« 2009年世界の旅【21】ナイアガラへの旅(1) 国境を越える橋 | トップページ | 2016年3月JRダイヤ改正【1】北海道新幹線への不安 »

2015/12/17

2009年世界の旅【22】ナイアガラへの旅(2) 風の洞窟(Cave of the Wind Trip)

前回の続き。これまでの経過は ⇒こちら。


 ナイアガラの滝は、五大湖を構成するエリー湖からオンタリオ湖に向かって流れ、アメリカとカナダの国境となるナイアガラ川の中流に位置している。幅約320mのアメリカ滝・670mのカナダ滝の2つの滝からなっている。地形上はいずれもアメリカ側からカナダ側へ向かって落ちる形である。したがって、正面から美しい滝の姿を堪能できるのはカナダ側からであるが、いよいよここから落ちるのだぞ、という緊迫感と迫力はアメリカ側からも楽しめる。


P9272775_2 P9272777
 アメリカ滝上流にかかる橋を渡って、アメリカ滝とカナダ滝の間に位置するゴート島へ渡り、さらに奥へ進むと、テラピン・ポイント(Terrapin Point)と呼ばれる、カナダ滝の落下点が見える景勝ポイントに着く。滝までの距離や、岸と水面の高さギャップが非常に短く、かなりの迫力である。角度がつくことによって途端に怒涛のごとく落下する水の勢いは、圧巻である。


 アメリカ滝まで戻り、「風の洞窟(Cave of the Winds Trip)」というアトラクションに入場する。11ドルの入場料を払うと、薄っぺらなポリエチレン製の黄色い雨合羽と、比較的立派なサンダルが手渡される。サンダルに履き替え、脱いだ靴や靴下、それに鞄をポリ袋で覆い、頭からすっぽりと合羽をかぶる。ゴミ袋としても貧相な部類に入りそうな雨合羽がどの程度役に立つのかはわからないが、他に頼るものがないから信ずるしかない。鞄の中にはI-20など大事な書類も入っている。


P9272785_2 P9272788_2
 50人ほどが一気に乗り込める大きなエレベーターで、一瞬のうちに約50m直下まで降下。エレベーターを降り、滝壺の方へと向かって歩くと、激しい飛沫が頭上と足元から容赦なく襲ってくる。木で組まれた遊歩道から上を見上げると、高層ビルの屋上にも匹敵する高さから、真下の滝つぼに向かって、水が帯状に落下してくる。落ちてきた水は、水面に激しくクラッシュして飛び散り、跳ね上がって私たちの頭上に豪雨のように降り注ぐのである。


P9272790 滝壺の近くまで組まれた遊歩道を歩き、エレベーターまで戻る頃には、私もAさんも、髪は完全に濡れ、滴が鼻の頭を通ってしたたり落ちている。雨合羽を脱いだ中の服も、後生大事に抱えたも残念ながら湿っている。Aさんと相談して、早々にホテルへ戻って出直すことにし、再びレインボー・ブリッジを渡ってカナダ側へと引き返す。カナダ側での入国審査のために鞄の中から取り出したI-20は、水を吸ってふにゃふにゃになっていた。



 延々と、続く。



ランキング参加中です。みなさまの「クリック」が明日への糧になります。よろしかったら、ポチっとな

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ 鉄道コム

|

« 2009年世界の旅【21】ナイアガラへの旅(1) 国境を越える橋 | トップページ | 2016年3月JRダイヤ改正【1】北海道新幹線への不安 »

世界の旅人」カテゴリの記事

コメント

カナダ側のナイアガラ滝が目の前のホテルに
泊まっています。
船に乗って落下する水の傍、ギリギリの所まで
近寄った時の迫力は圧巻。
アメリカ側からのいかさまさんの経験はないのですが、
想像できます。
ビニールカッパ・・・船で出されたのも同じような
物でした!!!。

投稿: マーチャン | 2015/12/18 08:58

そうだった、そうだった!と懐かしく思い出しながら
拝見しています。私が行ったのは18年?位前です。
健康で若い頃でした(笑)

投稿: ターコイズ | 2015/12/18 15:02

 マーチャンさん、いつもありがとうございます。
 お乗りになられたのは「霧の乙女号」ですね。次回ご紹介できると思いますが、私も乗船しました。カナダ滝へ再接近できるのはこちらですが、アメリカ滝のすぐ近くまでいける「風の洞窟」もド迫力でした。
 ホテルは安宿でしたので滝からは多少離れていましたが、逆にいろいろ散歩できてよかったです。

投稿: いかさま | 2015/12/21 23:41

 ターコイズさん、ありがとうございます。お体の調子はいかがですか?
 長い年数が経つと当時の新鮮な記憶は薄れていくものですが、鮮烈な景色の記憶は年数が経っても不変ですね。写真がなくとも未だに思い出せる風景がたくさんあります。

投稿: いかさま | 2015/12/21 23:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2009年世界の旅【22】ナイアガラへの旅(2) 風の洞窟(Cave of the Wind Trip):

« 2009年世界の旅【21】ナイアガラへの旅(1) 国境を越える橋 | トップページ | 2016年3月JRダイヤ改正【1】北海道新幹線への不安 »