« 2009年世界の旅【14】ボストン(12)ボストンの休日・その2 | トップページ | 2009年世界の旅【15】ボストン(13)ボストンの休日・その3 »

2015/11/16

嵐で呼ばれる男

 「嵐を呼ぶ男」は石原裕次郎だが、その話ではない。


 昨今「」といえば、いかに年配の方々でもジャニーズの5人組がまず最初に思い浮かぶであろう。今回はまさにそのお話である。


 この週末、札幌では3日間にわたり、嵐のコンサートがおこなわれた。
 嵐は毎年、札幌・東京・名古屋・大阪・福岡の5大都市でドーム公演をおこなっている。東京・大阪が4日、それ以外が3日と、計17公演のチケットは、ファンクラブでもチケットの入手は困難をきわめる


 札幌のごとき田舎で3日間、延べ16万人分のチケットが完売とは恐れ入るが、これは北海道だけの需要にとどまらない。東京を中心にチケットを入手できなかったファンが、比較的入手しやすい札幌公演のチケットを求めて殺到するのだという。期間中、千歳から札幌にかけてのホテルはほぼ満室となり、南区の外れにあって日頃韓国語か中国語しか聞こえてこないアパホテルも日本人であふれかえる。北海道新聞の記事によると、嵐のコンサート期間は、1年で一番タクシーの稼働率が上がるのだという。札幌ドーム公演が始まった2008年以降、この図式は年々エスカレートしているように思える。


 2009年11月、世界の旅ならぬ研修から帰国した私は、製品クレーム対応のため早々に東京への出張を命じられた。ところが、出張当日の新千歳→羽田便は、JAL・ANAとも朝から晩まで見事に満席になっている。やむを得ず私は、数席だけ空席のあった成田便を予約した。当日、新千歳空港へ向かうJRの車内、空港内、そして機内と、周囲はビジネスマンではなく、嵐のグッズを持った女性であふれかえっていた。満席の理由を理解したのはそのときである。
 嵐のコンサートの経済効果は3日間で数十億円とも言われているが、同時に通常の経済活動を一時停滞させてしまうほどのハッカーぶりも発揮する。嵐になんらの興味のない私などにとっては迷惑この上ない期間である。


 だが我が家にも、この時期のこの馬鹿騒ぎの到来を心待ちにしている者が一人いる。
 自らもファンクラブに入り、友人知人の連携によって3日分のチケットを入手し、経済効果に大きく貢献している。そして私はと言えば、その間、子供たちの世話をするために有給休暇を取って対応する。この図式はもはや恒例行事になっている。食事の下準備はほぼしてから出掛けてくれるので、それほど手間がかかるわけではないが、コンサート時間に行き帰りの時間を加えて約6時間子供だけで放置しておくのは心許ない。単身赴任になった昨年からは、コンサートに行くわけでもないのにこの時期札幌へ出てくる、ということになっている。


 コンサートの最終日が総選挙と重なった昨年、私は旭川への帰り支度をして車で地下鉄真駒内駅へ行き、札幌ドームからのシャトルバスで到着する嫁に車を渡し、地下鉄で札幌駅へ行った。公演終了は19時頃で、札幌駅に着いたのが20時過ぎだったと記憶している。旭川行き特急の混雑を予想した私は、念のため、21時40分発の臨時特急の指定席を押さえており、コーヒーを飲みながら時間をつぶした。


Photo 果たして臨時特急の発車ホームへ上がると、自由席車の乗車口にはいずれも長蛇の列。この1本前、21時の特急は積み残しも出たとのことで、私は指定席を確保しておいて本当に良かった、と胸を撫で下ろし、ほどなく入線した列車の「Uシート」と呼ばれるゆったりした座席に腰を下ろした。基本的に指定席車のデッキや通路は指定席を持たない乗客は入ることが許されず、私にとっては静かな空間が確保されるはずであった。


 ところがほどなく、静かだった客室の通路ドアが開き、自由席車からあふれた乗客がわが指定席車の通路に怒涛の如くなだれ込んできた。ややあって車内放送が、あまりに混雑がひどいため、指定席車の通路とデッキも開放すると告げた。通路側に腰掛けていた私の肩にバンバンと容赦なく嵐模様のトートバックやうちわの柄が当たり、そのうち肘掛けにお尻がふたつ乗っかった。見るとコンサート帰りと思われる、見るからに頭の悪そうなカップルが手を絡め肩を組みながら私の頭の上でいちゃついている。


 列車は停車駅ごとに空き、滝川を過ぎると自由席車にもかなりの余裕ができたようだが、指定席の通路に入り込んできた連中は追い出しを食らうこともなく延々と指定席の通路に居座り、私は肘掛けに尻を乗せたバカップルの抱擁シーンまで見せつけられる破目になった。


 今年、私は昨年の反省を踏まえて、嵐帰りの客が殺到する時間帯の少し前の特急に乗って帰る事にした。嫁が用意していった食事を食べさせ、風呂の用意までしてから、私は家を出た。嫁が帰宅するまでには2時間ほどあるが、このくらいならば通常時でも坊主2人で留守番できる。嫁が、というより、私が混んだ列車で帰りたくないというわがままだから子供には申し訳ないと思ったが、幸い坊主どもは録りためたビデオを見ながら留守番をこなし、私は日曜夜としても破格に空いている特急で快適に旭川へ戻り、嫁は年に1度の休息をたっぷり楽しんだ。


 ところで、こんな思いをしてまで嫁のコンサート皆勤賞を認めているのは、ある面では日頃から世話になっている嫁への感謝の気持ち、という側面もなくはないが、実のところは、せめて年に一度くらいこうした動きを許しておかないと、私自身が乗り鉄に出掛ける際に許してもらえないという非常事態を事前に抑止するためでもある。治安維持的な側面がたいへん強いが、これで家庭内の平穏が保たれ、お互い気分よく過ごせるのであれば、嵐の襲来も決して迷惑なばかりではない、ような気もするのである。


 ランキング参加中です。みなさまの「クリック」が明日への糧になります。よろしかったら、ポチっとな

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ 鉄道コム

|

« 2009年世界の旅【14】ボストン(12)ボストンの休日・その2 | トップページ | 2009年世界の旅【15】ボストン(13)ボストンの休日・その3 »

日常の旅人」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
やさしいいかさまの家族愛があふれてますね。
そうです、(*^m^)嫁には逆らわないほうが得策です。
しかし、嵐ってそんなに人気グループなんですね。
日ごろ疎い生活ですので、しらんだったー!!(゚ロ゚屮)屮

投稿: mitakeya | 2015/11/16 09:00

いやいや・・・お互いの趣味を認め合って良い事です。
それにしても、北海道の経済効果には凄い貢献ですね。
追っかけ・・・の心理がわからなかったのですが、
2日ぐらいの混雑は諦めましょう~。
経済優先です。

投稿: マーチャン | 2015/11/16 09:15

すごいですね~
家のとぉちゃんが大阪出張の時、まさに嵐さまのコンサートでホテルが取れず、なんかすごく離れたボロボロのとこだったとぶーぶー言ってたぁ~
それにしても、いかさま家の治安維持法ですなぁ(((uдu*)ゥンゥンそら、続けないけまへん

投稿: と~まの夢 | 2015/11/16 14:34

こんばんは。
う~ん、嵐のコンサートの事は聞いてはいましたがここまでとは驚きでした。。
アイドルのコンサートはマナーが悪いとよく言われます。
私はチェッカーズのファンでしたがやはりマナーが良いとは言い難いものがありました。
チケットも…一人一公演だけと決めればいいのにといつも思います。
それにしてもいかさまさんはお優しいですね^^
こういう気配りが夫婦円満の秘訣なのかな~^^

投稿: ミミ | 2015/11/16 21:25

(ノ∀`)・゚・。 アヒャヒャヒャヒャ
嵐に呼ばれるいかさまさん

私も一時ヨン様に、はまりましたが・・・・
追っかけまでは行きませんでした(勇気がない)
奥様の気持ちわかるような気がします
お互いの趣味を尊重していれば家内安全でしょう!

投稿: 姉さん | 2015/11/16 21:46

 mitakeyaさん、ありがとうございます。
 優しい、優しくないはともかくとして、嫁には逆らわないのが得策なのは確かですね。常に倍返しを食らっている身ですからよくわかります(笑)
 福岡は12月中旬です。期間中の九州新幹線は、それこそ満員御礼の賑わいではないでしょうか。

投稿: いかさま | 2015/11/17 22:14

 マーチャンさん、ありがとうございます。
 趣味は合っているに越したことはないと思いますが、仮に合わなくてもお互いの趣味を尊重することは大切ですね。
 嵐がこれだけの経済効果を生むのなら、いっそ北海道新幹線よりも、毎日嵐にコンサートをしてもらった方が経済効果は高いかもしれません(笑)

投稿: いかさま | 2015/11/17 22:17

 と~まの夢さん、ありがとうございます。
 ビジネス客が締め出される恐れもあるがゆえの週末公演なのでしょうが、急な出張は飛行機もホテル探しもひと苦労ですよね。お察しします。
 東京はちょうどクリスマスイブ前後の公演。どんな状況になるのでしょうか。ま、日頃から人の多い東京のことは心配しなくても大丈夫そうですが(笑)

投稿: いかさま | 2015/11/17 22:19

 ミミさん、ありがとうございます。
 細部まで見られたわけではありませんが、確かにマナーはそれほどよくなかったように感じます。ただ、指定席への乱入はJRの判断ですね。全否定するわけではありませんが、途中駅でもう少し整理する方法はあったように思います。
 こういうことを考えて苦言を呈する私が優しいはずがありませんね。おかげで夫婦は円満とは言いがたく(笑)

投稿: いかさま | 2015/11/17 22:26

 姉さんさん、ありがとうございます。
 お互いの趣味を尊重し、互いに感謝することで円満にいくことは間違いないでしょうね。ただ我が家の場合は、お互い鳥アタマなものですから、それが持続しないのが悩みの種ではあります。
 姉さんさんはヨン様ですか。余談ですが、私、ヨン様とは誕生日10日違いの同級生です(笑)

投稿: いかさま | 2015/11/17 22:38

こんばんは^^
諸事情により、訪問するのが今夜になり、遅ればせながら
のコメですが
年末の某番組への出演からもうすぐ2年になろうとしていますが(うちの公務員親子のことです)
嵐の凄さは益々ですね。
打ち合わせの段階での台本読みで、あまりの夫の無知さに
頭にきて、私が代わりに渋谷の放送局に行くから
夫婦喧嘩までしたのが、今となってはいい思い出です

投稿: ターコイズ | 2015/11/18 22:23

 ターコイズさん、ありがとうございます。
 そういえばそんな出来事もありましたね(笑)
 私も元々男性アイドルにはほとんど興味がない人間なので、ご主人の気持ちはわからないでもないのですが、紅白出演という一大イベントを前にしては、きっちり予習をされたほうが良かったかもしれませんね(笑)。
 そこで共演を果たすターコイズさんの姿も見たかったような気がします。

投稿: いかさま | 2015/11/22 21:49

お久しぶりです。
こんばんは!
大事です!
奥様が希望されたタイミングで要求に応えることが大事なのです。
そこら辺、外さないあたりが素晴らしいです。
それにしても!嵐の影響ってすごいですね。
まー嵐のファン層の広さは私も身近に感じております。
JKの娘から職場のお姉様(50歳超え)まで。
カップルで嵐のコンサートですか…なんにせよ、肘掛に尻が乗るのは嫌ですね。(爆笑)
お疲れ様でした!

投稿: みなぞう | 2015/11/23 18:12

 みなぞうさん、ありがとうございます。
 外そうにも外させてもらえないというのが本音のところですが(笑)、いずれにせよ嵐のすごさは身をもって感じさせられます。ファン層の幅の広さも、SMAP以上ですね。
 興味のない人間にとっては満員の列車も肘掛の尻も迷惑以外の何物でもありませんが、もはや社会現象化している昨今、ある程度のあきらめは必要なのかもしれません(笑)

投稿: いかさま | 2015/11/24 01:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 嵐で呼ばれる男:

« 2009年世界の旅【14】ボストン(12)ボストンの休日・その2 | トップページ | 2009年世界の旅【15】ボストン(13)ボストンの休日・その3 »