« 2009年世界の旅【31】ニューヨークへ行きたいか(4) 女神が微笑まない夜 | トップページ | 2009年世界の旅【33】ニューヨークへ行きたいか(6) セントラル・パークとジョン・レノン »

2016/02/21

2009年世界の旅【32】ニューヨークへ行きたいか(5) ロックフェラー・センターとMOMAストア

 前回の続き。これまでの経過は ⇒こちら。


 翌日曜日、少し寝坊をした私は、ホテルを10時少し前に出発した。皮肉なことに、昨日とはうってかわった見事な青空が広がっている。
 世界の中心たるニューヨーク、見どころはたくさんあるのだが、1泊2日では見られる場所に限りがある。その中で私が行っておきたいと思った場所、セントラル・パーク(Central Park)へ向かって散歩する。


Pa052976 Pa052975


Pa052974_3 6番街を北に向かって歩いていくと、48丁目から51丁目の間にロックフェラー・センター(Rockefeller Center)がある。70階建ての高層ビル・GEビルを中心に19のビルが並び、ビジネスとショッピングエリアを形成している。冬になると巨大なクリスマス・ツリーが飾られ、広場がアイススケートリンクになることでも有名である。
 地上・地下と構造物がめぐらされ、様々なショップが並んでいるビルに囲まれた一角には、人工ではあるが水を湛えたクリークや池も配されている。摩天楼ど真ん中の憩いのスペースになっており、軽く汗ばんだ私は上着を脱ぎ、しばし休憩をとる。


Pa052978 さらに北上した53丁目通りに面しては、ニューヨーク近代美術館(MOMA)のモダンな建物が建つ。ガラスを多用したお洒落な建築は、日本人建築家谷口吉生のデザインによるという。美術館の展示そのものに興味はないが、併設されているMOMAのストアに興味があった。普段づかいの日用品ながら、デザイン性に富んだ商品をずらりと並べているのが特徴である。


02072602kt_3 その中に、名古屋周辺のファストフード「スガキヤ」で使用されている「ラーメンフォーク」が並んでいる。
 子供時代から見慣れている私たちにしてみれば、実用品の範疇を出ておらず、お洒落だなどとただの一度も感じたことはないが、当時から形状が若干変わっていることもあり、高度なデザイン性を有する日用品として、ここに並んでいるようである。ほかにも、無印良品のアイテムをはじめ、10種類以上の日本の商品も並べられていた。
 こういう場所であらためて眺めると、ただの実用品だと思っていた見覚えのある品々が妙にハイセンスに見えてくるから不思議である。



 延々と、続く。



ランキング参加中です。みなさまの「クリック」が明日への糧になります。よろしかったら、ポチっとな

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ 鉄道コム

|

« 2009年世界の旅【31】ニューヨークへ行きたいか(4) 女神が微笑まない夜 | トップページ | 2009年世界の旅【33】ニューヨークへ行きたいか(6) セントラル・パークとジョン・レノン »

世界の旅人」カテゴリの記事

コメント

どうも、ごぶさたです。

ラーメンフォークがニューヨーク近代美術館のストアにあるとは。
普段使ってるものが、ちょっとおしゃれなものに感じてしまいますね。

投稿: miyap | 2016/03/05 14:39

 miyapさん、コメントありがとうございます。
 普段使いの品物も視点を変えてみるとそう見えるということなのでしょうね。ちなみに私の周辺には、あれを上手に使ってラーメンを食べる人は誰もいませんでした(笑)

投稿: いかさま | 2016/03/08 07:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2009年世界の旅【32】ニューヨークへ行きたいか(5) ロックフェラー・センターとMOMAストア:

« 2009年世界の旅【31】ニューヨークへ行きたいか(4) 女神が微笑まない夜 | トップページ | 2009年世界の旅【33】ニューヨークへ行きたいか(6) セントラル・パークとジョン・レノン »