い。

Dscn4575 Dscn4577
 大宮から埼京線で池袋に移動して昼食をとった後、都電荒川線早稲田まで歩いてみる。東口を出て明治通りを1kmほど進み、左手のわき道へ入ると、雑司ヶ谷鬼子母神堂の前を過ぎる。ここまで池袋駅からおよそ15分くらいである。
 いったん都電荒川線の線路を越えて、さらに住宅街の中の生活道路を歩き、10分ほどで目白通りに出る。日本女子大の校舎の隣にひっそりと立つ小さな門の奥が田中眞紀子邸(旧田中角栄邸)である。かつてはこの門の左に、「目白御殿」と呼ばれた田中邸の立派な正門があったのだが、今は取り壊されて敷地ごと売却されている。隣接する目白台運動公園の西5分の1ほどが、かつての田中邸の敷地だという。

Dscn4579 Dscn4582
 その公園の中を抜けて坂道を下り、桜のつぼみが春近しを告げる神田川を渡ると、荒川線の早稲田停留所に着いた。池袋からゆっくり歩いて40分ほどの、いい散歩だった。
 座席がさらりと埋まるほどに乗客の乗った電車を1本見送り、先頭の座席を確保して、荒川線の旅となる。

Arakawa Dscn4586
 「都電」といいながら、早稲田からしばらくの間、道路と並走しつつも専用軌道を走る。停留所ごとに乗客が増え、東池袋四丁目あたりでは、通路を立ち客が埋める。起伏の激しい専用軌道を走り、大塚駅前に着く。3分の1ほどの客が下車するが、それ以上の乗客はあり、前方をも見るのにも難儀するほどになる。

Dscn4589 Dscn4594
 庚申塚あたりから車内は少しずつ空き始め、飛鳥山を過ぎると正面に飛鳥山公園を見つつ左へ折れて明治通りの上へ出た。はじめての本格的な併用軌道である。だがそれもほんの数百m。JR京浜東北線の高架をくぐるとすぐ、ほぼ直角に右折して再び専用軌道に入り、JRの高架に寄り添うようにして王子駅前に停車。JRから離れて荒川車庫前では運転士が交代。古い都電の電車が展示されているのが見える。このあたりまで来ると、車内は空席も目立つようになる。

Dscn4600 Dscn4602
 日暮里・舎人ライナーと交差する熊野前あたりから、車窓に東京スカイツリーが見え始めて、荒川区役所前付近でほぼ正面に見えるようになる。雑居ビル群の中に突っ込むようにして、終点の三ノ輪橋に到着。早稲田から12.2km、およそ1時間の旅である。結局、併用軌道は飛鳥山付近のほんのわずかで、あとはほとんど専用軌道を走った。小さな道路は踏切で封鎖して交差し、大きな道路との交差は自動車と同じように信号機にしたがって走る。一般的な路面電車の感覚とは少し異なる路線だが、なかなか楽しめた。昔ながらの「チンチン」という発車合図音も健在で、小さな子供が一様に真似していたのが印象的だった。

Dscn4601_2 Dscn4606
 都電荒川線は、これまで何度も乗ろうと思えば乗ることができたのだが、これまで切り札的にあえて乗らずに残してきていた。今回初めて乗車したのだが、実はこの三ノ輪橋停留所をもって、数字上、私にとって関東地区で乗るべき鉄道路線は消滅した。停留所に立っていた昔ながらの駅名標が、なんだかそれを物語っているようにも見えた。
 ただ、だからといって乗りたい路線がまったくないわけではない。私は、私が乗ってきた電車が折り返し発車するのと入れ違いに入ってきた近代的な電車に乗って、今来た線路を引き返した。もうあとひとつだけ、寄り道しておきたいところが、ある。

続く。



ランキング参加中です。みなさまの「クリック」が明日への糧になります。よろしかったら、ポチっとな

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ  鉄道コム



 

 




 

|

« 2015春 関東の鉄道乗りつぶしの旅【3】 上毛電気鉄道と吾妻線 | トップページ | 2015春 関東の鉄道乗りつぶしの旅【番外】上野東京ラインともうひとつの「聖地」 »

鉄道の旅人」カテゴリの記事

コメント

一気に関東地区を網羅しちゃったんですね
関東地区って細かい軌道がたくさんあるのに!

投稿: 姉さん | 2015/04/03 21:14

荒川線、乗車されたんですね!
飛鳥山あたり、王子の大カーブや家政婦は見たの下町風景がいいですよね!
昔、学校のみんなで貸切乗車したことあります。

投稿: キハ58 | 2015/04/04 08:30

>姉さんさん
こんばんは。いつもありがとうございます。
一気に、というか、これまでの積み重ねがようやく結実したわけですが、ここに至るまでは、おっしゃるとおり無数に鉄道が走っており、なかなか苦難の道でした。
ことに深夜ひとりで地下鉄に始発から終点まで乗りとおしていると、「俺はいったい何をしているんだろう」と悩むこともしばしばでした。

投稿: いかさま | 2015/04/06 00:38

>キハ58さん
こんばんは。いつもありがとうございます。
はい、今回初めて無事乗車してきました。山手線の内側、西半分から東側へと抜ける路線で、思った以上に変化に飛んだ景色が見られました。飛鳥山から王子駅前までの併用軌道と急カーブは見ものでしたね。

投稿: いかさま | 2015/04/06 00:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2015春 関東の鉄道乗りつぶしの旅【4】最後は都電荒川線で:

« 2015春 関東の鉄道乗りつぶしの旅【3】 上毛電気鉄道と吾妻線 | トップページ | 2015春 関東の鉄道乗りつぶしの旅【番外】上野東京ラインともうひとつの「聖地」 »