« ゆく年2015 | トップページ | JR北海道 料金・きっぷの見直し実施【1】北海道新幹線関連 »

2016/01/05

あけましておめでとうございます。~札幌・旭川 往来2態

 遅くなりましたが、新年あけましておめでとうございます。
 たくさんのコメントありがとうございました。どうぞ皆さま、本年もよろしくお願いいたします。



 今年の年末年始は札幌の自宅を中心に過ごした。
 旭川での単身赴任が間もなく2年を迎える私は、だいたい月に2回くらいのペースで週末に札幌の自宅へ帰る生活を送っている。旭川には自家用車を持ってきておらず、唯一の移動手段は自転車であるから、札幌への交通手段は鉄道かバスということになる。


2012070701 JRの場合、旭川-札幌間には、L特急「スーパーカムイ」を中心に、稚内・網走からの特急も加えて計30往復、毎時1~2往復が走る。もともとは日中は完全30分ヘッドダイヤだったのだが、踏切事故による廃車の影響と、一連の安全対策による減速・運用の余裕増加により一部時間帯の列車が間引きされた。それでも所要時間は1時間25分~1時間40分程度と速い。


Img_1201 これに対して高速バスは、北海道中央バスを中心にJR北海道バス、道北バスが加わって「高速あさひかわ号」を共同運行する。1日31往復(夏ダイヤ37往復)が所定で、JRより始発が遅く終発が早いものの、日中は毎時2~3便が運行される。さらに、混雑状況によっては随時臨時便が運行される。所要時間は2時間20分~25分(夏ダイヤ2時間~2時間5分)である。


 私は鉄道が大好物である。鉄道は高速バスと比べて所要時間も短く安定性も高い。座席の前後左右にも余裕があり快適である。よって毎回鉄道利用したいのはやまやまだが、現実の私は8割方高速バスを利用している。その最たる理由は運賃である。


 札幌-旭川間は、JR特急自由席利用で4,290円。4枚綴りの回数券(3か月有効)、「Sきっぷフォー」を使うと、片道1回当たり2,495円と、ほぼ運賃のみと同等まで安くなる。座席の確約が欲しい場合は520円(閑散期は320円、繁忙期は720円)を払って指定券を購入することになる。
 一方、高速バスは正規運賃で2,060円と、すでにJRの割引きっぷより安い。座席指定はないが着席は保証されている。回数券の種類も豊富で、一番お得な20枚綴り回数券を使うと、片道1回当たり1,597円と、JRと900円近い差がつく。竈ふたつで財政的に厳しい状況の中、これでは高速バスを使わざるを得ない。


 JRを使うことが全くないわけではない。どうしても早朝深夜の便に乗りたいとき、先を急ぐときはJRを使う。イベントなどで大混雑が予想されるときは、あらかじめ指定券を購入して座席を確保することもある。高速バスの混雑があまりに激しく、満席になるような状態の場合もJRに乗ることが多い。同じ隣席に客が来るのでも、座席の間隔や幅の広い列車の方が気分的に楽である。


 それから、冬になるとJRを利用する頻度が高くなる。これは高速道路が吹雪で通行止めになるなどのリスクが高く、バスの所要時間が読みにくくなることが多いためである。私の嫁はかつて吹雪の日に高速バスに乗り、旭川から札幌まで8時間かけてたどり着いたことがある。加えて、ここ数年、小規模事業者を中心に運行管理の不備を要因とする高速バスや貸切バスの事故や車両火災などが多発している。


 こうしたことを考えるとJRの方が安定性・確実性においてアドバンテージを持っているはずなのだが、昨今安全第一を標榜するJRは、少々の風雪でも念のため運転を見合わせることが多い。高速バスは多少所要時間が伸びても通常通り運行しているのに、JRはそもそも運転すらしていない、ということもままある。


 おまけに、帰省ラッシュが始まりつつあった昨年12月27日、伊納-近文間の嵐山トンネル内で火災が発生し、2日半にわたって列車が運休になるという事件も起こった。この区間を挟む深川-近文間では、年が明けた2日夜にも信号トラブルによって5時間近く列車の運行が見合わせとなり、6万人の足に影響が出た。
 そういえば昔、北海道では「冬こそJR!」などというCMも放映されていたなあ、などと思い出すが、今そんなことを言ったら「ウソつけ!」と怒り出す人が多数出てくるに違いない。


Img_2038 というような状況の中で私は、12月30日、JRの深川-旭川間が運行再開した翌日、JRはJRでもJR北海道バスの「高速あさひかわ号」に乗って札幌へ向かった。一般の帰省流動とは逆方向であることと、直前に臨時便が客をさらえて行ってくれたおかげで、私の乗ったバスは定員40人に対し乗客10人、天気も良く快適そのもののバス旅となった。



ランキング参加中です。みなさまの「クリック」が明日への糧になります。よろしかったら、ポチっとな
にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ  鉄道コム

|

« ゆく年2015 | トップページ | JR北海道 料金・きっぷの見直し実施【1】北海道新幹線関連 »

日常の旅人」カテゴリの記事

コメント

明けましておめでとうございます
今年もよろしくお願いします。

鉄道よりバスですか┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~
そうですよねやはり考えるとねえ
旅行じゃないですものねえ
今年はいずこへおでかけかな?

投稿: 姉さん | 2016/01/05 23:05

いかさまあけましておめでとうございます。
単身赴任大変ですね。
しかし、家族を支える大役ですので頑張ってくださいね。
今年もよろしくお願いします。

投稿: mitakeya | 2016/01/06 07:41

新年おめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願い致します。
読んでいて、ちょっと耳に痛みを覚えました
わが家はアノ新幹線サプライズキャラクターの身内であるにも
かかわらず、福岡に行くときはほぼ100%高速バスを利用しているからです。
九州新幹線が開通した時に一度だけ熊本博多間を
往復しましたが、本当に一度きり
だって料金が違い過ぎるし、我が家から熊本駅までけっこう
遠いのです。 あっ、これJRの関係者には内緒の話ですよ

投稿: ターコイズ | 2016/01/06 20:52

明けましておめでとうございます。
JR北海道にとり、いろいろなことのある1年ですね。
新幹線も雪対策を考えれば、札幌まで全通すればとても有効な公共交通と思います。(夜行は残して欲しかったですが)
今年も、よろしくお願いします。

投稿: キハ58 | 2016/01/07 23:41

こんばんは☆
 
寒の入りも過ぎてから 新年のご挨拶に伺いました (*´ェ`*)
 
今年も どうぞよろしくお願い致します。
 
北海道新幹線元年の今年ですが
何だか 先行き不安なことが多いですね。
ちょうど トンネル火災の翌日に帰省したのですが
旭川駅の中には 臨時代行バスに乗るための長蛇の列が。
寒い季節に気の毒なことでした。
 
北海道の鉄道は、新幹線の華やかさとは裏腹に
どんどん減便されて、廃止の路線も更に増えそう。
線路は続くよ、どこまでも、はもう過去のことなのかもですね。

投稿: 花mame | 2016/01/08 20:50

 姉さんさん、お返事が遅くなり申し訳ありません。
 今年もよろしくお願いいたします。

 「旅行」と考えれば当然のようにバスより鉄道なのですが、札幌-旭川はもはや単純移動です(笑)そうなるとコストパフォーマンスに優れた移動手段を選択するのは自然な流れですものね。

 今年のお出かけ予定は…この後のお楽しみです(笑)

投稿: いかさま | 2016/01/10 22:14

 mitakeyaさん、お返事が遅くなり申し訳ありません。
 今年もよろしくお願いいたします。

 単身赴任と言いながら、ドアツードアで3時間弱という恵まれた環境であることは感謝せねばならないと思っています。首都圏だとどうかすると通勤できる距離ですね(笑)
 家族に求められた存在であると信じつつ、今年も頑張ります。

投稿: いかさま | 2016/01/10 22:15

 ターコイズさん、お返事が遅くなり申し訳ありません。
 今年もよろしくお願いいたします。

 複数の交通手段が選択できるときは、料金以外に駅・ターミナルへのアプローチも重要なファクターですよね。実は今住んでいる単身先のアパートからは、駅よりも高速バスの停留所の方が若干近いのです。大きな差ではありませんが、特にこの季節、氷点下10度以下まで下がる夜空の下では、少しでも歩く距離が短いのはありがたいことです。

投稿: いかさま | 2016/01/10 22:20

 キハ58さん、お返事が遅れまして申し訳ありません。
 今年もよろしくお願いいたします。

 北海道新幹線の札幌延伸は2030年度末とされていますが、招致が計画されている札幌冬季オリンピックが、現在予定されている2026年ではなく2030年に立候補することになった場合は2年ほど前倒しされるそうです。
 北海道新幹線の経営安定・自立を考えれば、2年短縮どころか一刻も早い全通が必要なように感じます。

投稿: いかさま | 2016/01/10 22:23

 花mameさん、コメントありがとうございます。
 今年もよろしくお願いいたします。

 嵐山トンネル火災の発生した12月27日は、天候不良により高速バスも止まっていたため重大な影響が出たと聞きました。不測の事故ではありますが、この超繁忙期に発生してしまうと信頼度低下の一因になってしまいますね。

 江差線の経営分離、留萌本線末端区間の廃止。そして普通列車の大幅削減と、地方の鉄道にとっては厳しい時期が続きますね。「線路は続くよ…」の昔とは、鉄道輸送の比重が比べ物にならないほど小さくなってしまった証なのでしょうか。

投稿: いかさま | 2016/01/10 22:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: あけましておめでとうございます。~札幌・旭川 往来2態:

« ゆく年2015 | トップページ | JR北海道 料金・きっぷの見直し実施【1】北海道新幹線関連 »