« 北海道新幹線 連休中の利用状況とJR北海道決算 | トップページ | 北海道の「四?」季 »

2016/05/18

2009年世界の旅【40】シカゴ(1) 空港からホテルへ

これまでの経過は ⇒こちら。


Pa113066 2009年10月10日11時50分、ボストンからおよそ2時間半のフライトで、シカゴ・オヘア空港に到着。ボストンとの時差は1時間である。アメリカ有数の発着便数を誇るオヘア空港の広いターミナルを歩いて出口へと向かう。通路の途中には「Flu Shot」という張り紙をした机がポン、と置いてあり、白衣を着た人がインフルエンザの予防接種をしている。万国旗やスケルトンの地球儀が飾られた通路はいかにも国際的で、2016年の夏季オリンピック招致に向けた意気込みを表していたが、後日東京とともに落選が決まっている


Pa113067 空港から市内への交通手段はいくつもあるが、シカゴ交通局(CTA)の地下鉄が2.50ドルと破格の安さである。治安はあまりよろしくないとの情報だが、土曜日の昼間で乗客も多そうだから、あまり気にしないことにする。比較的乗客の多い車両を選んで乗車すると、何人かお行儀のよろしくなさそうなのがいる。なるべく目を合わせにようにして座る。


 地下鉄といいながら、電車は地下に潜ったり地上に出たりを繰り返して、空港からおよそ30分、前方に市街地が見えてくると地下に潜り込む。路線図を見ると、ダウンタウンの北西に位置するオヘア空港とシカゴ西郊のフォレストタウンとを市街地経由で結ぶブルーラインは、ひらがなの「つ」の字型に路線を描いており、ちょうど右側の弧の部分で、市街地を地下鉄で通過することになっている。クラーク・レイク(Clark/Lake)駅で下車し地上へ上がると、何とも薄暗い。見上げた空にはシカゴ名物の高架鉄道「L」の高架が見える。おそらく明日には乗る機会があるだろう。


Pa113069 悠然と流れるシカゴ川の向こうに、映画などでおなじみの、双子のトウモロコシのような高層ビル「コーン・タワー(Corn Tower)」が見えた。下層部は駐車場、上層部はマンションになっていて、駐車場に止まっている自動車がミニカーのように見える。タワーのある一角はマリーナ・シティ(Marina City)と呼ばれ、高名なライブハウスやコンサートホールなどもある。これから3泊する「ホテル・サックス(HOTEL SAX)」は、そのマリーナ・シティの一角、コーン・タワーのすぐ北側にあった。


Pa113076 生まれて初めての単独で外国のホテルにチェックインする。特段の滞りもなくチェックインが完了し、カードキーを渡された際、カウンターの女性に、
“浴室にバスタブはありますか?”
と尋ねたところで問題は起こった。「bath tub」の発音が悪いらしく、どうしても伝わらないのである。中学校で教わったように、ややオーバーに舌を噛んで「th」の発音をして見せたが、悪いのはそこではないらしく、3度目でようやくこちらの言わんとすることを理解してもらったうえに、発音のお勉強までさせてもらう。早い時間のチェックインで、フロントも暇だったとみえる。


Pa113074 キングサイズのベッドが鎮座する客室は、床に荷物を豪快に広げても余裕でお釣りが来るほど広い。南側の壁面ほぼ全体が窓ガラスになっており、カーテンを開けると目の前はコーン・タワーである。
 入口脇のドアを開けると、広めのトイレと洗面所の奥に、しっかりしたバスタブが用意されていた。ホームステイのうっ憤を晴らすかのように、なみなみお湯を張って入浴。ニューヨークで買った文庫本を広げ、足を伸ばして30分ほどもくつろぐ。


Pa113071 2時間ほど部屋でのんびりしてホテルの外へ出ると、緯度的にはボストンより南のはずなのだが、内陸のせいか肌寒さを感じる。気温は10度前後だろうか。やや陽が低くなってきた空を突かんばかりに、無数のビルが高さを競っており、さすがはニューヨークを上回る摩天楼都市・シカゴと感心する。シカゴ川に架かる橋の上からの風景は上質の絵葉書のように美しい


Pa123115 ふらふらと近場を散歩し、セブンイレブンに立ち寄ると、「99セント」と書かれたポスターに見覚えのあるキャラクターの姿。NHKの「どーもくん」である。アメリカのセブンイレブンがこの秋からキャンペーンキャラクターに採用したらしく、その後もポスターや看板、果ては店内で販売するコーヒーの紙コップに至るまで、あらゆるところで「どーもくん」に遭遇することになった。



 延々と、続く。



ランキング参加中です。みなさまの「クリック」が明日への糧になります。よろしかったら、ポチっとな

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ 鉄道コム

|

« 北海道新幹線 連休中の利用状況とJR北海道決算 | トップページ | 北海道の「四?」季 »

世界の旅人」カテゴリの記事

コメント

シカゴ・・・懐かしい!!!。
そこには3回訪問してます。
いかさまさんが泊まった所とは違いますが、
シカゴ博物館など、一人歩きしました。
夜になると物乞いの黒人がカンを持って座っていて、
ちょっと怖かったです。
シカゴで一番高いビルに上り、夜景を見たのですが、
360度のパノラマがきれいでした。
も~10年前ですが!!!。

投稿: マーチャン | 2016/05/19 08:01

うーむ、と~まなら確実に手振り身振りで表現するな
バスタブとか発音できねーとか言いつつ(*´∇`*)
ともかく通じてよかったですね(*^-^)v

投稿: と~まの夢 | 2016/05/19 11:21

 マーチャンさん、いつもありがとうございます。
 シカゴプロですね(笑)。おそらくシカゴで一番高いビルは、「シアーズタワー」かなと思います。私は日中ですが訪問しましたよ。後日触れさせていただく予定です。日中でもかなりの壮観でしたが、夜景はきっと素晴らしいでしょうね。
 私は幸いあまり怪しい人には出会いませんでしたが、夜の一人歩きはさすがに緊張しますね。

投稿: いかさま | 2016/05/21 23:27

 と~まの夢さん、いつもありがとうございます。
 私も通じなかった時には体当たりで攻めるつもりでした(笑)まさかこんな展開になるとは思っていませんで、フロントの方もよほど暇だったのか、それとも私の発音のあまりの悪さを憐れんだのか、どちらかでしょうね。

投稿: いかさま | 2016/05/21 23:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2009年世界の旅【40】シカゴ(1) 空港からホテルへ:

« 北海道新幹線 連休中の利用状況とJR北海道決算 | トップページ | 北海道の「四?」季 »