« 43歳・初沖縄【0】 | トップページ | 43歳・初沖縄【2】どこまでも青い海 »

2016/03/10

43歳・初沖縄【1】まずは美ら海水族館

Okinawa1 沖縄を訪れた友人・知人が口を揃えて言ったのが、「美ら海水族館はすごい」ということである。私は元来こういう生き物系の施設にあまり興味はないが、繰り返しこの台詞を聞かされると、やはり覗いてみたくなる。子供たちにも受けることは間違いないであろう。


 沖縄本島中部、本部町にある美ら海水族館へは、那覇空港から約95km、高速道路経由で車で1時間半ほどである。3月3日木曜日、新千歳空港から羽田乗り継ぎで、14時過ぎに那覇空港に入り、レンタカーで那覇空港自動車道・沖縄自動車道を北へと走る。


 終点の許田インターから、東シナ海を左手に見つつ、国道58号線、449号線を走る。途中、片側1車線、対面交通の道路が挟まるが、交通量はさほど多くなく、快適なドライブである。


Dscn5252 Dscn5248
 2002年に現在の建物がオープンした美ら海水族館は、かつて沖縄海洋博がおこなわれた跡地、通称「海洋博公園」の中にある。公園内には有料の水族館のほか、無料で見学できるいるかショー、マナティーやウミガメの展示施設などもある。夕方のこの時間、いるかショーはすでに終了しているが、水槽が屋外にあるため、生態の見学は可能である。
 通常大人1,850円の水族館への入館料は、近隣のコンビニエンスストアなどで購入すると1~2割引になり、さらに16時以降の入館は3割引の1,290円になる。


Dscn5269_2 Dscn5267_2
 海岸の斜面に立つ水族館は、3階から入って順に下っていく形。展示内容は、浅い海から順に深海へと移っていく。水槽の中では、いかにも亜熱帯を思わせる鮮やかな色彩を持つ魚が泳いでいる。ヒトデやナマコといった礁地の生き物に触れることもできる。一見軟らかそうな雰囲気を持つヒトデが意外と固い感触だったりするのに驚く。


Dscn5279 Dscn5283
 サンゴ礁のエリアを抜けた先が、水族館のメイン展示と言ってもいい「黒潮の海」は、幅35m、奥行き27m、深さ10mの巨大な水槽の中を、巨大なジンベエザメマンタをはじめ、70種の魚が回遊している。時間の関係で見られなかったが、毎日2回、給餌の場面を見ることもできる。
 正面から見る水槽の迫力もさることながら、エレベーターで4階へ上がり、水槽を上から眺めることができるのも楽しい。立っている私たちの足元を、ジンベエザメやマンタが悠然と泳いでいく姿もわくわくする。


 さらに下って深海魚の展示エリアを抜けると出口。駆け足で観覧して1時間半ほどであったが、今回見られなかったジンベエザメの給餌や「美ら海シアター」、それに屋外のいるかショーなども、機会があれば再訪して見物してみたいと思った。各水槽の解説などもじっくり聴ければ楽しいだろう。その気になれば半日くらいは余裕で潰せそうである。


Dscn5272 限られた時間の中で子供たちを急かしてしまったことが多少申し訳なくも思ったが、それなりに楽しんでくれたことが会話の節々からもわかり、なによりである。ただ、あれだけ大規模な展示がたくさんあった中で、下の坊主がかじりついて離れなかった最大のポイントはチンアナゴ。このあたりがよくわからないところである。


 続く。





ランキング参加中です。みなさまの「クリック」が明日への糧になります。よろしかったら、ポチっとな
にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ  鉄道コム
 

|

« 43歳・初沖縄【0】 | トップページ | 43歳・初沖縄【2】どこまでも青い海 »

日本の旅人」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。

美ら海水族館、行かれたのですね。
わたしも10年くらい前に行きました。
行く前は「ふ~ん、水族館ねぇ…」という程度でしたが、
行って見てびっくり! 
あのマンタがいる水槽は圧巻ですね!
また見に行きたくなりました

(時々他の水族館でも見かける、ニョロニョロみたいなの、
あれはアナゴだったのですね…笑)

投稿: アケ | 2016/03/11 00:46

水族館の中もすごいけど・・
外の景色も素晴らしかったのを覚えています。

投稿: 姉さん | 2016/03/11 07:03

こんばんは。
美ら海水族館は沖縄に行ったら必ず訪れたい場所の一つなのでとても興味深く拝見しました。
いつになるかわからないけど、その時は半日時間を使いたいと思いました。

投稿: ミミ | 2016/03/11 21:13

息子も修学旅行で見学してきたようです。
でっかいジンベエザメをバックにした写真がありましたっけ。
楽しそうでいいですねえ。
お子さんたち、大喜びだったでしょうね。
私も一度は行ってみたい

投稿: 瑠璃 | 2016/03/11 21:21

 アケさん、コメントありがとうございます。
 こういうのは実際に行ってみないとなかなかそのすごさがわからないものなのかもしれませんね(笑)。興味のある人ならば1日でも2日でもいられるのではないでしょうか。私も機会があればもう一度、ゆっくり行ってみたいと思いました。

 チンアナゴは私も名古屋港水族館で見たことがあります。そういえばその時も子供たちは釘付けでした。

投稿: いかさま | 2016/03/13 02:10

 姉さんさん、いつもありがとうございます。
 そうですね、海岸の高台に当たる水族館の入口付近からの景色、素敵でした。海の向こうに望む伊江島、ちょうど水族館の中から夕暮れの景色が見られて、なんとも素晴らしかったです。

投稿: いかさま | 2016/03/13 02:13

 ミミさん、いつもありがとうございます。
 実際に訪れてみて、周囲の人々が執拗に勧めてくる理由がわかったように思います。ただ眺めているだけでも十分に感動的ですが、プログラムとしておこなわれる説明やツアーなどが絡むとまた楽しみも倍加すると思います。

投稿: いかさま | 2016/03/13 02:15

 瑠璃さん、コメントありがとうございます。
 修学旅行で沖縄など大変羨ましく思います(私の高校時代は広島まででした(笑))。本土にはない自然や生き物の風景はもちろんですが、歴史を知るためにも大変素晴らしい修学旅行先だと思います。
 瑠璃さんも修学旅行に出掛けてみてくださいね(笑)

投稿: いかさま | 2016/03/13 02:18

今回のブログは女子人気高いですね~(*´ω`*)
と~まも、行ってみたいな沖縄です
チンアナゴ、家でもうけそうです~(*´艸`*)

投稿: と~まの夢 | 2016/03/13 21:32

 と~まの夢さん、いつもありがとうございます。
 そうですね、今回は女性の方からのコメントが多いかもしれません。いつもの鉄ネタとは少々趣が違うからでしょうか(笑)。沖縄という場所の魅力かもしれませんね。
 チンアナゴの魅力については、現在仲間たちと解析中です。不思議ですね(笑)

投稿: いかさま | 2016/03/14 01:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 43歳・初沖縄【1】まずは美ら海水族館:

« 43歳・初沖縄【0】 | トップページ | 43歳・初沖縄【2】どこまでも青い海 »