« 43歳・初沖縄【6】たまには食べ物の話も。(その1) | トップページ | 43歳・初沖縄【8】71年目の沖縄 歴史と現実 »

2016/04/15

43歳・初沖縄【7】たまには食べ物の話も。(その2)

 熊本を中心とした九州地方で地震の被害にあわれた皆様にお見舞いを申し上げます。
 大きな余震が続いています。どうぞお気を付けください。



Dscn5324 沖縄を代表する食べ物のひとつに、「BLUE SEAL」のアイスクリームがある。
 米軍基地の従業員向けに売られたことに端を発するBLUE SEALは、現在沖縄県内いたるところで販売されている。今回利用した旅行会社のパックでは、特典として一部の直営店で利用できるアイスクリームの引換券がついていた。どのみちどこかで食べるつもりではいたが、せっかくの特典を活用しない手はない。


 旅行3日目、海中道路からおきなわワールドへ向かう途中、宜野湾市にあるBLUE SEALの直営店に立ち寄った。「ドンキホーテ」の店内の一角にテナントとして入っている店である。
 「サーティーワン」などと同じく、冷凍ショーケースに並んだ数十種類のフレーバーから好みのものを選ぶと、コーンかカップに、たっぷり時間をかけて何度もフレーバーを掬い取り、これでもか、これでもかと盛っていく。


Img_2155 「紅イモ」「サトウキビ」など、いかにも沖縄というフレーバーが定番として売られているのも特徴である。私が選んだ「サトウキビ」は、黒糖のほどよい甘さが舌の上で溶ける逸品。これほどもっちりとしたアイスクリームは食べたことがない。下の坊主が注文した「ブルーウェーブ」は、見た目の色こそ毒々しいが、少し舐めさせてもらうと、ソーダ味とパイナップルらしき味のアイスクリームが絡み合ったさっぱりした味わいだった。



Dscn5452_2 Dscn5446_3
 3日目の夜、国際通りにある「サムズ・セーラーイン」というステーキレストランで夕食をとった。旅行会社が付けてくれた夕食クーポンで利用できる10店ほどの中から家族と相談して選び、前日に予約をしておいた。
 店の印象は、船の印象を持たせた外観で、「鉄板焼きパフォーマンス」と書かれた横断幕が掲げられている。水兵服の店員に案内された席は、国際通りに面した窓向きの席。目の前には鉄板があり、若い店員の兄さんが目の前で肉や野菜を切り、焼いてくれる。塩胡椒を振る際に、容器を投げ上げてジャグリングよろしく振り回す。これが「パフォーマンス」のようである。肉の質は可もなく不可もなくで、いかにも観光客向けの店だが、再三書くとおり沖縄ビギナーの私たちにはちょうどいい感じである。


71igepydudl__sl1000_ 最終日、国際通りを1時間ほど歩いて土産物を物色する。職場や友人に持っていくお土産はいつもお菓子と決めている。私たちのイメージでは、沖縄土産といえば「ちんすこう」が代表格だと思っていたが、そのちんすこうを押しのける勢いですべての土産物屋で大々的に売っていたのが、2日前に本店をちらりと覗いた「御菓子御殿」の「元祖紅いもタルト」。あまりにもそこらじゅうで売りすぎて、かえって怪しく感じないでもないが、結局会社へのお土産に1箱購入。幸いなことに評判は良かった。


Img_2177 昨今は全国メジャーなお菓子に、それぞれの土地の味をつけた地域限定の「ご当地○○」が多数売られている。沖縄も例外ではなく、「ハイチュウ」にはマンゴー味パイナップル味。子供の頃、少ないお小遣いを握り締めて駄菓子屋に買いに行った「マルカワのフーセンガム」も、シークヮーサー味が大箱入りで売られている。もちろんすべて「沖縄限定」と書かれている。こんなものも喜ばれるんじゃないかな、などと思いながらお土産に買い求めた。


 それから1か月ほど経ち、先日、札幌中心部の地下街「オーロラタウン」を歩いていると、沖縄のアンテナショップ「わしたショップ」を見つけた。食料品からシーサーまで、小さな店舗の中でいろいろな沖縄の品物が売っていたが、私がお土産に買い求めたお菓子はすべてこの店舗の中で売っていた。紅いもタルトもBLUE SEALのアイスも、果てはインスタントの沖縄そばも並んでいた。次回は本当に現地でしか買えないものを探してこなければなるまい



ランキング参加中です。みなさまの「クリック」が明日への糧になります。よろしかったら、ポチっとな
にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ  鉄道コム

|

« 43歳・初沖縄【6】たまには食べ物の話も。(その1) | トップページ | 43歳・初沖縄【8】71年目の沖縄 歴史と現実 »

日本の旅人」カテゴリの記事

コメント

紅イモタルトは、うちの息子も
修学旅行のお土産に買ってきました
だけど、娘が北海道で修学旅行土産に買ってきたじゃがポックルは、
この辺りではまったく見かけません。
そういう類のお土産を探さなきゃ・・・って、ことですね

投稿: 瑠璃 | 2016/04/15 21:02

紅いもタルトは会社でもよくいただきます。
やっぱ有名なんですね~。
私はちんすこうの方が好きですけど
名前はっきり覚えてませんが、塩の…雪塩?だったかな??
ちんすこうがとても美味しかったです。
それもアンテナショップに売っているのでしょうか。
お土産選びもなかなか大変ですね。

投稿: ミミ | 2016/04/15 23:31

こんばんは!
いいですね〜!
ブルーウェーブのアイス大好きです、美味しいですよね。
以前お土産で頂いいたご当地ハイチュウで「ジンギスカン味」というものを食べた時衝撃的に不味かった記憶がありますが(もちろん沖縄土産ではなく!)…マンゴーやパイナップルならば間違いない安定感ですね。
沖縄満喫されましたか?
ご家族も楽しまれて、充実のご旅行ですね!

投稿: ミナゾウ | 2016/04/18 00:10

 瑠璃さん、いつもありがとうございます。
 「紅いもタルト」はあれほどいたるところで売っていれば、手にとらないといけないようなきもちになります(笑)
 「じゃがポックル」は、ひところ北海道内でも用意に手に入れることはできなかったですが、最近ではそれほどでもないようですね。太平洋フェリーの売店にも売っているのを見ました。

投稿: いかさま | 2016/04/18 02:06

 ミミさん、いつもありがとうございます。
 ちんすこうも実に多様な種類がありますね。選ぶのもきっと一苦労なのだろうと思います。「雪塩ちんすこう」だったでしょうか、おみやげ物屋さんで見かけたように記憶しています。「わしたショップ」ではあまり真面目に見ませんでしたが、これもきっと売っているのではないでしょうか。今度行った時には探してみようと思います。

投稿: いかさま | 2016/04/18 02:10

 ミナゾウさん、いつもありがとうございます。
 おかげさまで家族旅行、私も家族も存分に楽しませていただきました。
 このテの限定お菓子にはかなりの当たりはずれがあるのではないかと思いますが、沖縄のマンゴー・パイナップル・シークヮーサーあたりは鉄板で外れはなさそうですね。ジンギスカンの味はできればジンギスカンで味わいたいものです(笑)

投稿: いかさま | 2016/04/18 02:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 43歳・初沖縄【7】たまには食べ物の話も。(その2):

« 43歳・初沖縄【6】たまには食べ物の話も。(その1) | トップページ | 43歳・初沖縄【8】71年目の沖縄 歴史と現実 »