« 「JR北海道再生のための提言書」をめぐる動き【5】 | トップページ | 2009年世界の旅【1】旅立ちまで »

2015/09/10

2009年世界の旅・本編【0】

 このところ、自分が書いたブログを見て、ずいぶん堅いなあ、などと感じている。


 JR北海道の記事は、6月に発表された提言書を見て、軽い気持ちで書き始めたのだが、生来の私の凝り性が遺憾なく発揮されて、途中からずいぶんと重苦しい雰囲気になった。話題そのものが重苦しいので仕方がないが、JR北海道のおかれている環境を正しく伝えよう、と、根拠となる数字に当たっているうちに、ふと気付くとパソコンのデスクトップが無数に開かれたウィンドウで収拾がつかないことになっている。少しでもわかりやすくしようと、文章だけでなく表にまとめてみたりするが、見栄えが気になって色など付けてみるから余計に手間がかかる。


 この手の文章は、書くことによって頭の中や調べた情報が整理されるという効能があるが、実のところ、書いていて非常に面倒くさい。それでなくとも、このところ仕事がそれなりに忙しく、なんとなく疲労が溜まっていて、パソコンに向かう気力が以前と比べて少し落ちている。一度書き始めた以上はきりの良いところまでまとめたくなるから、さらに時間がかかる。


 やはりブログをやっていて精神衛生上非常によろしいのは、旅のことや本のことなど、楽しい記憶を辿りながらつらつらと書いている時である。けれども残念ながら、今年は乗りつぶしの旅に出るだけの経済的、また時間的な余裕がなく、新しいネタが出てこない。古い旅の記録を引っ張り出してみるのが、気分を盛り上げていくのには差し当たり最善かもしれない。


 とここまで書いてきて、ふと気付いたことがある。
 昨年、私は年頭に、ネタ切れしたときのテーマとして「海外旅行記」を書く、と宣言し(「1年の計」)、宣言どおり7月から書き始めた。

 ⇒「2009年世界の旅・前史」【その1】 【その2】 【その3】

 けれども、「前史」として、2008年の研修旅行のことをまとめた後、私は期待していなかった乗りつぶし旅に出ることができたため、そちらの方をまとめることに一生懸命になり、肝心の2009年の研修のことを書かずに今に至っている。意気込みに反してこの体たらくであり、しかも1年近くも本編を放置していたことについては、非常に気恥ずかしくもあるが、ちょっと肩の力を抜いてブログを楽しむために、ここらでこの続きを書いておきたいと思う。


 もう6年も前の話であるが、鮮烈な印象を残した2か月間の出来事は、例によって旅行記という形で、仕事の部分を除いてまとめてある。それを紐解きながらご紹介していきたい。次々に訪れた感動や衝撃を、つたない文章から感じ取っていただければ幸いである。


 延々と、続く。

ランキング参加中です。みなさまの「クリック」が明日への糧になります。よろしかったら、ポチっとな

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ  鉄道コム

|

« 「JR北海道再生のための提言書」をめぐる動き【5】 | トップページ | 2009年世界の旅【1】旅立ちまで »

世界の旅人」カテゴリの記事

コメント

いかさまさんの文章は、
お堅い内容であっても、非常に読みやすいです。
最初から読み流して、途中でひっかかることもなく
そのままストンと最後まで読めて、内容が頭に入ります。
センスがおありなのも、もちろんでしょうが、
時間をかけて練っていらっしゃるんだろうなと推察しております

延々の続き、を楽しみにしています


投稿: 瑠璃 | 2015/09/10 08:41

Don't  mind!!!.
文は人なり・・・。
人柄がでています。誠実ないかさまさんが出ていますよ。
人を楽しまそう~ではなく、自分が思う所に
共感してくれる人が集まるのです。
私もブログを書いていますが、
時間が経つと、何となく似た方々が残っています。

投稿: マーチャン | 2015/09/11 08:51

前略(笑)
いかさまさんらしい分析で、おもしろく読ませていただいて
ますので、反省文はいりませんよ
しかし、意に反して読者は勝手な解釈をするもので
それは私も時々感じたりします。できればこの部分に
コメントしてほしいって秘かに願っていても、おまけで
書いたどうでもいいことにコメントが集中したりね
まあ、気楽にマイペースでいきましょうや!

投稿: ターコイズ | 2015/09/11 19:04

 瑠璃さん、いつもありがとうございます。
 嬉しいコメントです。センスは自分自身でもちょいと微妙だと思っておりますが(笑)、文章はなるべく手を加えるようにしています。それでも時々日本語そのものがおかしいものが出来上がってしまったりしますが、こんな文章でも読んでいただけていることは、本当に嬉しいことです。

 海外編は自信作です(笑)。ぜひ楽しんでいただければ、と思います。

投稿: いかさま | 2015/09/12 21:01

 マーチャンさん、いつもありがとうございます。
 誠実だけが売りですので(笑)、そう言っていただけると安心します。
 皆さんのブログを訪問していると感じますが、やはり欠いているご本人が楽しんでいる雰囲気が伝わってきますね。これが一番大切なことなのかな、と思います。
 しばらくは肩の力を抜いて、楽しんで書いてみようと思います。

投稿: いかさま | 2015/09/12 21:09

 ターコイズさん、いつもありがとうございます。
 自分が書いた文章を読み返すことはしばしばですが、「うまいこと書いてるな」と思うことがある(笑)反面、イマイチだな、と思うこともよくあります。それでも毎回、たくさんの方に訪れていただき、読んでいただき、コメントを残していただけることに感謝です。「つながり」を感じることができますね。
 この先しばらくはマイペースで楽しんでみます。

投稿: いかさま | 2015/09/12 21:22

いかさまさん こんにちは
「本編」も楽しみですが、その時、その時の感じたことを綴っていただく記事も楽しく読ませていただいています。
私も、ちょっと気になったことを記事にしてまとめようとして、あっちこちの情報を広げて、PCのデスクがいっぱいになることも結構あります。その割りにボツにしてしまう情報も多くて、結局は短い記事になったりもするのですが。でも、なんとなくそれもブログを書く楽しみかなとも思っています。

投稿: khaaw | 2015/09/13 10:48

いかさまさんの書かれるものはどんなものでも、待ち遠しいですよぉ~
ただ、自分の精神状態によって、ちょっと次回に後回しとかはどの方のブログでもあるので、もしかぁちゃんの読み方がおや?っと思った時は、今落ちてますね?って思って下さりませね~(;^ω^)

投稿: と~まの夢 | 2015/09/13 12:32

 Khaawさん、いつもありがとうございます。
 「書きたいこと」「書き留めておきたいこと」ってたくさんあるのに、手を広げるうちにかけずに終わってしまうことって、確かに多いですね。しかも後で振り返ると、書き留めておけばよかった、と思うこともたくさんあります。
 プロの仕事とは違いますし、このあたりの「ムラ」も、ブログとの上手なお付き合いの仕方として楽しんでいくのがいいのかもしれませんね。

投稿: いかさま | 2015/09/14 01:39

 と~まの夢さん、いつもありがとうございます。
 そういっていただけるととても嬉しいですね。私もと~まさんの書くブログはいつも楽しみにしています。もう3年もお付き合いさせていただいていますと、お子さん方の成長がリアルに感じられて、いっそう楽しく感じられますよ。
 今回の旅も、身近に感じて楽しんでいただけるととても嬉しいです。引き続きお付き合いをよろしくお願いします。

投稿: いかさま | 2015/09/14 01:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2009年世界の旅・本編【0】:

« 「JR北海道再生のための提言書」をめぐる動き【5】 | トップページ | 2009年世界の旅【1】旅立ちまで »