« 43歳・初沖縄【1】まずは美ら海水族館 | トップページ | 43歳・初沖縄【3】家族でシュノーケリング体験 »

2016/03/13

43歳・初沖縄【2】どこまでも青い海

Okinawa2 沖縄本島は北東から南西に向かって細長いが、南北縦断しても約130kmで、札幌-旭川間とほぼ同じ距離である。
 一方、東西方向にはきわめて狭く、最も狭いところでは幅3kmほどである。集落は海岸近くに開けているから、主要道路も海岸に近いところを走る区間が多い。このため、余程の内陸を走っていない限り、視界に海が入る。その透明感たるや半端ではない。波打ち際から沖に至るまで、海の底が透けて見える衝撃は、本州や北海道の深く蒼い海を見てきた目からは、全く異質のものに映る。


Dscn5236 Dscn5292
 沖縄自動車道を降りて美ら海水族館に向かう途中、ちょうど1泊目のホテルがある近くの海岸沿いで車を止めた。初めて間近に見る沖縄の海。さらさらとした砂浜には、サンゴや貝が無数に転がっており、子供たちの興奮を誘う。翌朝、ホテルのテラスから見た海の透明感に、私は思わず息を呑んだ。


Dscn5307_3 Dscn5303_2
 2日目、少しずつ雲行きが怪しくなる中、名護のホテルから北へクルマを走らせ、古宇利島へと向かった。城址の残る今帰仁(今帰仁)村を経由して1時間弱。本島から屋我地島へ橋で渡り、さらに古宇利大橋を渡って古宇利島へ入る。海の中に一直線に伸びる橋の姿は美しい。対岸の古宇利島の高台から望むと、起伏を持った橋のアスファルト色が、海の明るい青と絶妙なコントラストをなしている。


Dscn5352 Dscn5349
 一方、その海の厳しい力強さを感じることができるのが、名護から南西へ約25kmほど、恩納村の万座毛である。海岸に突き出した台地はなだらかで優しいが、その足元は切り立った断崖絶壁である。高さ20mにも及ぶ断崖の正体は、海底から隆起した珊瑚岩であるが、海の浸食作用によって複雑怪奇な形をなしている。見下ろす海はあのおだやかな海でなく、厳かで険しい。サスペンスドラマのラストシーンによく似合う。


Dscn5371 Dscn5366
 3日目、今にも雨が降りだしそうな中を出掛けたのが伊計島。恩納村のホテルから約35km。本島と平安座島を結ぶ海中道路を通り、平安座島の石油基地を横目に見ながら、宮城島の曲がりくねった細い道路を抜け、伊計大橋を渡ると伊計島である。
 その入口付近にある小さな伊計ビーチで、「見学料」と称する1人200円を払ってビーチに入る。夏にはおそらく海水浴客でにぎわうのだろうが、この時期は静か。波打ち際で子供たちが海や砂と戯れるをのんびりと眺める。これが沖縄らしい、贅沢な時間の過ごし方かもしれない。経済的に余裕があれば、暖かい時期に連れてきてやりたいな、と思う。


Dscn5372 ポツポツと雨が降り出したのをしおにビーチを後にして、本島へ向かって再び車を走らせた。雨はみるみるうちに強くなり、埋め立てた堤防の上を走る海中道路を再び渡る頃にはスコールのようになった。帰りに写真をとればいいや、と思っていた私は、豪雨の中駐車帯の歩道橋の上へ駆け上がり、ずぶ濡れになりながらカメラを構えることになった。



続く。

【追記】
 沖縄の海岸には無数のサンゴの欠片、あるいは死サンゴなどが転がっているが、これらを持ち帰るためには、海岸の管理者への問い合わせが必要だそうである。勝手に持ち帰るのは禁止なんだとか。ご注意を。



ランキング参加中です。みなさまの「クリック」が明日への糧になります。よろしかったら、ポチっとな
にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ  鉄道コム

|

« 43歳・初沖縄【1】まずは美ら海水族館 | トップページ | 43歳・初沖縄【3】家族でシュノーケリング体験 »

日本の旅人」カテゴリの記事

コメント

南の島は何処も海の色がコバルトブルーで
透明度があり感激しますね。
いかさまさんはグアムに行っていますから
比較出来ますね~。
私も沖縄に行った時に海の色が余りに綺麗で
感激しました。「日本にもこんなに綺麗な海があるぞ~」
ってね。
家族旅行出来て良かった。1人で行かなくてね。

投稿: マーチャン | 2016/03/14 09:43

こんにちはいかさま。
自分も3年前に行きました。水族館から古宇利島へ。道がわからず迷いながらたどり着いた思い出がありますよ。
素晴らしいですね。あとはゴルフでしたけど。
この二か所は思い出深いです。

投稿: mitakeya | 2016/03/14 16:22

こんばんは☆
 
うふふ、ゆいレールに乗るためだけの旅、
何となく気持ちが わかる気がします (o^-^o)
 
もう10年も前の話になりますか、弟のプレゼントで沖縄に行って来たのですが
沖縄唯一の鉄道(厳密には違うかもですが)とのこと、興味深く乗りました。
モノレール自体は珍しくはないですけど、沖縄と言うことに意味がありました。
 
レンタカーで 沖縄本島を回ってきましたが
見られなかった所も たくさんあるので、また行ってみたいものだなぁと思っています。
 
今回は ご家族での旅行、とても楽しまれている様子、
こちらも行った時のことを思い出しながら読ませて頂きましたよ。
 
この季節は 文字通り北と南、随分と気候も違ったでしょうから
お風邪など召しませんようにね。

投稿: 花mame | 2016/03/14 17:56

私が沖縄に行ったのは1月でした。
この時期あまりお天気は良くないみたいですね。
もう一度行くなら
やはり5月ごろかな?

投稿: 姉さん | 2016/03/14 21:36

 マーチャンさん、いつもありがとうございます。
 そうですね、10年ほど前、確かにグァムに行っていました(笑)。ただあの時はあまり天気も良くなかったし、海の印象があまりないですね。
 今回も決して天気に満度に恵まれたとはいえませんが、海の透明感に感動できたことは大きかったです。家族を連れてこられたことは本当によかったと思いました。

投稿: いかさま | 2016/03/16 00:09

 mitakeyaさん、いつもありがとうございます。
 今はレンタカーもカーナビがほとんど標準になっていますから、道に迷わずにたどり着けるという点においては非常に便利ですね。効率的にいろんなところを回れたように思います。
 ゴルフは私もあまり得手ではありませんが、一度くらいは沖縄でやってみたいものですね。

投稿: いかさま | 2016/03/16 00:11

 花mameさん、いつもありがとうございます。
 ゆいレールオンリーの旅に何となく共感いただけて、大変幸せです(笑)。
 決して大きな島ではありませんが、むしろコンパクトで、レンタカーで周遊するにはちょうどよいですね。おっしゃるとおり、自然、レジャー、歴史と見所は満載ですから、一度では回りきれません。2回目、3回目と、リピーターになる人の気持ちが少しわかるような気がしました。

 北海道もこのところ気温高めの日が続いていますが、さすがに沖縄のようなわけにはいきませんから、ちょっと油断すると風邪の元ですね。花mameさんもお気をつけくださいね。

投稿: いかさま | 2016/03/16 00:17

 姉さんさん、いつもありがとうございます。
 1月~3月の沖縄は、降水量は少ないものの、日照時間もそれほど長くなく、曇天の日が多いようですね。もっとも、沖縄の平均日照時間は47都道府県中35位だそうですから、イメージとはちょっと遠いです。5月になると梅雨に入るそうですから、4月のGW前あたりが一番いいのではないでしょうか。

投稿: いかさま | 2016/03/16 00:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 43歳・初沖縄【2】どこまでも青い海:

« 43歳・初沖縄【1】まずは美ら海水族館 | トップページ | 43歳・初沖縄【3】家族でシュノーケリング体験 »