« 2009年世界の旅【51】シアトル(2) マリナーズとシーホークス | トップページ | 2009年世界の旅【52】シアトル(3) 航空博物館への道 »

2016/07/31

のどが痛い。

 さっきまで叩きつけるような勢いで降っていた雨が今は上がり、静かな夜である。けれども旭川の周辺市町村では、今も局地的な豪雨に見舞われており、土砂災害に対する警戒情報も出されている。ちょうどこの時期は昨年の秋に蒔き付けた小麦の収穫時期にあたっており、収穫作業の遅れや減収も心配である。

 7月も20日を過ぎると最低気温が20度を超え、時に寝苦しい夜の来るのが旭川の平年の気候だが、今年は夜間の気温がなかなか上がらなかった。これも農家の皆さんからすると悩みの種だったりするのだが、生活するうえでは楽である。この楽さに甘えたのか、それともここしばらく続いた仕事のトラブルで体力を消耗したせいか、数日前からのどが痛み始めた

 最初は多少いがらっぽいな、くらいの感じだったのだが、木曜の夜くらいから食べ物を飲み込むときに抵抗感を感じるくらいの痛みになった。金曜日には飲み物を飲み込むのもしんどい状況になったが、午後の会議でお客様の前で10分ほどお話しをさせていただいた。ここまでは序章であった。

 会議の後には懇親会があり、そこで勧められるままにビールを何杯か飲んだのがよくなかったらしい。2次会の場所へ向かって流れるあたりから突然、声がガラガラになりはじめ、コーラで乾杯した数十分後には、完全にもんた&ブラザーズ状態になった。上司に「おい、歌いに行くぞ」と冷やかされて「ダンシング・オールナイト限定ですよ」などと切り返す。この辺りまではまだ余裕があった。

 ところが喉の痛みに悩まされて目覚めた土曜日、ピンポンを鳴らした宅配便に対応しようとして、声がほぼ出ない状態であることに気づく。慌ててホームページで探し、駅近くの耳鼻咽喉科へ駆け込む。
 ここで生まれて初めて鼻からカメラを突っ込まれ、検査を受けた。先生はカメラが映し出す私の喉の奥を見て、「あちゃあ」と小さな声を上げた。

 「まずは扁桃炎ね。ここんところがいい感じで赤くなってる。それから声帯、普通の状態はこうなんだけど、君のはほら、こんなに見事に腫れ上がってる。よくもまあこんなひどくなるまで放っといたもんだね。」
 図や写真と私の喉の映像を見比べて指さしながら、いかにも温厚そうな先生が症状と対処方法をてきぱきと指摘する。「言っときますけど結構な重症ですよ」。

 処方箋とともに渡された注意事項には、喉に刺激を与える飲食物は控えるようにと書かれていた。たばこ・酒はもちろん、炭酸飲料や揚げ物、生野菜などもダメだと書いてある。要するに私は、痛んだ喉に酒で刺激を与え、二次会のコーラでとどめを刺した、と、そういうことのようである。

 薬を飲み、耳鼻咽喉科でもらった注意事項を守って1日半。私の声はようやくもんた&ブラザーズくらいまで戻った。電話してきた嫁には「爺さんみたい」と笑われたが本人はいたって深刻である。
 明日も仕事、会議もある。出番は少ないはずだが懇親会もある。さてどうするか。明日起きて桑田佳祐くらいまで回復していればなんとかなりそうなのだが。




ランキング参加中です。みなさまの「クリック」が明日への糧になります。よろしかったら、ポチっとな

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ 鉄道コム

|

« 2009年世界の旅【51】シアトル(2) マリナーズとシーホークス | トップページ | 2009年世界の旅【52】シアトル(3) 航空博物館への道 »

日常の旅人」カテゴリの記事

コメント

あらら…喉がはれてしまったのですね。
声が出せないのはお辛いですね。。。

実はわたしも扁桃腺が弱く、つい先日まで風邪のせいで
唾を飲むのも痛いほどの「桑田佳祐」レベルでした。
久しぶりに病院で、茶色い喉の薬を棒でグリグリ塗られた時は、
涙で先生のお顔がかすんでみえました(^^;

痛みを紛らわすのと、熱っぽいせいからなのか
ついつい炭酸飲料でスッキリさせたくなるのですが、
やっぱりいけなかったんですね…(次、気をつけます)

お仕事があると話さない訳にもいきませんが、
どうぞ喉を労わって、お大事になさってください。

投稿: アケ | 2016/08/01 01:19

おはようございますいかさま。
∑(゚∇゚|||)アララお気の毒に。
カラオケ行けませんね。
こうゆう時はお湯割りの代わりに、超薄いお湯割りを飲んで
我慢するしかないですね。
(*^m^)お大事に。
しかし天気はっきりしませんね。こちらは猛暑続きなんですけど
北のほうは気温が低く、おそらくラニーニャ現象ではないですかね。
こうゆう時は体調に十分ご注意なさいませ(* ̄0 ̄)ノ

投稿: mitakeya | 2016/08/01 06:39

おはようございます

あれ??ちょっとおかしいな
くらいの時に病院にかかれば大事に至らないのだけれど
仕事があるとなかなか行けませんものね。

どうぞお大事にしてくださいね。

投稿: かちがわまなこ | 2016/08/01 09:38

お大事に

投稿: poem | 2016/08/01 12:51

いかさまさん、くれぐれもお大事に! です。

投稿: キハ58 | 2016/08/01 20:22

 アケさん、お気遣いありがとうございます。
 このつらさは「たまに」だから我慢もできますが、弱くて頻繁に炎症を起こすとしんどいでしょうね。
 お医者さんからいただいた紙には、タバコ、お酒、揚げ物、炭酸飲料のほか、せんべいや蒟蒻ゼリー、意外なものでは生野菜なんてものも控えるように書かれていました。これまでの経験から大丈夫そうだと思っていても、意外とわからないことがあるものです。

投稿: いかさま | 2016/08/01 23:28

 mitakeyaさん、お気遣いありがとうございます。
 さすがにこの状態ではダンシング・オールナイトも勝手にシンドバッドも歌うわけにはいきませんね(笑)
 酒もダメ、熱い飲み物は冷まして飲めとのことですから、お酒は当分控えてお茶中心の生活を送ろうと思います。
 北海道は日中の気温は30度前後まであがり、夏の陽気になってきました。問題はここ数日活発に活動している雨雲ですね。畑の冠水の話も耳にしますから心配です。

投稿: いかさま | 2016/08/01 23:30

 かちがわまなこさん、お気遣いありがとうございます。
 割と普段は早めに病院に行って手を打つ方なのですが、今回は完全に後手を踏みました。これほど声が出なくなった記憶は過去になく、軽いのどの痛みといっても侮ってはいけないと痛感しました。

投稿: いかさま | 2016/08/01 23:35

 poemさん、お気遣いありがとうございます。
 お見舞い受け付けていますのでいつでもどうぞ(笑)

投稿: いかさま | 2016/08/01 23:36

 キハ58さん、お気遣いありがとうございます。
 そうですね、体は大事にしないと、乗り鉄にも出掛けられませんのでね(笑)養生に努めます。

投稿: いかさま | 2016/08/01 23:38

扁桃腺になったら・・・つらいですね。
ルゴールを手元に置いておくと幾分早く治りますし、
楽になりますよ。
お大事に!!!。

投稿: マーチャン | 2016/08/02 06:03

こんばんは。
その後のどの具合はいかがですか。
声は復活したでしょうか?
本来なら安静が一番なのでしょうけれど、仕事してるとそういう訳にもいきませんよね。。
早く良くなりますように。

投稿: ミミ | 2016/08/02 23:13

 マーチャンさん、お気遣いありがとうございます。
 ルゴールですか。扁桃炎は癖になるともいいますから、次の時のために手元に置いておいた方がいいかもしれませんね。
 ようやく楽になってきましたが、咳と痰が残っている感じがあり、まだまだしんどいです。

投稿: いかさま | 2016/08/04 22:35

 ミミさん、お気遣いありがとうございます。
 おかげさまで水曜日ぐらいからおおむね普通の会話はできるようになり、今は多少大きめの声も出ます。ただ、まだ咳も出ますし、もう少し気を付けないといけなさそうです。仕事柄、しゃべらないわけにはいかないですし、もともと性格上黙っていたれないものですから、当面完治は難しいかもしれません(笑)

投稿: いかさま | 2016/08/04 22:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: のどが痛い。:

« 2009年世界の旅【51】シアトル(2) マリナーズとシーホークス | トップページ | 2009年世界の旅【52】シアトル(3) 航空博物館への道 »